成功ノウハウ

ECサイトで物流を重視すべき3つの理由とは?EC物流の仕組みや流れも解説!

ECサイトで物流を重視すべき3つの理由とは?EC物流の仕組みや流れも解説!
ECサイトの収益性を高めるために重要なのが、「EC物流」です。 物流を効率化することで、注文を受けてから商品を届けるまでのタイムラグを減らし、顧客満足度を高められます。 また、ギフトサービスや消費者ごとの会員ランク制度など、さまざまな施策につなげられます。 この記事では、ECサイトで物流を重視すべき3つの理由を解説します。 EC物流の仕組みや流れも解説しますので、これからECサイトを作る方はぜひ参考にしてください。

ECサイトで物流を重視すべき3つの理由

ECサイトの運営を効率化し、売上を伸ばすためには、物流面の改善が欠かせません。 ここでは、物流を重視すべき3つの理由を解説します。 

「多品種少量」型のECサイトは倉庫管理が複雑化しやすい

ECサイトは、商品を一般消費者に向けて販売するBtoC(Business to Consumer)モデルのビジネスです。 法人にモノやサービスを販売するBtoB(Business to Business)モデルと違い、1回の取引あたりの出荷点数は少ないものの、多数の配送先(消費者)が存在します。 消費者の嗜好はさまざまなため、できるだけ豊富な種類の商品在庫を抱えておき、多様なニーズに対応できるようにしているECサイトが求められます。 こうしたECサイトでは、「多品種少量」型の在庫管理が必要です。全体の在庫量は少なく抑えつつも、多数の消費者に向けてさまざまな商品をリアルタイムに管理する必要があるため、物流の効率化に着手していないネットショップは苦戦を強いられます。

ラッピングが多い時期は一気に物流の負担が増える

ギフトやプレゼントに力を入れ、商品のラッピングを行っているECサイトも、物流の効率化が欠かせません。 お歳暮やクリスマスプレゼントなど、ラッピング需要が高い時期は物流現場の負担が激増します。 クレームが入らないよう丁寧にラッピングし、のしやメッセージカードなどの対応まで行うと、普段の何倍もの作業が必要です。 ラッピング需要の低い時期でさえ、商品を梱包し、発送するだけで精一杯の状態なら、繁忙期における負担増に対応できません。 ギフトやプレゼント需要に対応できれば、ECサイトの売上を大きく増加させられます。そのためには、多少の負担増に耐えられる強固な物流システムの構築が必要です。

顧客満足度の高いECサイトになるには物流への注力が必要

売上の多いECサイトは、顧客満足度を高めるためのさまざまな施策を行っています。 その一例として挙げられるのが、消費者の購入金額や購入回数に応じて会員ランクを付与し、高ランクの会員にさまざまな特典を付与するという仕組みです。 この仕組みは、魅力的な特典を提示すれば、消費者の購買意欲を刺激することができます。 しかし、こうした会員ランク制度の導入は、無駄がなく効率的な物流システムがあることが前提です。 消費者それぞれに合わせ、商品の価格や同梱物を柔軟に変更しなければならないため、ミスなくスピーディーに在庫管理や同梱処理を行うことが求められます。

そもそもEC物流とは?ネットワークを通じてモノやサービスを売る仕組み

そもそもEC物流とは?ネットワークを通じてモノやサービスを売る仕組み
そもそも、一般的な物流と比べて、「EC物流」にはどのような特徴があるのでしょうか。 EC物流またはECサイトの「EC(Electronic Commerce)」とは、日本語でいうと「電子商取引」のことです。 スマホやタブレットの普及によって、インターネットを通じ、消費者が「いつでも・どこでも」商取引を行えるようになりました。この電子商取引における物流が「EC物流」です。 従来の商取引では、消費者が直接店舗を訪れ、店頭での商品の手渡しを行うのが一般的でした。 販売される商品は、物流センターから各店舗への一括納入が中心でした。 しかし、電子商取引では、購入料金を支払った消費者の元に直接商品を届けなければなりません。 そのため、物流センターでの「多品種少量」型の在庫管理や保管作業、自宅やコンビニ受け取りといった多様な届け先に向けた梱包作業や小口配送など、消費者に合わせたスピーディーな物流サービスが求められます。 この物流機能のことを、近年「EC物流」と呼んでいます。EC物流では、従来の物流と比べ、在庫管理システムや倉庫管理システム(WMS)の積極的な活用が求められます。 複雑になりやすい倉庫業務を効率化し、余剰在庫や機会損失をなるべく減らすことで、顧客満足度の高いECサイト運営が可能です。

EC物流の仕組みと流れは?入荷から出荷までの5つのステップを解説

EC物流は、商品の入荷から出荷まで5つのステップに分けられます。 従来の物流との違いを中心に、EC物流の仕組みと流れを解説します。

商品の入荷・検品作業

EC物流は「多品種少量」型のため、さまざまな品目の商品が入荷するものの、商品の入荷数はそれほど多くありません。 そのため、従来の物流と比べても、入荷作業、検品作業のウェイトはそれほど大きくはありません。

商品コードやバーコードを利用した保管作業

多品種少量の商品を扱う関係上、在庫管理は複雑になっていきます。 1品目あたりの商品数は多くないため、ケースやパレットを用いた大量保管ではなく、ラック(棚)を用いた保管がメインです。 また、多品種の商品のロケーション管理を手作業で行うのは効率的ではないため、商品コードやバーコードを利用して、倉庫管理システムにデータを入力し、作業を自動化するのが一般的です。

掴み取り方式によるピッキング作業

掴み取り方式によるピッキング作業
EC物流のピッキング作業は、顧客からの注文があるたびに商品を探す「掴み取り方式(シングルオーダーピッキング)」です。 倉庫管理システムでロケーションを探し、注文ごとに商品をピッキングします。 配送時間指定をする消費者も多いため、ピッキング作業にはスピードが求められます。

梱包・ラッピング作業

EC物流の梱包作業は、大量の消費者に向けた小口配送がメインとなるため、マンパワーを要求される作業です。 とくに消費者の購入履歴に応じた会員ランク制度を導入しているECサイトでは、消費者一人ひとりの特性に合わせ、梱包を工夫したり、同梱物をカスタマイズしたりしなければなりません。 また、ギフトやプレゼント向けのラッピングサービスを提供している場合、お歳暮やクリスマスのシーズンは負担が大きく増加する点に注意が必要です。

消費者に商品を出荷する

入荷作業がそれほど大変ではない代わり、出荷作業に手間がかかるのがEC物流です。 少量の商品を多数の消費者へ配送しなければならないため、消費者の宛名書きをするだけでも時間がかかります。 配送時間を指定する消費者も多く、配送伝票の作成にあたっては逐一顧客データを参照し、時間指定を間違えないようにしなければなりません。 受注管理システムなどを導入し、納品書や配送伝票の作成をなるべく自動化するECサイトの構築が求められます。

EC物流のアウトソーシングをする2つのメリット

ECサイトを運営するうえでは、物流の効率化は欠かせません。 しかし、物流機能を高めようとしていても、販促活動やWebサービスの運用管理などで手一杯なケースも多いでしょう。 そのようなときにおすすめなのが、EC物流のアウトソーシングです。 物流機能を外注すれば、在庫管理や出荷作業などのバックヤード業務の工数やコストを減らし、コア業務に集中することができます。

「受注スルー率」を高めて物流の工数を減らせる

「受注スルー率」とは、商品の注文を受けてから出荷するまでの各工程のうち、無人化・自動化に成功した割合のことです。 受注スルー率が高ければ高いほど、物流現場の工数が減少し、物流センターの負担を減らすことができます。 EC物流をアウトソーシングすれば、この受注スルー率を100%に近づけ、ほぼ全自動化することも不可能ではありません。 とくに梱包作業や出荷作業は工数がかかるため、アウトソーシングをするメリットが大きいのです。 物流コストの低下は人件費の抑制にもつながるため、コストの削減にもつながります。 「受注スルー率」とは、商品の注文を受けてから出荷するまでの各工程のうち、無人化・自動化に成功した割合のことです。 受注スルー率が高ければ高いほど、物流現場の工数が減少し、物流センターの負担を減らすことができます。 EC物流をアウトソーシングすれば、この受注スルー率を100%に近づけ、ほぼ全自動化することも不可能ではありません。 とくに梱包作業や出荷作業は工数がかかるため、アウトソーシングをするメリットが大きいのです。 物流コストの低下は人件費の抑制にもつながるため、コストの削減にもつながります。

「フルフィルメント比率」を下げてトータルコストを減らす

「フルフィルメント比率」とは、商品が顧客の手元に届くまでのあらゆるバックヤード業務にかかるコストのことです。 物流コストだけでなく、受注管理、顧客管理、入金管理のコストをすべて含みます。 ECサイトの中には、物流コストを減らそうとしてシステム改修を試み、かえってトータルコストが増えてしまったケースが少なくありません。 物流、受注管理、顧客管理、入金管理がシステム上で一気通貫し、 フルフィルメント比率を下げることができなければ、トータルコストは減少しません。 EC物流のアウトソーシングサービスは、受注管理システムや顧客管理システムと連動したものが大半です。 物流アウトソーシングをすれば、物流コストだけでなく、バックヤード業務全般のコストを減らせます。 

ECサイトの売上を増やすなら、まずは物流の効率化に取り組もう

今回は、ECサイトを運営するうえで「物流」が重要な3つの理由を解説しました。 ECサイトは、少量の商品を多数の消費者に向けて配送する「多品種少量」型のビジネスモデルです。 複雑な在庫管理や出荷作業が求められるため、物流現場の負担やコストが増加します。 ギフトサービスを提供する場合は、梱包やラッピング作業のウェイトも大きく、物流の効率化が欠かせません。 物流業務をアウトソーシングすれば、物流のノウハウがない方でも安心です。 「受注スルー率」と「フルフィルメント比率」を下げ、物流業務にかかる工数とコストを減らすことで、収益性が高いECサイトの運営が可能です。

RELATED POST