成功ノウハウ

ネットショップ開業資金の相場や内訳について詳しく解説

ネットショップ開業資金の相場や内訳について詳しく解説
ネットショップの開業にかかる費用は業種や扱う品物、どのサービスを利用するかにより様々です。

初期費用を抑えて手頃なネットショップを作成するべきか、長い目で見て効果の高いネットショップを作成するべきかなど、オーナーが重視する点により金額は大きく異なってきます。

今回はネットショップの開業にかかる様々な費用と選定の際に気を付けるポイント、そして開業時に役立つ補助金・助成金を紹介していきます。

ホームページは0円でも作成可能

ネットショップ開業に必要不可欠なホームページは、0円でも作成できます。

ですが、セキュリティ面などで不安が残ってしまうため、コスト面だけを重要視するのではなく、機能もちゃんと検討しましょう。

【読者限定】ECノウハウ資料プレゼント中‼

この記事を読んでいる方限定に、

EC関連の売れるノウハウ資料プレゼント中‼

詳細はこちら

CMSのプラグインを利用する場合:0円

CMSで作成された自社ホームページをすでに保有している場合、CMSによっては無料のECプラグインが配布されているものもあります。

CMSのプラグインを利用したネットショップは導入費用の安さとカスタマイズ性の高さが魅力で、ウェブプログラミングの知識がある人材が揃っている場合には活用できます。

ただし、気を付ける点としてオープンソースのCMSの場合、セキュリティ対策が脆弱になりがちである点とプラグイン自体が日本語に対応しているものが少ない点が挙げられます。

加えて、CMS自体のアップデートでECプラグインとの互換性がなくなることがあるため、常にメンテナンスができる人材が居ることが重要です。

ASP型のECサイトを利用する場合:月額約2,000円~

初期費用をなるべく抑えられるうえに、日本語に対応していて分かりやすいサービスがよいという場合にはASP型のECサイトを利用するのがよいかもしれません。
初期費用も1万円以内で抑えられ、月額費用も安いところでは2,000~5,000円となっています。

しかし、ネットショップ用のデザインとして用意されているものは、決まりきった構成で自由が効かないものなども多い傾向にあり、見た目にこだわりたいという方にはあまり好まれないかもしれません。

また、サーバーが共用型のものが多く、自社がどれだけ気を付けていても同じサーバー内でウィルス感染が起こった場合のリスクや、同じサーバー内でのトラフィック急増に耐えられずサーバーが落ちるといった事態が起こり得るというリスクを抱えています。

モール型への出店をする場合:月額約5万円~+販売手数料

モール型への出店は、CMSのプラグインを利用した場合、ASP型のECサイトを利用した場合と比べると月額費用が高くなりますが、ショップへのアクセス数増加が期待できるため、商品の販売機会向上につながるかもしれません。

しかし、頻繁に発生するモール主導のキャンペーンに対応していかなければ購買率が落ちるといった、モールの運営スケジュールの影響を受けるため、常に数ヶ月先のキャンペーンを考えて動かなければいけない忙しさがあります。

また、ユーザーの母数が多い分、ネットリテラシーの低い顧客が多くなってしまうため、予想もしなかったクレームが発生してしまうということも起こります。

パッケージ型で購入する場合:約300万円~

初期費用はかかりますが、自社に最適なネットショップが構築できるのがパッケージ型のネットショップのよい点です。

買い切りなので月額費用がかからないということもあり、長くネットショップを運営するならば、どこかのタイミングで月額費用を払い続けるよりもパッケージ型のほうがお得になる分岐点が発生します。

気を付ける点として、アップデートが有償のものと無償のものがあるので、導入の際には確認が必要です。

そのほかに、当初の仕様から変更を加えたくなった際に、追加で費用がかかってしまうことがありますので運用やパッケージの内容の確認など先を見据えた計画が必要です。

出店方法別のネットショップ開業資金 その②周辺機器など

出店方法別のネットショップ開業資金 その②周辺機器など
ホームページ作成が完了したら、次に、*カメラ*プリンター*ドメイン*梱包資材といったネットショップには欠かせないものを用意していきましょう。

カメラ:約3万円~

スマホのカメラでも見栄えのいい写真は十分とれますが、やはりしっかりとしたカメラを一台持っておくほうがよいかもしれません。

ライトをはじめとした商品撮影用の周辺機材:約5,000円〜

商品の大きさにもよりますが、撮影台とライトがセットで販売されているものがありますので、そういったものを購入して社内の一角に撮影スペースを作成することをおすすめします。

プリンター:約2万円〜

納品書や配送用のラベル印刷のためのプリンターが必要です。

インクジェットプリンターは安価ですが、インクがすぐになくなってしまうのでレーザープリンターのほうがコストパフォーマンスに優れています。

ドメイン:約1,000円~

ネットショップを運営する際に必ずといっていいほど必要になるのがドメインです。

独自ドメインは自社の顔になるため、必ず取得しておきましょう。

ドメインによっては法人格が必須であることや日本在住であることが必須であることなど条件や書類が必要になるドメインもありますので、取得の際にはしっかりと確認をしてください。

梱包資材:約5,000円~

配送中の破損トラブルを防止するために、梱包資材は必須です。

宣伝広告費:約5万円~

こちらは開業資金というよりも運営資金に含まれるかもしれませんが、集客には宣伝が必要です。

検索結果に表示させる広告や、SNSでのプロモーション広告など、さまざまな広告がありますが、広告代理店を介した場合には、約5万円ほどが月々の宣伝広告費として発生します。

ネットショップ開業資金が足りない場合の対処法

ネットショップ開業資金が足りない場合の対処法
開業資金が足りない際に、融資以外の手段として補助金を利用するという方法があります。

補助金は申請後に審査が行われ、補助が決定した後に契約・支払いを行うことで支払った額の〇割の補助が後から帰ってくるという仕組みが一般的です。

融資とは違い開業前に資金が入るのではないことを注意してください。

また、毎年決められた予算のもと補助金の募集が行われますので、年度によっては予算が割り振られず募集が行われないといったこともあります。

補助金や助成金の利用を検討される方は一度政府のホームページをしっかりと確認するか、社会保険労務士などに相談を行ってください。

IT導入補助金

開業資金が足りない際に、融資以外の手段として補助金を利用するという方法があります。

補助金は申請後に審査が行われ、補助が決定した後に契約・支払いを行うことで支払った額の〇割の補助が後から帰ってくるという仕組みが一般的です。

融資とは違い開業前に資金が入るのではないことを注意してください。

また、毎年決められた予算のもと補助金の募集が行われますので、年度によっては予算が割り振られず募集が行われないといったこともあります。

補助金や助成金の利用を検討される方は一度政府のホームページをしっかりと確認するか、社会保険労務士などに相談を行ってください。

小規模事業者持続化補助金

商工会議所の管轄内で事業を行っている小規模事業者の持続的な経営を支援するという目的で運用されている補助金です。

ほかの補助金と比べると上限金額が50万円と低く設定されています。

この補助金はITに限定されているものではないので、ネットショップ以外にも店舗の改築などでも補助がおりています。

そのため募集の倍率が高いこともあり、自社がどれだけ経営計画を立てていて、この補助金によってどのように経営が持続されるかといった細かい点をしっかり見られることが特徴です。

キャリアアップ助成金

ネットショップの開業にともない新たに従業員を雇用することを考えている場合には、キャリアアップ助成金の利用をおすすめします。

こちらは有期契約社員(半年など雇用期間を決めて雇うアルバイトなど)を一定期間雇用後に無期契約社員として雇用し、給与などの待遇を向上させるなどいくつかの要件を満たすことで最大60万円が支給される助成金です。

開業資金を抑えてセキュリティ対策を怠るのはNG

開業資金を抑えてセキュリティ対策を怠るのはNG
ネットショップを開業するにあたり、最も気を付けなければいけないのはセキュリティ対策です。

顧客情報の漏えいだけでなく、自社のサーバーがウィルス感染などによりスパムメールの踏み台にされるといった事案なども起きています。

それらの問題を未然に防ぐためにも、ネットショップを始める際にはセキュリティ対策がどれだけしっかりしているかの点でどのサービスを利用するかを決めることをおすすめします。

とはいえ、セキュリティ対策がしっかりなされているかなどは分かりづらいところです。

そこで判断基準として、ISO27001の取得マイクロソフトからの認定を受けているかをはじめ、外部機関からの審査をクリアしているかどうかで判断されるとよいかもしれません。

ネットショップを始めるならw2ソリューション

ネットショップを開業する際に一番重要になるのが「どのサービスを利用するか」です。

初期費用や月額費用の金額面で採算が取れるかという判断も大切ですが、このサービスを使ってどれだけ長くネットショップを続けられるかも大切なポイントです。

長くネットショップを運営していれば、セキュリティの問題や訪問者数の急増が発生する可能性があります。

w2ソリューションが提供している「w2commerceV5」であれば、オールインワン型のECサイト構築システムで、業界No.1のセキュリティと、トラフィックの急上昇にも耐えられる強固なサーバーで、ネットショップを運営できる点が魅力です。

また、顧客との関係性をいかに深めるかというCRMにも重点を置いており、w2commerceV5を利用することで優良顧客を作りやすい仕組みになっているという点もポイントです。

ASP型などのサービスと比べると初期費用がかかってしまいますが、アップデートも無償で対応してもらえるので長期的な目でみるとコスト的にもお得です。

短期的な販売ではなく、長期的にネットショップを運営し、顧客とのよい関係性を構築していきたいという場合にはw2solutionのサービスを検討されることをおすすめします。

RELATED POST