成功ノウハウ

ECサイト運営におけるSNS活用のポイント

ECサイト運営におけるSNS活用のポイント
スマホの普及によりSNSの利用者も増加しています。 ECサイト運営において、このSNSを利用しない手はありません。 上手に活用することでより高い売上、宣伝効果が期待できます。 SNSにはさまざまな種類がありますが、それぞれにより適した活用方法があります。 FacebookやTwitter、InstagramなどSNSの特徴に合わせた活用方法をチェックしていきましょう。

① ECサイト運営における「Facebook」活用方法

Facebookは国を問わず利用ユーザーが多く、SNSの中でも利用者数がいちばん多いことが特徴です。 FacebookでECサイトを運用する場合、どのような活用方法があるのでしょうか。

幅広い年代にアプローチできる

Facebookは非常に幅広い年代が登録しているという特徴があります。 日用品や食品など、多くの年齢層に需要がある商品を扱うECサイトには特に有効なSNSと言えるでしょう。 ユーザー同士で情報の拡散がされやすく、宣伝効果が大きいというのもFacebookのメリットです。

信頼性の高さをアピールできる

Facebookは他のSNSと比較しても信頼性が高いため、Facebookページが充実していればそれだけそのECサイトへの信頼度も高まります。 「いいね」の数が多ければそれだけユーザーの信頼度も高まります。 アカウントの認知度を高めるためにFacebook上で割引や限定プレゼントなどのキャンペーンを実施している企業も少なくありません。

【読者限定】ECノウハウ資料プレゼント中‼

この記事を読んでいる方限定に、

EC関連の売れるノウハウ資料プレゼント中‼

詳細はこちら

② ECサイト運営における「Twitter」活用方法

TwitterはSNSの中でも気軽に利用でき、人気があります。 Twitterを利用しているECサイトは非常に多く、ユーザー獲得につながりやすいでしょう。

拡散力が大きくキャンペーンにも有効

Twitterは「リツイート」という機能で簡単に他ユーザーの投稿を拡散できます。 ECサイトのツイートをリツート(拡散)してもらえれば、それだけで宣伝効果になるのです。 リツイートしてキャンペーンに応募できる、割引が受けられるなどの活用方法を取り入れているECサイトも多いため、参考にしてみましょう。

若年層に向けたアピールをしやすい

Twitterのユーザーの年齢層は幅広いですが、とくに拡散力が高いのは若年層です。 ファッションやコスメ、コミック、スポーツ用品、ゲームなど、若年層に人気のアイテムを取り扱うECサイトなら、Twitterの活用は非常に効果的です。

③ ECサイト運営における「Instagram」活用方法

InstagramはFacebookや Twitterと比較すると登録ユーザーの数は少ないですが、それでも世界中で人気が急増しているSNSです。 画像や動画を共有することをメインとしたSNSで、いかにインパクトのある画像を用意できるかがポイントとなります。 ユーザーの関心を惹きつける画像や動画を意識して活用しましょう。

画像で商品を分かりやすくアピールできる

Instagramの最大の特徴は写真、動画がメインという点です。 そのため、見た目を重視するアイテムを販売するECサイトには非常に力強い味方です。 若年層、特に女性のユーザーが多いため、ファッションやコスメ、グルメなどを扱うECサイトに人気です。

そのまま商品購入ページに進める

Instagramでは、そのまま商品購入ページに進めるショッピング機能があります。 気になる写真をタップすればすぐに商品の詳細、価格などが把握できるようになっています。 ユーザーが直感的にショッピングを楽しめるため、売上アップにもつながります。スムーズに購入に進めるようにECサイトも分かりやすくデザインすると良いでしょう。

④ ECサイト運営における「LINE」活用方法

メッセージツールとして人気のLINE。 日本での普及率は非常に高く、SNSが苦手でもLINEだけは使っているという方が多くいらっしゃいます。 意外にもLINEはECサイトの運営に有効なSNSなのです。

クーポンの配布などをしやすい

LINEは、メッセージを送信するだけで直接ユーザーに内容を届けられます。 そもそも友達登録をしていなければチェックされないというデメリットがありますが、ECサイトや商品に興味がある人が集まるということでもあります。 的確にターゲットを絞って宣伝でき、メッセージ内でクーポンの配布、キャンペーン情報を知らせることが可能です。

メッセージをチェックしてもらいやすい

LINEは他のSNSとは違って1対1の密接なコミュニケーションが可能です。 ECサイト運営側から一方的に情報を送るだけでなく、ユーザーの声に合わせた返答もできます。 また、スルーされやすいECサイトの投稿も、LINEであればメッセージとして届くので、開封してチェックしてもらいやすいという特徴もあります。 友達登録でクーポンを配布する、割引対象になるなどのキャンペーンを行って登録者数を増やしましょう。

SNSをECサイト運用に上手に活用しよう

ECサイト運営において、今ではSNSは非常に重要なものとなりました。 より多くのユーザーを獲得しながら、リピーターを獲得するためにもSNSを活用することは必要不可欠です。 それぞれのSNSの特徴に合わせた宣伝方法を考えることで、より効果的に宣伝、拡散することができます。 SNSのユーザーの年齢層や男女比率などを調査して、運営されているECサイトに適切なSNSを考えてみましょう。

RELATED POST