成功ノウハウ

ECカートにはどんなものがある?選び方のポイントを紹介!

 
———————————————————
この記事でわかること
3種のECカートメリット・デメリット
ECカート選ぶ際の7つのポイント
安くて高機能なおススメECカート
———————————————————
 
インターネット上で店舗経営をしたい場合、
ECカート」という機能を備える必要があります。
 
なぜなら、カート機能がないとユーザーが買い物をできないからです。
 
カートにはさまざまな種類があるので、
店舗に合った性能のものを選びましょう。
 
この記事では、ECカートの特徴からサービス、選ぶポイントまでを解説していきます。

1.ECカートって何?

インターネット通販の一種がECサイトです。
 
自社商品、他社商品を問わず広く品物を取り扱うのが特徴です。
 
そして、ECサイト運営ではECカート機能が欠かせません。
 
いわゆる「カゴに入れる」「カートに入れる」と形容される部分です。
 
かつて、小規模のECサイトであれば、
自社ホームページ内で商品についての領域を作成することが一般的でした。
 
そこにカゴ機能だけを付加する「レンタルカート」
「レンタルECカート」が主流だったといえます。
 
しかし、時代とともにECカート機能だけでなく商品ページや
ホームページも含めて総合的にプロデュースしてくれるサービスが増えてきました。
 
このような業態も「ECカートサービス」「ECカートシステム」と
呼ばれています。
 
もちろん、カートだけを提供しているサービスも少なくありません。
 
その場合は料金が安くなること、Wordpressなどで簡易的に作られた
自社サイトに付け加えるのが簡単、などのメリットが見られます。

 

 

2.ECカートの種類は大きく分けて3つ

大きく分けて、ECカートの提供サービスは3種類です。
「フルスクラッチ型」「パッケージ型」「ASP型」にはそれぞれの
メリット、デメリットがあります。
 
 
以下、詳しい説明と費用などをまとめます。

3.フルスクラッチ型

オーダーメイドによって作られるECカートを「フルスクラッチ型」
と称します。
 
パッケージを利用するのではなく、
一からシステムを構築するのがポイントです。
 
作業が大掛かりになることも多く、多機能性を備えています。
 
この段落では、フルスクラッチ型の概要を挙げていきます。

3-1.メリット

フルスクラッチでECカートを設置すると、
柔軟性」というメリットを得られます。
 
望みどおりに内容をカスタマイズできるので、
自社の業務形態に合ったカートが完成します。
 
基幹システムとの連携、他社サービスとの組み合わせなど、
拡張性を強めたいときに役立つでしょう。
 
また、デザインや決済方法、管理画面のレイアウトなどの詳細も
全て自由に設計可能です。
 
ただし、自社のシステム環境やシステムエンジニアのスキルなどに
左右されることは要注意です。
 
フルスクラッチ型というだけで、
無条件に何でも叶うわけではないと覚えておきましょう。

3-2.デメリット

「柔軟さ」はフルスクラッチのデメリットとも表裏一体です。
 
作成する側のスキルによる部分が大きく、
導入の難易度は高くなりがちです。
 
さらに、予算が大きくなるケースも珍しくありません。
 
必要最低限の仕組みを作るだけで数千万円のコストが発生することもあります。
 
十分な機能を備えたカートを設けるなら、数億円の予算は覚悟しておくべきです。
 
また、作成にはかなりの時間を要します。
 
大勢のエンジニアが専門チームを結成し、
年単位で進めていく計画となります。
 
発案してから実現するまでに大きなタイムラグが生まれることとなるでしょう。
 
そのほか、自社の負担が多いのもデメリットです。
 
ECカートのデザインはもちろん、管理画面の設計もチームで決めなくてはなりません。
 
そのうえで、動作までテストをする必要があります。
 
稼働した後でも、保守や点検を自社で担っていくのが基本です。
 
後述するASP型サービスと違い、トラブルは自社対応していきます。
 
外部に委託できるかどうかは契約内容次第です。

4.パッケージ型

最初から必要最低限の機能を備えた状態でリリースされている
ECカートサービスが「パッケージ型」です。
 
原則として、無料で利用できるオープンソースのプログラムが採用されています。
 
あるいは、製品をそのまま購入したり、
制作元と契約してカスタマイズしてもらったりする方法もあります。
 
豊富なサービス形態が魅力といえるでしょう。
 
ちなみに、オープンソースとパッケージは別物として言及されることもあります。
 
ただ、オープンソースとは正しい意味合いにおいて、「無料パッケージ」のことです。

4-1.メリット

フルスクラッチと違い、自社でシステムを構築する手間がほぼありません。
 
しかも「カゴに入れる」「入金確認」「出荷伝票管理」など、
カートサービスの根幹はしっかり備わっています。
 
業態によってはパッケージ製品を購入するだけで、
すぐ自社のECサイトで本格稼働させることも可能です。
 
また、カスタマイズする際にも作業量が少ないのがメリットです。
 
自社で構築しなくてはならない領域が小さいので、
制作コストは安くなる傾向にあります。
 
安くて数百万円、高くても数千万円ほどです。
 
制作期間も短いので、計画してからすぐECサイトを開設できます。
 
また、カスタマイズ前提の構造になっているため、拡張性が豊かです。

4-2.デメリット

パッケージはフルスクラッチより構築の難易度が低いだけで、
「誰でも簡単に関われる」わけではありません。
 
システムエンジニアに任せることが必要です。
 
また、フルスクラッチと同じく、自動的にアップデートはされません。
 
定期的に更新していかないと、数年で時代から取り残されてしまいます。
 
そのほか、安くて数百万円というコストは、
小規模なサイトからすると決して手軽とはいえないでしょう。
 

5.ASP

ECカートサービスは「ASP型」もあります。
 
「Application Service Provider」の略で、
Web上にて事業者にサービスを提供してもらうパターンです。
 
本来は事業者そのものを指す言葉ではあるものの、
ビジネスモデルの種類として「ASP型」などの呼び方をするようになりました。
 
類義語に「SaaS(Software as a Service)」があります。
 
こちらは、アプリケーションなどを企業が求める分だけ提供するサービスです。
 
細かい定義は違うものの、ほとんど同じ言葉として使われる場面も増えてきました。
 

5-1.メリット

ASPやSaaSと呼ばれるサービスは、
フルスクラッチやパッケージよりも導入コストを抑えられます
 
企業以外でも、個人向けに月額無料で始められるプランも出てきました。
 
また、多機能的なECカートすら料金は数万から数十万円ほどです。
 
数億円単位の売り上げを出している巨大ECサイトでない限り、
月額料金が100万円を超えることはないでしょう。
 
しかも、ECサイト側にHTMLやCSSプログラミングの知識が無くても問題ありません。
 
デザインをテンプレートから選べるので、
パソコンの基本操作さえできれば画面を設計できます。
 
その結果、制作期間が短くなり、
企画立案から開店までのタイムラグを縮められるのです。
 
さらに、既存のサービスを利用できるため、
申し込みやカード決済の審査にかかる時間だけで準備を済ませられます。
 
あとは商品を登録すれば、ECカートを稼働できる流れです。

5-2.デメリット

ASPやSaaSは拡張性が高くありません。
 
デザインこそ自由度があるものの、
決済や管理の画面はデフォルト以上の変更ができない設定です。
 
また、オリジナリティを加えにくいのもデメリットです。
 
同じASP型のECカートを利用している競合他社と、
決済画面を差別化しにくくなってしまいます。
 
そのほか、基幹システムとほぼ連携できないなど、
外部サービスと組み合わせることが困難です。
 

6.ECカートを選ぶ際のポイント

ここまで、ECカードのサービスにはさまざまなバリエーションがあると紹介してきました。
 
 
それらを踏まえ、ここからはサービスを選ぶポイントを紹介していきます。

6-1.自社が扱っている商品分野を販売している実例があるか

導入後のミスマッチを防ぐには、サービス側の事例を探ることです。
 
自社と似たビジネスモデル、商材を取り扱ってきたサイトが導入した
サービスなら、スムーズに稼働できる可能性が高いでしょう。
 
ECカートサービスの公式サイトから「導入実績」をチェックしてみることが得策です。
 
特に、カゴのレイアウトからインフォメーション、
出荷方法までの目立ちやすい部分は参考になります。
 
さらに、定期購入や月額商品、商品管理などを
適切に行える機能があるか見極めることが大事です。
 
また、自社に似たサイトが導入に成功しているということは、
受注や決済などの管理画面にも大きな問題はないといえます。
 
トラブルのシミュレーションにもなるので、しっかりと導入実績を確認しておくようにします。

6-2.自社のECサイトの規模感にあっているか

望んでいるサイトの規模とサービス内容が合っているかも調べましょう。
 
もちろん、サービスのコストは大切です。
 
ただ、それ以上に各システムの上限、管理画面の操作性が選定ポイントとなります。
 
たとえば、ASP型では初期費用が数万円ほどで済むケースは少なくありません。
 
料金プランは商品数、注文数によって変わります。
 
つまり、月間の受注上限や1件の手数料などを合計して
コストが算出されるルールです。
 
最初から高額なプランを設定すると、
不要な機能にお金を払わなくてはなりません。
 
逆に、大きなサイトなのに低額プランを導入しても不足点がたくさん出てくるでしょう。
 
管理画面については、個人向けのフリマアプリを利用するなどの
お得な方法もあります。
 
ただ、大量発注を処理しにくいなどの欠点は無視できません
 
さらに、一括操作ができないので注文された商品を1件ずつ
処理していく必要があります。
 
導入後に不満を感じても取り返しがつかないことは多いので、慎重に検討しましょう。

6-3.デザインのカスタマイズ性

ECカートサービスはデザインを自由に変更できるケースが少なくありません。
 
しかし、モール型のECカートサービスでは出店店舗全て同一の画面になるのが一般的です。
 
そして、Amazonなどのモール型サービスだと商品の写真、価格、
説明以外はデフォルトのデザインを受け入れなければなりません。
 
明確にECカートのイメージがあるのなら、
それを表現できるサービスを選びましょう。

6-4.サポート体制

多くのASP型ECカートサービスの魅力は、サポート窓口が設けられている点です。
 
不明点、トラブルにすぐ答えてくれるので安心です。
 
ただし、HTMLやCSSなどのプログラミング知識までは対応してくれません。
 
サイト側で専門のシステムエンジニアを雇うなど、対策を立てておく必要があります。
 
一方、フルスクラッチ型やパッケージ型ECカートは、
カスタマイズを前提とした構造です。
 
そのため、サービスを提供する側でサポート窓口を設けていない傾向にあります。
 
どの程度サポートが実施されるかは契約や選択プランによるので、
事前によくリサーチしましょう。
 
ECサイト自体に慣れていないのであれば、サポートが充実しているサービスにするべきです。

6-5.導入費用

ECサイト構築にかかるコストはさまざまです。
 
安いサービスを選ぶことももちろんできます。
 
しかし、その分機能性が少なかったり、
画面に個性がなかったりして後悔するケースも珍しくありません。
 
また、最初は安いように感じていても、
自社との業務内容に合っていないと結局はカスタマイズ費用がかかります。
 
最終的には、予算を超えてしまうこともありえるのです。
 
ECカートは安さだけを重視してサービスを選ばないようにしましょう。
 
まずは作りたいECサイトをはっきりと計画し、そのうえで予算を検討していくのが得策です。

6-6.スマホ対応はできているか

現代では、スマホやタブレットからWebショッピングをするユーザーが大半です。
 
ECカートサービスも携帯端末への対応ができていないと、
ターゲット層を逃してしまいます。
 
大手サービスの多くは対応済みであるものの、
絶対ではないのでしっかりチェックしましょう。
 
また、フルスクラッチやパッケージ型のECカートだと、
携帯端末を前提で構築していかなければ操作性が悪くなります
 
BtoBビジネスではパソコン同士で取引をする機会もたくさんあります。
 
しかし、一般ユーザー相手のビジネスでは使用端末を柔軟に配慮するべきです。
 
自社のビジネスモデルと照らし合わせて顧客層のサイト利用方法をイメージしましょう。

6-7.他サービスとの連携はどうか

ASP型のECカートサービスでは、
在庫管理システムや顧客管理システムとの連携という問題も出てきます。
 
もしも連携ができないと、サイト内のデータを共有できません。
 
数字の同期がなされないのでリアルタイムの在庫管理に支障をきたし、
トラブルを招いてしまいます。
 
どのようなサービスなら外部連携できるか、多くのベンダーは事前に公開しています。
 
既存システムとの連携を目指すうえで、見逃さないようにしましょう。

ECカートの種類は様々!自社にあったサービスを

もしもECサイトを立ち上げるのであれば、ECカートサービスは不可欠な機能です。
 
そして、ベンダーやモデルによって提供されているサービスの内容は異なります。
 
最初は機能が少なくても、ビジネスの規模を大きくするにつれて拡張していけるタイプも珍しくありません。
 
自社の業務に合ったECカートサービスを選び、サイトの発展を目指しましょう。
 
w2ソリューションが販売するカートシステム「リピートPLUS」は、
月額9,800円から利用できるカートシステムです。
 
EC立ち上げの方から月商1億を超える大きな通販事業者様まで、
幅広くご利用いただいてます。
 
カートシステムをご利用されたお客様の平均売り上げ成長率は、
業界トップの354%を誇り、EC事業をされている方におすすめのシステムです。
 

カート選びにお困りなら、ぜひw2にお問い合わせください!

w2ソリューションは定期通販カートシステム「リピートPLUS」と、
総合通販向けカートシステム「V5」を開発、ご提供させていただいております。
 
通販を立ち上げた方から年商10億円越えのお客様まで
幅広くいる知見を活かし、無料で通販セミナーも開催しております。
 
通販でお悩みのある方はぜひお問い合わせください。

 

RELATED POST