成功ノウハウ

ECパッケージはカスタマイズが柔軟!自社オリジナルのECサイトを構築!

 
—————————————————————————–
この記事でわかること
・ECパッケージとは“億単位のフルスクラッチ”よるもコストが低い
数百万で自社独自のカスタマイズが可能
提供会社の実績セキュリティ対策が重要
・システムのアップロードの難しさに対し、検討段階で必要な対応方法
—————————————————————————–
 
新しくECサイトを立ち上げる際には「ECパッケージ」というサービスを利用する方法があります。
 
柔軟性の高さをサイトに望んでいる場合、有力な選択肢となるでしょう。
 
さらに、コストの面でも安く抑えられる特徴があります。
 
この記事では、ECパッケージの概要や初期費用、ランニングコスト、メリットとデメリットなどを解説します。
 
 

1.ECパッケージとは?

そもそもECパッケージとは柔軟性重視のECサイト構築サービスです。
 
店舗ごとに、サイトで実現したい内容は異なります。
 
ECパッケージなら独自の仕様や機能にも対応が可能です。
 
また、デザインやシステムを自由に構築できるので、他社との差別化を図れます。
 
そのうえ、低コストなのも魅力のひとつです。
 
ECサイト構築では、完全にゼロから作るフルスクラッチという方式もあります。
 
ECパッケージはフルスクラッチよりも労力と費用を抑えられる選択肢といえます。
 
なお、拡張性がそれほど高くないサービスに
「ASP(Application Service Provider)型」があります。
 
こちらは必要な機能を必要なだけ付け加えていく方式です。
 
オーダーメイド商材のカゴ関連、
特殊な支払いを行うときの決済画面などを作るには向いています。
 
さらに、メインシステムやコールセンター、
営業管理ツール(SFA)、製造元や物流との連携なども可能です。
 

2.ECパッケージの選定ポイント

利用できる範囲が広いのはECパッケージの強みです。
 
それでも、ECサイトで取り扱っている商品やサービスは企業によってまったく異なります。
 
業務内容としっかり照らし合わせないと、導入後のミスマッチを生むでしょう。
 
ECサイトの目的と稼働後のイメージをしっかり持ち、
パッケージを検討することが大事です。
 
以下、ECパッケージの代表的な選定ポイントです。
 

2-1.トータルのコストはどれくらいか

ECパッケージの導入コストはカスタマイズの内容、範囲によって変動します。
 
ただ、目安としては300万~1000万円ほどになるでしょう。
 
もちろん、大規模なシステムを望むのであれば1000万円を超える費用が
かかることも珍しくありません。
 
ちなみに、月間コストは数百万円程度になるのが一般的です。
 
コストを抑えるのであれば、ライセンスが無料使用可能の
オープンソースでECパッケージを導入する方法もあります。
 
ただ、この場合はシステムを開発することが前提条件です。
 
開発チームを結成したりベンダーに開発を委託したりする手間が増えます。
 
結局、パッケージ以外のコストが増えてしまうのです。
 
ECパッケージでは条件ごとの参考価格が案内されていることもあるので、
自社サイトの規模に合わせて比較しましょう。
 
 

2-2.欲しい機能が低コストで追加できるか

ECパッケージはデフォルトで備わっている機能に限りがあります。
 
さまざまな機能を設けたいのなら、オプションを追加していかなくてはなりません。
 
たとえば、独自の機能が必要なサイトではパッケージからの追加カスタマイズが必須です。
 
そして、カスタマイズが発生するたびに費用も高くなっていくルールです。
 
ただ、既存のオプション機能で対応できるなら、そちらのほうがコストは安くなります。
 
パッケージの仕様をしっかり調べてから選定しましょう。
 
また、そもそも自社サイトに必要な機能を事前にはっきりさせておくことも重要です。
 
 

2-3.実際に販売する商品と似たような事例があるか

同じECパッケージを導入したサイトでもそれぞれカスタマイズされて
いくので、最終的には別物になっていることが一般的です。
 
デフォルトで備わっていない機能に関しては、
システム開発のうえで付け加えていかなくてはなりません。
 
ただし、その作業にはかなりの費用がかかります
 
しかも、提供する会社にノウハウがなければカスタマイズ自体が困難です。
 
そこで、パッケージを選定するにあたって、
提供会社がサービスの活用事例を紹介しているかどうか確認しましょう。
 
パッケージを導入した他社の店舗で似た商材、システムを取り扱っている
例があるのなら、自社でも成功する可能性は高いといえます。
 
デフォルトで使える機能が多いのならば、開発費用も抑えられます。
 
また、導入事例が豊富な提供会社ほど、自社との話し合いも速やかに進んでいくでしょう。
 
 

2-4.管理画面の使い勝手はどうか

ECパッケージを管理する際のUIも重要です。
 
機能が優れていても操作が複雑なら効率的に作業をできません。
 
一部の従業員だけに負担が集中するなどの問題も引き起こします。
 
もちろん、管理画面はカスタマイズ可能な領域ではあります。
 
しかし、それだとコストがかかってくるので初期仕様から使いやすい状態が理想です。
 
たとえば、受発注を管理する際のステータスが柔軟であるなど、
運用をスムーズに行えるかを見極めましょう。
 
そのほか、画面の見やすさもチェックしたいポイントです。
 
情報が整理され、管理者が混乱しにくい画面が最初から備わっていることが大事です。
 
 

2-5.デザインはどこまで自由にできるか

ECサイトはデザインで個性を強調できるサービスです。
 
そのため、管理画面と同じくらい、
店舗や商品のページを自由にデザインできることが大切です。
 
ほとんどのECパッケージではHTMLやCSSなどのプログラミング言語で
ページをデザインできる仕組みです。
 
ただし、システムの領域はカスタマイズ前提になっており、
簡単に変えられないことも少なくありません。
 
また、カートや決済、レイアウトや商品画像の表示、検索方法といった
重要なデザインが実現可能かも調べておきたいところです。
 
個別にカスタマイズが発生した分だけ費用と時間を要してしまいます。
 
基本機能が豊富なパッケージを選定するようにしましょう。
 
 

2-6.サポート体制はどうか

通常、パッケージソフトには専用マニュアルがあり、
それを見れば基本的な運用を進めていける仕組みです。
 
しかし、ECパッケージは店舗ごとにカスタマイズされることが前提
なので標準機能以外のマニュアルが備わっていません。
 
そのため、予想外のトラブルや使い方が分からないパニックが
起こることもありえます。
 
その際、ベンダーのサポート体制を頼れるかどうかが肝心です。
 
システムや操作方法をすぐに教えてくれる担当者と連絡を取れるならば、
安心して使い続けられるでしょう。
 
また、トラブルに対応したいとき、
いつ誰に連絡するのかの手順が明確であることも大事です。
 
 

2-7.提供会社の技術力はどうか

ゼロからシステムを構築するフルスクラッチ型と比べ、
ECパッケージは安価に導入できます。
 
それでも、カスタマイズが多くなれば数千万円の費用がかかることもあるでしょう。
 
多額の投資になる以上、契約するベンダーの技術力、
信頼性などはしっかり調べておきたいところです。
 
営業担当者のセールストークは参考にできるものの、
基本的には長所しか述べないため、自社でもリサーチしておきましょう。
 
実績システムエンジニアの質
カスタマイズへの対応力などがベンダーを選ぶ鍵です。
 
最終決定には、システムに詳しい自社の従業員も参加してもらいましょう。
 
自社の要望を本当にかなえられるベンダーなのか、じっくり検討するようにします。
 
 

3.ECパッケージのメリットは?

ASP型やフルスクラッチ型と比べたとき、
ECパッケージには独特のメリットがたくさんあります。
 
以下、詳しく説明していきます。
 
 

3-1.ECサイトに必要な機能が充実している

さまざまな機能が標準搭載されているのは、ECパッケージの魅力です。
 
 
新たにカスタマイズをする部分が少なくなるので、
計画を立ててからサイトが稼働するまでスムーズです。
 
さらに、ベンダーごとに多種多様なオプション機能を用意しています。
 
パッケージにオプションを組み合わせれば、自社の求めるシステムを実現可能です。
 
フルスクラッチで最初からシステムを構築するのももちろん、立派な方式です。
 
しかし、どのみちサイトの基本機能が必要なことには変わりません。
 
それならば、デフォルトで多機能が備わっているパッケージを選ぶほうが効率的です
 
メニューやランキング、商品検索など、
現代的なECサイトには不可欠の機能もパッケージは押さえています。
 
 

3-2.自社サイト独自のカスタマイズ性が高い

これまで述べてきたように、カスタマイズ性はECパッケージの大きな魅力です。
 
そもそもカスタマイズが前提になっているので、作業が簡単な構造です。
 
追加カスタマイズを行う際、オプションの選定などが楽だといえます。
 
カートや決済など、ASP型のECサイトでは修正しにくい領域までカスタマイズできます。
 
 

3-3.デザインの自由度が高い

ASP型のECサイトではサイトのレイアウトがほぼ定まっています。
 
「商品カテゴリ」などの区分が決まっており、
それぞれの上限に従ってページを構築することが大半です。
 
しかし、ECパッケージなら根本的なレイアウト、デザインから考案できます。
 
膨大な商品群を自社オリジナルのカテゴリに振り分けるなど、
個性的なページを目指せます。
 
あるいは、豊富な種類の商材をユーザーが見やすいように販売することも可能です。
 
大規模なサービスを構築する際も、自由なカスタマイズができる
パッケージを選べばユーザー目線のシステムを設けられるでしょう。
 
 

3-4.1から作るよりも低コスト

費用面も、ECパッケージの魅力です。
 
フルスクラッチでサイトを作ると、億単位の費用がかかることも珍しくありません。
 
パッケージなら数百万円程度に抑えることも可能です。
 
そもそもフルスクラッチでサイトを構築しなければならないケースは、
規模が巨大」「商材が特殊」などです。
 
本当にフルスクラッチ型が必要なサービスなのかよく検討しましょう。
 
ECパッケージにはフルスクラッチ並みの拡張性を持っているモデルもあります。
 
業務内容にさえ合うのであれば、フルスクラッチにこだわらなくても
パッケージで希望するシステムが実現します。
 
 

3-5.セキュリティが強い

オープンソースを除いて、
ECパッケージでは内部プログラムが一般公開されていません。
 
つまり、システムが知れ渡っておらず、
サイバー攻撃に対して抑止効果を持っています。
 
不正アクセス、不正ログインなどを避けるために役立つサービスです。
 
ECサイトが外部からの攻撃を受けると損害が出るだけでなく、
社会的信用も失うのでセキュリティ対策がなされているのは魅力です。
 
ただし、管理者が無防備でいてよいというわけではないので注意しましょう。
 
パスワード管理を徹底するなど、情報セキュリティに最低限の意識は必要です。
 
 

4.ECパッケージ利用するデメリットは?

自由度ではASP型を、コストの安さではフルスクラッチ型を
上回っているのがECパッケージです。
 
ただし、パッケージにはデメリットがあるのも事実です。
 
パッケージだけにこだわっていては、
導入後に業務の不具合を生むこともありえます。
 
この段落では、ECパッケージで注意するべきポイントをまとめていきます。
 
 
 

4-1.システムのアップデートがされない

ECパッケージは導入する企業ごとで、
まったく違った内容にカスタマイズされていきます。
 
つまり、ASP型ならば可能な定期アップデートを行うことができません。
 
自動的に機能が追加されないので、新しく開発していくことが必須です。
 
カートの入力フォームを新しい方式や市場のトレンドに合わせて修正
していくなど、随時、自社でアップデートを担わなくてはなりません。
 
どれほどのサイクルで何をアップデートするのか、あらかじめ決めておきましょう。
 
さらに、クラウド型のECパッケージもリリースされています。
 
クラウド型は比較的機能のバージョンアップが容易なので、
選択肢に加えてみましょう。
 
 

4-2.コストは比較的高い

ECパッケージはフルスクラッチよりも安価にできるものの、
ASPと比べればコストは高くなります。
 
パッケージでなければ構築できないシステムなのか、十分に見極めましょう。
 
もしもデザインのオリジナリティ、特殊なシステムを追求するなら
パッケージ型はぴったりです。
 
ただ、特別な理由がない場合、
コスト削減を狙ってASP型にするのもひとつの方法です。
 
また、ECサイトを初めて立ち上げる際もASP型のほうが難易度は低いといえます。
 
 

4-3.メンテナンスやトラブル対応は自社で対応

ASP型は使える機能の上限が決められています。
 
そのかわり、サポート体制の整っているサービス会社は少なくありません。
 
トラブルが起きたときは気軽に連絡できます。
 
一方、ECパッケージでは特殊なシステムを構築してしまう場合が多いので、
自社でメンテナンスやトラブル対応を行わなくてはならないケースも出てきます。
 
また、追加開発をするたびにベンダーへと依頼をする必要もあります。
 
結果的に、パッケージ型だと手間が大きくなってしまう可能性も高いのです。
 
ただし、クラウド型のECパッケージサービスだとサポート体制を強化する
ことも可能です。
 
ベンダーによっても、保守の大部分を引き受けてくれるため導入の際にはしっかりリサーチしましょう。
 

ECパッケージならオリジナリティの高いECサイトが作れる

企業がECサイトを立ち上げる際、
ECパッケージを導入するとコストや技術力といった問題も生じます。
 
そのかわり、個性的で自由なラインナップを提供できるのはパッケージ
ならではのメリットです。
 
他社との差別化を図りたい企業はパッケージ型を検討してみましょう。
 
また、運営、顧客双方にとっての使いやすさを追求したい場合にもおすすめです。
 
 

世界基準のセキュリティをクリアしているカートはw2だけ

w2ソリューションは14年間ECパッケージにこだわり続けて、現在も多くの企業様のECパッケージを開発・保守業務をさせていただいております。
 
起業当初から世界基準のセキュリティを担保しており、
通販企業様にご安心をいただいております。
 
ECパッケージでお悩みの方は、情報収集からの軸を固める作業も大変です。
お悩みのある方はぜひお問い合わせください。

 

RELATED POST