03-5148-9633
事業の成功と売上の最大化を実現!

ECリプレイスするなら今がチャンス!

D2C・リピート通販向けECプラットフォーム「W2 Repeat」シリーズへのリプレイスを対象とした、ECサイトのリニューアル後の売上アップを保証する特別キャンペーンを実施中!

詳しくはこちら
ECお役立ち情報
ECノウハウ

ECサイトリニューアルの手順や注意点、売上が上がる成功のコツを完全解説!

EC構築

・今のECサイトでは運用やシステムなどに不満がある

・ECサイトをリニューアルして売上を伸ばしたい

このように既存のカートシステムに課題を抱える事業者は多いのではないでしょうか。

とはいえ、安易にリニューアルを進めてしまうと、せっかくコストをかけたのに売上に結びつかないという最悪の事態になりかねません

そこで本記事では、

・リニューアルを検討するタイミング
・リニューアルの手順や流れ
・実際に売上を伸ばした成功事例

などを紹介します。


W2は、「ECサイト/ネットショップ/通販」を始めるために必要な機能が搭載されているシステムを提供しています。 数百ショップの導入実績に基づき、ECサイト新規構築・リニューアルの際に事業者が必ず確認しているポイントや黒字転換期を算出できるシミュレーション、集客/CRM /デザインなどのノウハウ資料を作成しました。無料でダウンロードできるので、ぜひ、ご活用ください!

\成功しているEC事業者が確認している資料/30秒で業界No.1資料を無料ダウンロード

※本資料は上記バナーからのみダウンロードできます。

目次
  1. 01|ECサイトのリニューアルを検討するタイミング
    1. 売上が落ちている、または売上が伸び悩んでいる
    2. システムの老朽化により、セキュリティ対策が十分でない
    3. ベンダー(サービス提供元)のサポート体制に不満がある
    4. ECサイトのデザインが長年同じものになっている
    5. 事業拡大に向けて動いている
  2. 02|ECサイトのリニューアルにかかる費用感
  3. 03|ECサイトのリニューアルの手順・流れ
    1. ①コンセプト定義
    2. ②ECカートシステム・ベンダーの選定
    3. ③要件定義
    4. ④サイトデザイン制作
    5. ⑤ECサイトオープン前の準備
    6. ⑥オープン
  4. 04|ECサイトのリニューアルで失敗を防ぐポイント
    1. リニューアルの目的や課題を明確にする
    2. 社内で要件の合意を得ておく
    3. リニューアルの事前周知を徹底する
    4. サイトオープン後もPDCAサイクルを回す
  5. 05|ECサイトのリニューアルで課題を解決した成功事例
    1. 【飲料業界】梅乃宿酒造株式会社
    2. 【化粧品業界】株式会社ストークメディエーション
    3. 【食品業界】株式会社バイオテックジャパン
    4. 【アパレル業界】メガネの田中チェーン株式会社
    5. 【健康食品業界】株式会社メディアワークス・ブルーム
  6. 06|まとめ:ECサイトをリニューアルして売上拡大を目指そう

ECサイトのリニューアルを検討するタイミング

ECサイトのリニューアルを検討するおすすめのタイミングは、売上拡大・業務効率化を図る上で何らかの課題や支障が生じたときです。

具体的には以下のタイミングが挙げられます。

  • 売上が落ちている、または売上が伸び悩んでいる
  • システムの老朽化により、セキュリティ対策が十分でない
  • ベンダー(サービス提供元)のサポート体制に不満がある
  • ECサイトのデザインが長年同じものになっている
  • スマホやタブレットなどのレスポンシブ対応ができていない
  • 事業拡大に向けて動いている

このような課題を放置してしまうと、
・日々の業務に余計な人的コストがかかる
・売上拡大の施策を十分に打てない
などのトラブルを引き起こし、機会損失につながってしまいます。

そうなる前に、早め早めにリニューアルについて検討することをおすすめします。

この章では、それぞれのタイミングについて詳しく説明していきます。

売上が落ちている、または売上が伸び悩んでいる

ECサイトやEC事業の売上が落ちている際や、売上が伸び悩んでいる際にECサイトのリニューアルが必要です。

ECサイトのUI/UXが悪く離脱に繋がってしまっている場合や、決済方法が少ないなど様々な原因が挙げられますので、ECサイトのリニューアルを考えてみましょう。

以下のお役立ち資料では、UI/UXデザインについて詳しく解説しています。
ぜひ合わせてご覧ください。

また、ECサイトがスマホやタブレットに対応していない場合も売上損失の原因になります。
特にスマホは普及率が高く、スマホで購入するユーザーも多いです。

経済産業省によると、スマホ経由のECサイト売上市場規模は7兆8千億円にも上ります。
スマホの普及に伴って今後もさらにスマホ経由の購入率があがってくると予想されます。

そうした中で、スマホなどのレスポンシブ対応ができていないと購入意欲を阻害したり、かご落ちを招いたりする可能性が高いです。

システムの老朽化により、セキュリティ対策が十分でない

導入した際には最新だったシステムも時間が経つと老朽化してしまい、セキュリティが弱くなってしまいます。

一般的には、ECサイトの耐用年数は5年と言われており、5年近くシステムを使っている場合もリニューアルを検討するタイミングです。

特にオープンソース型やフルスクラッチ型のシステムは老朽化が早いため注意が必要です。
以下の記事ではオープンソースやフルスクラッチ型のシステムについて詳しく解説しているため、ぜひ合わせてご覧ください。
ECサイトをオープンソースで構築するのは難しい理由と解決策
ECサイトをフルスクラッチで構築するメリット・デメリットまとめ

ベンダー(サービス提供元)のサポート体制に不満がある

サポート体制が悪く、ECサイトをより良いものにしたいのに対応できていない場合もECサイトリニューアルのタイミングになります。

必要な機能が備わっていても、使い方がわからず活用できていないとECサイトの売上には上手く繋がりません。
サポートは、システムの使用方法に困っている事業者のためにあり、素早い対応や丁寧な対応をされずサポートに不満を抱えている場合は、サポート体制が充実したシステムに変える必要があります。

問い合わせの返信が早かったり、機能の提案をしてもらえるなどのサポートが厚いベンダーを探していくことで、ECサイトの売上も上がる可能性が高くなります。

ECサイトのデザインが長年同じものになっている

ECサイトのデザインにはトレンドが存在するため、ECサイトも更新し続ける必要があります。

BtoCのECサイトのトレンドは2~3年、BtoBは6年と考えられています。ECサイトのデザインは会社の世界観やブランドを現わしているため、あまりにもデザインが古くなっていると会社に対しての印象が悪くなり、離脱率が上昇してしまう可能性が高くなります。

ECサイトが長年同じデザインになっている場合、ECリニューアルを行うタイミングになります。

以下のお役立ち資料ではUI/UXデザインについて詳しく解説しています。
ぜひ合わせてご覧ください。

事業拡大に向けて動いている

ECサイトの売上が伸び、EC事業を拡大を目指すようになった際にもECサイトリニューアルのタイミングになります。

事業を拡大するためには、さらなる顧客情報の管理や集客、外部サービスとの連携が必要になってきます。
事業拡大を行う際に、どんな機能が必要で何をするべきなのかを洗い出した時に、今のECカートシステムでは行えないと判断したときがタイミングです。

例えば、今のシステムはアクセス数の増加に耐えられるのか、大規模な商品ラインナップを持った際にフィルター機能が使えるか、クレジットカードのみの対応になり離脱に繋がっているかなど、精査してECサイトのリニューアルの必要があるか確かめることが重要です。

以下では、簡単にEC事業計画シミュレーションができる資料をご紹介しています。
ぜひ合わせてご覧ください。

ECサイトのリニューアルにかかる費用感

リニューアルにかかる費用は、どのようにサイトを構築するかによって変わります。

そこで、それぞれの構築方法の特徴や費用感を表にまとめました。

ASP オープンソース パッケージ フルスクラッチ
構築方法 構築に必要なシステムをレンタル 無償ソースコードをカスタマイズ パッケージをもとに独自開発 ゼロから独自に自社開発
初期費用
月額費用 低〜中
構築スピード
カスタマイズ性

また、リニューアルの場合は新規での立ち上げとは異なり、「データ移行費」も考慮しなければいけません。

データ移行費とは、既存のECサイトで保持しているデータ(顧客情報など)の移行にかかる費用をいいます。

どのくらいの顧客情報があり、どこまで移行するかなどによって費用は増減します。

例えば顧客のカード情報も移行する場合、個人情報保護の観点から決済会社との協力も必要になるため、別途で費用がかかることもあります。

その場合はトータルで数百万円かかることもありますので、データ移行費としてどのくらいかかるかは見落とさないように注意しましょう。

以下の記事ではECサイト構築にかかるそれぞれの費用を詳しく解説しています。
ぜひ合わせてご覧ください。
【相場比較表あり】ECサイト構築の費用は?立ち上げ方法によるコストの違いを解説

ECサイトのリニューアルの手順・流れ

それでは、実際にECサイトをリニューアルするときの手順や流れを紹介します。
基本的には、以下の5つのステップに沿って進めていくことが多いです。

①コンセプト定義
②ECカートシステム・ベンダーの選定
③要件定義
④ECサイトオープン前の準備
⑤オープン

この章では上記の5つについて詳しく説明していきます。

①コンセプト定義

現状の課題を明確化し、リニューアルする目的や方向性を決定します。
その際に、リニューアル前後で成果が出ているかを計測できるように、目標もしっかり立てておきましょう。

リニューアルの軸はひとつに絞る必要がありませんが、「EC事業を拡大させるため」や「業務効率化を行う」などのアバウトな目的設定ではなく、何段階も掘り下げて具体的な目的を設定しましょう。

例えば、実店舗とECサイトの顧客情報を一元管理し、各顧客に合わせたアプローチができるようになりたいなどです。

目的を掘り下げ、真の目的を設定できなければ要件定義の時に困ってしまう可能性もでてきます。

以下のお役立ち資料ではECサイトのコンセプト設計について詳しく解説しています。
ぜひ合わせてご覧ください。

ECサイトのコンセプト設計が重要な理由3つ!具体的な設計方法や成功事例までご紹介

②ECカートシステム・ベンダーの選定

さまざまなベンダーやECカートシステムの中から、要件定義で定めた内容を叶えられる候補を複数ピックアップします。
その後、相見積もりや比較をしたうえでどれを選ぶか決定します。

ECカートシステムには以下の種類があります。
・ASP型
・オープンソース型
・パッケージ型
・フルスクラッチ型

それぞれ特徴があり、ECサイトリニューアルを行う目的によって選ぶシステムが違ってきます。
以下の記事ではECカートシステムの選び方や種類を詳しく解説しています。
ぜひ合わせてご覧ください。
ECカートシステムの選び方や種類、機能を完全ガイド!おすすめ8社も徹底比較!

なお、現在ECサイト構築/リニューアルを検討している方向けに、主要ECカートシステム9社の料金・機能比較表を作成しました。

資料は無料でダウンロードできるので、ECサイトの立ち上げを検討している方はぜひあわせてご一読ください。

\費用面・機能面・サポート面/
10秒で資料を無料ダウンロード

③要件定義

ベンダーやECカートシステムが決まったら、要件定義を行います。

要件定義は、「ECサイトを構築したい事業者」「ECサイトを構築するベンダー」との間で、「どのようなECサイトを作るか」を明確にすることです。

要件には、各ページの構成やレイアウト、TOPページ/下層ページ、サイトマップなどのデザインを決める「サイト要件」と、決済手段や必要な機能、サイトの速度などのバックエンドを決める「システム要件」があり、それぞれ自社で考える必要があります。

各要件を決めていったら、ベンダー側に提示してスケジュールなどを立てていきます。
やりたい施策を伝えるだけでなく、背景や目的、優先順位も考えて提示できるとベンダーと上手く進めることができます。

以下の記事では要件定義について詳しく解説しています。
ぜひ合わせてご覧ください。

ECサイト構築の要件定義の進め方!コンセプトや機能選定で失敗しないポイント

④サイトデザイン制作

要件やコンセプトに沿って、カートシステムの開発やデザインを進めていきます。自社のコンセプトやブランドイメージを表現したうえで、ユーザーにとっても利便性の高いサイトを目指しましょう。

ベンダーやデザイン会社から提示されるワイヤーフレームで、サイトデザインのイメージを固めていきます。
途中経過を確認しながら、しっかりとどういった世界観にしたいのかを伝えて、デザインのすり合わせを行っていきましょう。

デザインを制作するうえで、UI/UXは非常に大事なポイントになります。
UI/UXが悪く、購入画面がわかりづらい、欲しい商品にたどり着かないなどの問題が発生すると離脱やかご落ちに繋がります。

下記の資料では、UI/UXの基本的な知識やECサイトにおいて重要な理由の他、具体的な改善方法や成功企業のポイントを自社での活用イメージが付きやすいように実際のサイト画像を紹介しながら解説しています!

無料ダウンロードできますので、是非ご活用ください。

⑤ECサイトオープン前の準備

ECサイトのオープン前に、データ移行やテスト運用、オープン前チェック作業があります。

具体的には、ユーザーと同じ導線をたどって注文を行って管理画面に正常な受注データとして反映しているかや各システムの連携に問題がないかどうか、PCとスマホでデザイン崩れがないかなどを確認します。

⑥オープン

オープン前準備が完了したら、ECサイトを実際にオープンします。

既存のお客様が戸惑わないように、サイト内のお知らせやSNSでリニューアルを告知したり、リダイレクトを適切に設定するなどして対処しましょう。

ECサイトをオープンしたら終了ではなく、保守や運用体制を管理しましょう。
しばらくサイト状況を細かく観察し、異変に気付いたら対処するようにして常にサイト管理することが重要です。

ーーー

以上が、ECサイトをリニューアルするときの主な流れです。

より詳しい手順については、「【失敗しない】ECサイト構築の手順や立ち上げの方法まとめ」で紹介しています。

こちらもぜひ参考にしてください。

ECサイトのリニューアルで失敗を防ぐポイント

ECサイトのリニューアルにおいて、失敗を防ぐポイントを厳選して4つ紹介します。

  • リニューアルの目的や課題を明確にする
  • 社内で要件の合意を得ておく
  • リニューアルの事前周知を徹底する
  • サイトオープン後もPDCAサイクルを回す

一つずつ見ていきましょう。

また、以下のお役立ち資料ではさらに詳しくECリニューアルの手順について詳しく解説しています。
こちらも合わせてご覧ください。

リニューアルの目的や課題を明確にする

リニューアルをする目的や課題が明確でないと、その後の方針や判断基準が全てブレてしまいます。

結果、「リニューアルしたものの成果がなかなか出ない」という最悪の事態になりかねません。

そのため、リニューアルをすることでどのような成果を得たいかを、スタート時点で必ず決めておきましょう。

また、数値目標として具体的に落とし込みができていれば、ゴールに至るまでの道のりがよりクリアになるうえに、ベンダーとの認識のズレも防ぎやすくなります。

社内で要件の合意を得ておく

リニューアルの詳細が決まったら、現場スタッフを含め社内のメンバーの合意を得ておきましょう。

後になって認識のズレや要件の追加が起きてしまうと、確認作業でタイムロスが発生し、結果的にECサイトのオープン日が数ヶ月単位で遅れてしまうこともあります。

このようなトラブルを防ぐために、関わりのあるメンバーにはあらかじめ了承を得ておくことが大切です。

リニューアルの事前周知を徹底する

リニューアルの事前周知が甘いと、今の売上よりもマイナスになってしまうおそれがあります。

なぜなら、リニューアル後は新サイトに再度ログインしてもらう必要があり、そのちょっとした手間が既存会員の離脱につながりかねないからです。

また、新しいサイトのデザインを見て戸惑う会員も出てきてしまいます。

新サイトへの移行がスムーズに進むように、リニューアル前の告知を徹底したり、「会員ログインキャンペーン」を打ち出したりして、会員の離脱を防ぎましょう。

ECサイト構築の手順を徹底的に網羅した77項目のチェックリストと、成功への道筋を示す100個のチェックポイントを提供するノウハウ資料です。

無料ダウンロードできますので、是非ご活用ください。

\競合と差をつける/
10秒で資料を無料ダウウンロード

サイトオープン後もPDCAサイクルを回す

サイトをオープンして終わりではありません。

新しくなったECサイトにどのように誘導するのかや、ECサイトに訪れた際に離脱しないようにするにはどうすればいいのかなど、日々改善・施策の実施をしていく必要があります。

また、ECサイトへの流入に力を入れるだけではなく、商品の説明などのコンテンツを継続して更新・追加していくことでかご落ちを防ぎ、購入率を高めることができます。

ECサイトのリニューアルで課題を解決した成功事例

それでは実際に、ECサイトをリニューアルして課題を解決した成功事例を見てみましょう。
今回は各業界に分けて成功事例をご紹介しています。

  • 【飲料業界】梅乃宿酒造株式会社
  • 【化粧品業界】株式会社ストークメディエーション
  • 【食品業界】株式会社バイオテックジャパン
  • 【アパレル業界】メガネの田中チェーン株式会社
  • 【健康食品業界】株式会社メディアワークス・ブルーム

それぞれ詳しく見ていきましょう。

【飲料業界】梅乃宿酒造株式会社

梅乃宿酒造株式会社はお酒の開発から製造、販売を行っている会社になります。
以前までは、BtoBを中心に事業を展開していましたが、会社の成長と共にBtoC事業にも注力していく方針となり、ECサイトリニューアルを行いました。

ECサイトリニューアル後、ターゲットリスト機能(高精度なセグメント機能)を活用したCRM施策を行い、半年で売上が10倍になりました。

【化粧品業界】株式会社ストークメディエーション

株式会社ストークメディエーションは、自宅で髪を染めて頂く際に使用するヘアカラーセットを、個人のお客様に向けてD2Cという形で販売をしています。

幅広く、多くの選択肢が設定できる自由度と柔軟性の高いカウンセリング機能を実装したい
という希望もあり、ECリニューアルを行いました。

ECサイトリニューアル後、自由度や柔軟性の高いカウンセリングによってお客様の利便性が向上し、新規顧客数が約1.5倍に増加しました。

他にも、「再スコアリング」によってカラーのチューニングが可能になり、より理想のカラー剤に近づけるようになり、購入率にも大きく影響しました。

【食品業界】株式会社バイオテックジャパン

株式会社バイオテックジャパンは、弊社はもともと、優良保有菌株約3,000株を活用した発酵技術の開発や研究をしているBtoBの植物性乳酸菌専門のメーカーです。

リニューアル前のカートでは、定期通販に特化した機能不足や出荷までの業務工数の多さなどの課題を抱えており、リニューアルに至りました。

リニューアル後は、売り上げが約1.4倍にもなりました。他にも、出荷業務の自動化で業務工数86%削減に成功したり、定期引き上げ施策でF2転換率が163%UPにもなりました。

【アパレル業界】メガネの田中チェーン株式会社

メガネの田中チェーン株式会社は、メガネ・サングラス・コンタクトレンズの販売をしています。

ECサイトリニューアル前は、システムのキャパシティ不足による管理画面の性能とデータ更新速度の低下や店舗とECサイトの各顧客データを別システムで管理、チャネルを横断した施策ができなかったなどの課題を抱えていました。

リニューアル後は、ECと店舗の顧客データ統合によるユーザー利便性向上したり、ページ・オペレーション速度向上により、スムーズな顧客体験を実現しました。

【健康食品業界】株式会社メディアワークス・ブルーム

株式会社メディアワークス・ブルームは、化粧品や健康食品をはじめとしたオリジナル商品の企画・開発・販売を行っています。

ECサイト立ち上げ時期は通販事業に本格的に注力しておらず、コンサルタントやEC運営代行会社にEC事業を任せていましたがうまくいっていなかったのですが、2018年あたりから通販事業に本腰を入れて自社で運営する方針に変更され、ECサイトリニューアルを決めました。

ECサイトリニューアル後、売上170%増加したり、自動で受発注業務が実行できるようになり業務工数50%減少するなどの大きな変化が見られました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上でECカートリニューアルの成功事例をご紹介しました。
今回ご紹介した成功事例はW2株式会社のECカートシステムを使用しており、どの会社も大きな成功を収めています。

以下の資料ではさらに詳しい導入事例について解説しています。
ぜひ合わせてご覧ください。

まとめ:ECサイトをリニューアルして売上拡大を目指そう

改めて、本記事のポイントをまとめます。

  • リニューアルのタイミングは、売上拡大や業務効率化を十分に実現できないとき
  • それぞれおECカートシステムに特徴があるため、費用感も合わせて検討する
  • リニューアルの手順は立ち上げと大きく変わらないが、データ移行の進め方に注意
  • リニューアルで失敗しないためには「目的と課題の明確化」が非常に大切
  • リニューアル後は日々改善することが重要

ECサイトをリニューアルするには、多くのコストや手間がかかります。

そのため、ずるずると検討が先送りになってしまい、なかなか進まないこともあるかもしれません。しかし、そうしている間にも貴重な機会は失われてしまいます。

将来的にリニューアルを実施するのであれば、早めに検討した方が成果が出るのもより早くなります。

ぜひ本記事を参考に、リニューアルを進めてみてください。

また、以下のお役立ち資料ではさらに詳しくECリニューアルの手順について詳しく解説しています。
こちらも合わせてご覧ください。

売れる
ECサイト構築なら

「W2」は各業界に特化したECカートシステムを提供。
各業界の大手企業からスタートアップまで幅広く導入いただいており、
売上アップとコスト削減を同時に実現することで、お客様のEC事業拡大をサポートします。

  • サイト数の数字

    導入実績のある
    サイト数

  • 機能数の数字

    売上を上げるための
    機能数

  • 売上成長率の数字

    導入ショップ平均の
    売上成長率

  • 工数削減の数字

    業務効率化による
    工数削減

USEFUL INFORMATION

その他お役立ち情報

SEMINAR
セミナー
W2ではパートナー企業やクライアント企業をゲストにコマースを加速させるセミナーを開催しています。
2024.04.15 セミナー EC事業者必見! 本当にあった自社ECサイト構築とInstagram集客のしくじり事例一挙公開! 2024.02.02 セミナー 【アーカイブ配信】EC事業の天井を打ち壊せ!年商1,000万から「億越え」の世界に到達するためのTIPS大公開!! 2024.01.22 セミナー 【アーカイブ配信】ここでしか聞けないECサイト構築しくじり事例を20個一挙解説 ~ 20のしくじり事例から導かれるEC成功の秘訣とは?~ 2024.01.16 セミナー ECを始めるなら? オープンソース型EC VS ASP型EC  抑えておくべき5つの検討ポイント 2024.01.15 セミナー 【アーカイブ配信】1年で売り上げ10倍!? 食品ECの新規顧客獲得施策3選! 2023.12.29 セミナー EC専業19年目のW2が2024年のECトレンドTOP3を徹底予測! 今後の最重要キーワードとは!? 2023.12.29 セミナー ECサイトを新規立ち上げたい企業が陥りがちな「3つの落とし穴」とは? 新規立ち上げを成功させるポイントも一緒に解説! 2023.12.22 セミナー 【アーカイブ配信】大手通販事業者の導入実績多数! 定期通販特化型ECプラットフォーム『W2 Repeat』紹介 2023.12.13 セミナー EC事業の天井を打ち壊せ!年商1,000万から「億越え」の世界に到達するためのTIPS大公開!! 2023.12.11 セミナー 30分でわかる! 1年で売り上げ10倍!? 食品ECの新規顧客獲得施策3選!
USEFUL DATA
お役立ち資料
W2ではEC構築、運用で役立つ資料を配布しています。
資料請求
W2のサービス資料をダウンロードできます。
ECサイトの新規構築~リニューアルをご検討の方はぜひご一読ください。
ご相談・お問い合わせ
お客様のEC事業における課題解決をサポートします。
お気軽にご相談ください。