成功ノウハウ

ECサイトの種類は?自社の商品に合わせたECサイト構築方法をご紹介

ECサイトの種類は?自社の商品に合わせたECサイト構築方法をご紹介

ECサイトの運営を予定している人の中には、どのような構築方法が自社の
ビジネスに適しているのかを知りたい人もいるでしょう。

ECサイトの構築では、機能面だけでなく運営や集客がしやすいかどうかも
ポイントです。

そこで、ECサイトの種類やそれぞれの特徴について紹介します。

また、ECサイトに必要な機能やあると便利な機能についても紹介します。

1.そもそもECサイトとは

そもそもECサイトとは

EC(Electronic Commerce)」とは、「電子商取引」の略です。

コンテンツ配信やオークション、オンライントレードなどのようにインター
ネットを介して取引ができるWebサイトはすべて、広い意味で「ECサイト」
に含まれます。

とはいえ、ECサイトを構築するといえば、オンラインでの買い物ができる
ショッピングサイトを指すのが一般的です。

ショッピングサイトには、実店舗とは異なる特徴があります。

営業時間や休業日を設ける必要がないため、24時間365日いつでも営業できる
のはショップ運営者だけでなくユーザーにとっても嬉しい点でしょう。

また、出店する地域や立地に縛られません。
サービス内容次第では、世界中の誰もが顧客になってくれる可能性があります。

2.ECサイトの種類と構築形態

ECサイトの種類と構築形態

誰でもオンラインで買い物ができるECサイトをオープンしたいと思ったとき、
その構築方法にはいくつもの種類があります。

自社に最適な構築方法を選択するには、それぞれの特徴について事前に知っておきましょう。

ここからは、ECサイトの種類とそれぞれのメリットやデメリットについて紹介します。

2-1.自社構築・フルスクラッチ型

自社のECサイトである以上、完全に自社のみで構築したいと考えることもある
かもしれません。

この場合、各種サーバーを自前で用意して、Webアプリケーションなどの
システム全体をゼロから開発する必要があります。

このような方法は、「スクラッチからの開発」、または「フルスクラッチ型
とも呼ばれます。

自社構築のECサイトのメリットは、どのような要件にでも柔軟に対応できる
ことが挙げられます。

独自性の高いデザインや機能で、他社との差別化をはかることも可能です。

ただし、初期投資が非常に高くなるデメリットもあります。

大手企業による大規模ショッピングサイトを除けば、
自社構築が選ばれるケースはほとんどありません。

2-2.モール型

「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」のように、1つのサイトに複数の店舗が
集まった形式のECサイトは「モール型」と呼ばれます。

各店舗の運営者は、モールサイトごとに備わっている独自の機能を利用して
ECサイトを構築します。

自社構築と比べると自前で作る意味合いが薄いため、「構築する」というより
「出店する」ほうがイメージに近いかもしれません。

モール型のECサイトには、高いカスタマイズ性は期待できません。

後述する「クラウド型」と比べても、デザインの変更などには不自由を感じる
面が多いでしょう。

また、独自ドメインによる公開ができない点もデメリットになりかねません。

一方、既存のシステムを利用するため出店が比較的簡単で、初期費用も抑えら
れるメリットがあります。

運営元が有名であるほど、そのネームバリューによる集客力が見込める点
モール型を選ぶ際のポイントになるでしょう。

2-3.パッケージ型

ソフトウェアベンダーがある程度開発済みのフレームワークを活用して構築する
ECサイトを、「パッケージ型」といいます。

デザイン面などに独自性が求められる場合でも、多くの場合はシステムの主要
部分まで独自のものにしなければならないわけではありません。

そのため、あらかじめ用意されたフレームワークの活用は、カスタマイズ性と
コストのバランスをとるための合理的な方法だといえます。

パッケージ型のECサイトはデザインなどでオリジナリティを出しやすいため、
ブランディングを重視したい場合に高い効果を発揮します。

モール型とは異なり、独自ドメインでの運営が可能な点もメリットです。

ただし、フレームワーク(パッケージ製品)の購入とカスタマイズ、各種サーバ
ーやネットワーク設備といったインフラ面の整備にコストがかかるため、初期
投資が高めになるデメリットがあります。

2-4.ASP・クラウド型

現在では、さまざまなECサイト構築サービスはインターネットを介して利用できます。

このようなサービスを提供する事業者は、「ASP(Application Service
 Provider)」と呼ばれます。

また、ASPのサービスを利用して構築されたECサイトが「クラウド型」です。

クラウド型には、ECサイト運営者がパッケージ製品を購入したりインフラに
投資したりする必要がないため、初期投資を大幅に抑えられるメリットがあります。

月額無料ではじめられるサービスも多く、簡単な契約だけでECサイトのオープ
ンが可能です。

ただし、ほぼ完成したECサイトを借りて利用するような形になるため、

カスタマイズ性の低さがデメリットになる場合があります。

事前に用意されたテンプレートや設定によって、見た目をある程度変更できます。

2-5.オープンソース型

無償で商用利用も可能なソフトウェアを入手して、ECサイトを構築する方法も
あります。

手法としてはパッケージ型に似ていますが、このようなECサイトは特に「オー
プンソース型」と呼ばれます。

ソフトウェアのソースコード(プログラム)が開示されているため自由な改変が
可能で、パッケージ型以上にカスタマイズ性が高いのが特徴です。

オープンソース型ではソフトウェアの購入やライセンス取得といった費用が
かからないため、ECサイトを安価に構築できることがメリットになります。

ただし、社内にソフトウェア技術者がいなければ構築が難しい面があり、
セキュリティについても自前で確保しなければならない点はデメリットです。

また、いざというときにサービス提供元からサポートを受けられないため、
システムにトラブルが発生した場合には社内で対処しなければなりません。

3.ECサイトに必要な機能と便利な機能

ECサイトに必要な機能と便利な機能

ECサイトの構築方法を検討する際には、ECサイトが備えているべき機能につい
て知っている必要があるでしょう。

ここからは、構築方法に関わらず必要な機能と、備えていれば分析や集客に便利
な機能
に分けて紹介していきます。

3-1.ECサイト運営に必須の機能

まずは、ECサイトには必須ともいえる、基本の機能からみていきましょう。

どのような構築方法を選ぶとしても、これらがなければ始まりません。

3-1-1.買い物かご・ショッピングカート

「買い物かご」や「ショッピングカート」と呼ばれるカート機能は、ECサイト
で買い物をしてもらうための基本的な仕組みのひとつです。

これがなければ、欲しい商品を選んでレジまで運べません。

また、すべての買い物客が使うものなので、できる限り使いやすく、入力の手間
ページ遷移が少ないものが理想的です。

カート機能が使いづらいと、せっかく商品を選んだのに決済まで進んでもらえな
いケースが多くなってしまいます。

このようなユーザーの行動は「かご落ち」と呼ばれており、ECサイトで収益を
増やすためには、いかに「かご落ち」を減らすかが重要な課題となります。

ECサイトのカート機能を選ぶときは、使い勝手までチェックするようにしましょう。

真剣に収益アップに取り組むのであれば、有料のカートシステムも選択肢に入れ
て検討するのがおすすめです。

3-1-2.決済サービス・決済機能

ECサイトで取り扱える決済手段は、銀行振り込みから最新のキャッシュレス決
済まで種類が豊富です。

その中から、どれを採用するか決める必要があります。

ユーザーの視点で考えれば、決済手段の選択肢は多いほうが喜ばれるかもしれません。

しかし、ECサイト運営者にとっては、決済手段があまり多すぎると管理の手間
が増えてしまいます。

そこで、「クレジットカード決済」、「代金引換」、「コンビニ後払い」の3つ
を必須と考えるのがおすすめです。

これらは「三大決済」とも呼ばれ、ECサイトの利用者に選ばれることが多い決済手段です。

また、どの決済サービスを利用するかによって、代金回収までの期間は変わって
きます。

サイト運営の活性化のためには、できる限り回収の早いサービスを選ぶとよいでしょう。

3-1-3.会員登録・会員管理

多くのECサイトには、商品購入時に会員登録をすることで次回の買い物時の入
力を省略する機能があります。

そのため、顧客のメールアドレスや配送先住所といった個人情報を預かり、管理
するための機能も備わっているのが一般的です。

これがなければECサイトとして成り立たないようなものではありませんが、
リピーターになってもらうためには必須の機能といえるでしょう。

リピーターを育てるという観点で考えれば、今後の買い物で利用できるポイント
を付与したり、お得な情報をメールで配信したりといった「顧客管理システム
としての機能もあると効果的です。

3-1-4.受注管理・在庫管理

顧客満足度をアップさせるには、受注から出荷までの一連の作業をスムーズに行
いましょう。

受注や入金、キャンセルなどの確認漏れがあったり、出荷が遅れてしまったりす
るとトラブルのもとにもなりかねません。

ECサイトのシステムには受注管理や在庫管理の機能が備わっているのが一般的
ですが、できる限り作業効率を高める仕組みが備わったものを選ぶようにしましょう。

多くのECサイトでは、商品の在庫数をあらかじめ登録できるようになっています。

注文を受けると自動的に在庫が割り当てられ、顧客には確認のメールが送信されます。

同時に、店舗スタッフには出荷の指示が出されるので、梱包や発送の作業をスピ
ーディーに行い納品までの期間短縮が可能です。

3-2.ECサイト運営を効率化する機能

ここからは、ECサイトでの販促や集客、分析などを効率的に行うために、
あると便利な機能について紹介します。

3-2-1.販促・集客支援機能

ECサイトの販促集客には、インターネットならではの手法が有効です。

SNSと連携して情報発信する機能や、サイト内にブログを設置してコンテンツを
掲載する機能があると活用しやすいでしょう。

コンテンツによる集客を狙う際には、SEOも重要です。

どのようなキーワードを入れれば検索されやすいかなどを意識しながら、
ユーザーにとって価値のある情報の発信を心がけましょう。

例えば、店舗スタッフだからこそ可能な詳しい商品説明や、便利な使い方の提案
などが考えられます。

また、掲載商品をモールに連動出品したり、複数のモールに一括出品したりでき
るサービスも存在します。

自社ECサイトがモール型ではない場合でも大手モールが持つ集客力の活用が可能です。

3-2-2.分析機能

アクセス解析データは、ECサイトを運営するうえで非常に役立ちます。

そのため、バックエンドにユーザーアクセスの分析機能を備えたECシステムを
選ぶのがおすすめです。

例えば、チェックされる頻度の多い商品や売れやすい商品がわかるだけでも、
今後のECサイト運営に役立つでしょう。

また、ユーザーがどのようなデバイスからどのようなキーワードで検索してこの
ECサイトにたどり着き、どの商品をチェックして最終的に何を買ったのか、と
いった具体的な行動パターンを収集できます。

このような分析データは、今後のECサイトの改善にも役立つでしょう。

3-2-3.スマホ支援・デザイン拡張機能

近年、モバイル端末の普及が進み、ECサイトでの買い物にもスマートフォンを
使う人が圧倒的に増えています。

そのため、パソコンからの利用しか想定していないものではなく、より画面の小
さなスマートフォンからでも使いやすいデザインにできるECシステムを選択す
る重要性が大きくなってきました。

また、従来のメールマガジンに加えて、アプリのプッシュ通知によるコミュニケ
ーションがビジネスに活用されるシーンも多くなってきています。

ECサイトの構築手段を選ぶ際には、スマートフォンユーザーを意識した支援機
能があるかどうかも一度チェックしておくとよいかもしれません。

4.ECサイトの構築はプロに相談がオススメ

ECサイトの構築方法にはさまざまな種類があり、独自の機能を追加しようとす
ればその分だけ初期費用やランニングコストが高くなります。

また、ECサイトは構築さえできれば終わりではなく、日頃の運営や販促、集客
にもコストがかかります。

モール型での出店や必要最低限の機能からスタートしてユーザーアクセスの分析
機能などを活用しながら、少しずつ改善・拡張していくのがおすすめです。

また、ECサイトの構築や集客にはプロのノウハウも役立ちます。

サポート体制のあるモールやパッケージベンダーに相談して、自社に最適な構築
方法を検討するのがよいでしょう。

自社の形態に合わせて最適な運営を

自社の形態に合わせて最適な運営を

ECサイトは、構築方法によって初期投資や運用コスト、カスタマイズ性などに
大きな違いが出てきます。

自社のニーズを満たす最適なECサイトにするには、どのような機能を備えるべ
きかを事前によく検討しなければいけません。

扱う商品の種類や店舗の規模、ブランドイメージなどを考慮しながら、自社に最
適なECサイトの構築を目指しましょう。

ECサイトの設計を知れる!無料セミナーをご紹介

通販サイトの設計を知れる!無料セミナー紹介

本記事ではECサイトを構築するための情報をご紹介させていただきました。

実際にECで売り上げを伸ばし続けている方は長期~短期的な新規獲得の施策か
ら逆算したECサイトの設計を考慮し、施策化を施すことで売り上げを伸ばすこ
とに成功しています。

W2ソリューションが毎月開催する無料セミナーでは、
カートシステムをご利用のお客様が平均で354%の売り上げを伸ばす理由につい
てご紹介しています。

セミナーでは、上記でご紹介した「ECサイト構築」に役立つノウハウは
もちろん、新規獲得からCRM施策の情報まで幅広くご紹介します。

ぜひご参加ください。

 

RELATED POST