成功ノウハウ

越境ECで商品を販売するメリット・デメリットを徹底解説

越境ECで商品を販売するメリット・デメリットを徹底解説
越境ECとは、国境を越えて取引ができるECサイトのことです。 日本から海外に向けて商品を販売できるため、更なる売上向上が期待できます。 しかし、越境ECはメリットが多い一方で、いくつかのデメリットも存在します。 それぞれの特徴をしっかり理解して、賢く商品を販売できる準備を整えましょう。

低コストで始められるグローバルなビジネス・越境ECのメリット3つ

越境ECのメリットを知り、よりグローバルなビジネスにチャレンジしましょう。

1. 海外ユーザーを取り込める

越境ECは日本国内だけでなく、海外に向けても商品を販売できます。 近年は、スマートフォンの普及により、海外のサイトへより気軽にアクセスできるようになりました。 このことから、越境ECを活用することで、海外のユーザーを取りこぼすことがなく、売上アップにつながります。 日本製の商品を好む海外の方や海外にお住いの日本人の方向けのビジネスにも非常に有利です。

2. 店舗運営コストをかけずにビジネス展開が可能

海外で商品を販売するとなると、越境EC以外には実店舗を持つ必要があります。 しかし、これには土地の購入や賃貸、内装や建築、さらには仕入れや人件費など、莫大な費用がかかります。 よほど大手の企業でない限り、海外に実店舗を持つのは現実的とは言えません。 このような場合でも越境ECを利用すれば、国内にいながら海外ユーザーに商品を訴求したり販売したりと、アプローチする客層を広げることができます。

3. 販売できる商品が多くなる

海外と貿易する際には取引ができない商品でも、越境ECを利用して郵送すれば取引ができるという品物がいくつか存在します。 ただし、取引可能な品物は国によって異なります。 今後法律が改訂される可能性もあるので都度チェックしておく必要がありますが、海外ユーザーにとっては欲しいものをすぐに購入できる越境ECは魅力的と言えるでしょう。

【読者限定】ECノウハウ資料プレゼント中‼

この記事を読んでいる方限定に、

EC関連の売れるノウハウ資料プレゼント中‼

詳細はこちら

始めるにはある程度の知識が必要!越境ECのデメリット3つ

越境ECにはさまざまな魅力がありますが、同時にデメリットもあります。 どのような点に注意する必要があるのか、事前に確認しておきましょう。

1. 言語を翻訳する必要がある

越境ECにおいて大きな壁となるのが言語です。 その国に適した言葉にすべて翻訳する必要があります。 トップページや商品ページだけでなく、サポートページに至るまですべての翻訳が必要です。 自動翻訳などでは対応しきれない部分もありますし、違和感のある翻訳は信頼度を著しく落としてしまいます。 正確な翻訳を行うには翻訳代行業者などに外注する必要があり、多少のコストがかかることは覚悟しなければなりません。 

2. 決済方法が複雑になる可能性がある

先進国をターゲットにする場合、クレジット決済があれば問題ありません。 しかし、クレジットカードが一般的になっていない国も存在します。 このことから、クレジット決済以外の決済方法も用意しておく必要があります。 現金だけでなく、その国でよく利用されている電子マネーについても確認しておくのもおすすめです。

3. 物流・配送・関税などの知識が必要

物流や配送、関税についても知識が必要です。 日本と同じようにはいかない点が多く、また配送をよりスムーズにする方法、送料を抑える方法、関税に引っかからない個数などを確認しましょう。 国によっては法律で輸入が規制されている品物もあります。 これらの知識が曖昧なまま取引をすると、大きなトラブルに繋がります。 必ず必要事項は確認し、法律の改訂にも臨機応変に対応しなければなりません。

越境ECで成功するために大切な2つのポイント

越境ECを成功させるためにはいくつかのポイントを抑える必要があります。 知識を蓄え、市場調査を行い、よりその国に適した越境ECを作れるようにしましょう。

1. 規制やコストの知識を蓄える

商品の郵送の規制や配送方法などの知識は必ず必要です。 なぜなら越境ECは、日本国内に商品を配送するよりもコストがかかるケースがほとんどだからです。 どのくらいのコストがかかり、どのくらいの料金設定でそのコストを回収できるかという計算を考えておく必要があります。

2. ターゲットをしっかり定める

日本では需要がない商品、日本以外に需要がない商品、一部国に人気のある商品など、何をどの国に売るのか、どのようなものがその国にとってニーズが高いのかという市場調査をしっかり行いましょう。 せっかく越境ECを作ってもターゲットが的外れだと無駄になってしまいます。 国によってサイトのデザインを変える、国によるECサイトへの考え方に合わせたサイト作り、決済方法を取り入れるなどの工夫も必要です。

越境ECで賢く商品販売を行おう

越境ECについて、メリット、デメリット、さらに成功させるコツをご紹介いたしました。 ネットやスマートフォンの普及により、どの国にいても気軽に海外の商品を購入できるシステムが注目されつつあります。 より売上を伸ばすためにも越境ECについて検討してみてはいかがでしょうか。

RELATED POST