成功ノウハウ

売れるECサイトの集客方法3つのテクニックを徹底解説

売れるECサイトの集客方法3つのテクニックを徹底解説
ECサイトを運営するうえで、

「ECサイトの集客がうまくいかない」
「どんなポイントを改善すれば売上が上がるかわからない」

といった問題に頭を悩ませている方もいらっしゃるでしょう。

ECサイトの集客方法には、実店舗における集客とは異なるポイントがあります。

人が集まるECサイトを構築するためには、SEO対策やWeb広告の活用といった施策が重要です。

そこで今回は、売れるECサイトを構築するための集客テクニックをご紹介します。

この記事を読めば集客の基本のみならず、今の時代に合った集客方法がおわかりいただけると思います。

ECサイトへの流入が少なく悩んでいる方は必見です。

ECサイトの基本的な3つの集客方法

ECサイトの集客方法として、主に以下の3つが挙げられます。

  1. インターネット広告
  2. 検索エンジンからの集客(SEO対策)
  3. SNSの活用

この3つの集客方法を必要に応じてうまく組み合わせることで、より大きな効果が期待できますので、運営するECサイトの特徴に合わせて選択してください。

ではそれぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

1.インターネット広告

インターネット上の広告は、大きく次の4種類に分けられます。

  1. リスティング広告
  2. アドネットワーク広告
  3. SNS広告
  4. 動画広告

スマホやタブレットの普及により、PCが最も一般的だった時代に比べてインターネットに触れる機会は大きく増加し、インターネット広告の宣伝効果はより高まっているといえます。

たとえば、リスティング広告は検索結果の最上部に表示されるため、ECサイトへの流入増加が期待できます。

また、YouTubeやFacebookなどのSNS利用者が大きく増加したため、動画広告の重要性も更に高まっています。

2.検索エンジンからの集客(SEO対策)

ECサイトへの集客方法としてSEO対策も重要です。

買いたいものがあるとき、インターネットでキーワード検索するというユーザーはまだまだたくさんいらっしゃいます。

そのため、狙いたいキーワードをサイト内の商品ページやお役立ち情報としてコンテンツ化することで、ユーザーにとって有益な情報(コンテンツ)があるサイトとして高評価を得て上位表示される期待が持てます。

検索結果で上位に表示されるほどクリック率は高まるので、それと連動して集客力はアップしていきます。

SEO対策には、キーワード対策やブログ記事の作成、カテゴリ最適化などのさまざまな方法があります。

Googleは定期的にアルゴリズムを更新していますので、最新情報に注意しながらSEO対策の優先順位を決める必要があるといえます。

短期的な広告とは異なり、検索上位を獲得すれば長期的に集客を狙えるのがSEO対策のメリットといえるでしょう。

3.SNSの活用

SNSは、現代で最も宣伝効果が高いツールの1つといえるでしょう。

若者を中心に、何か情報を得たいと思ったときにSNSを利用する人は増加しています。

よい口コミが投稿されたり、それが拡散されたりすれば、大きな集客効果が得られます。

公式アカウントを作って、積極的に情報発信することが大切です。

【読者限定】ECノウハウ資料プレゼント中‼

この記事を読んでいる方限定に、

EC関連の売れるノウハウ資料プレゼント中‼

詳細はこちら

ECサイトのSEO対策に必須のブログ運営

ブログ運営をしているECサイトは多くありますが、その最大の理由は、SEO対策のためといえるでしょう。

Googleは優良コンテンツを検索結果上位に引き上げようとしていますが

そもそも「優良コンテンツ」とは、「ユーザーへの有益な情報提供(価値または体験も含む)」ことを指します。

そのため、従来のような商品を並べて価格や産地だけをただ載せているサイトは、ユーザビリティが高い優良なコンテンツとはみなしてもらえない可能性があります。

そこで、注目されているのがECサイトに関連するブログ運営です。

たとえばあなたが、調味料を売っているECサイトを運営しているのであれば、その調味料を使ったレシピを紹介するページを作るでしょう。

それにより調味料を使ったレシピを知りたい人を集客し、販売ページへ誘導できるのです。

幅広いキーワードを狙ってブログ記事を作成することで、その分集客効果は上がっていくでしょう。

ECサイトの集客に欠かせないSNS

ECサイトの集客に欠かせないSNS
SNSはECサイトの集客に欠かせません。

特に写真でサイトの雰囲気や商品の概要を伝えられるInstagram、Twitterは集客に適しています。

商品を写真付きでSNSに投稿すれば、ユーザーへより魅力が伝わりやすいといえるでしょう。

SNSに動画広告を掲載するのも効果的です。

InstagramやTwitterでは、一般の投稿と同様の形式で広告が流れるため、ユーザーは違和感なく広告を目にすることになります。

敬遠されがちな広告ですが、SNSを利用することでユーザーへ自然に情報を届けることができるでしょう。

売れるECサイトはユーザビリティに焦点を当てている!

以上、ECサイトの集客テクニックをご紹介しました。

ECサイトは、ただ単純に商品を掲載すればよいというわけではありません。

人気のECサイトを見ればわかるとおり、商品情報だけでなく付加価値を提供していくことが重要です。

Amazonの関連商品紹介などがよい例で

ユーザーが求めている可能性が高い関連商品ページへの集客を増やすことができますし
購買行動の選択肢を増やすことにもつながります。

現代のECサイトに求められているのは、ユーザビリティをどれだけ高められているかです。

またここで言うユーザビリティとは単純な操作性という意味でのサイトの使い勝手に留まらず、魅力的なコンテンツを保有しているサイトかどうかという意味を含んでいます。

集客数を伸ばしたい、売れるECサイトにしたいと考えるのであれば、ユーザーに有益な情報と価値、体験を提供できるように心がけましょう。

RELATED POST