03-5148-9633
事業の成功と売上の最大化を実現!

ECリプレイスするなら今がチャンス!

D2C・リピート通販向けECプラットフォーム「W2 Repeat」シリーズへのリプレイスを対象とした、ECサイトのリニューアル後の売上アップを保証する特別キャンペーンを実施中!

詳しくはこちら
ECお役立ち情報
ECノウハウ

ネットショップ運営業務とは?業務内容から必要なスキル、業務の効率を紹介

サイト運用

ネットショップは、近年ますます市場規模を拡大しています。それに伴い、ネットショップ運営業務の需要も高まっています。

ネットショップ業務は、商品調達、商品掲載、顧客対応、注文処理、発送業務、在庫管理、マーケティング、SEO対策など、多岐にわたります。これらの業務を分担して担当するチーム制を採用していることが多いですが、規模によっては一人で複数の業務を兼任することもあります。

本記事では、ネットショップの業務内容から必要なスキル、業務の効率化について紹介します。


W2は、「ECサイト/ネットショップ/通販」を始めるために必要な機能が搭載されているシステムを提供しています。 数百ショップの導入実績に基づき、ECサイト新規構築・リニューアルの際に事業者が必ず確認しているポイントや黒字転換期を算出できるシミュレーション、集客/CRM /デザインなどのノウハウ資料を作成しました。無料でダウンロードできるので、ぜひ、ご活用ください!

\成功しているEC事業者が確認している資料/30秒で業界No.1資料を無料ダウンロード

※本資料は上記バナーからのみダウンロードできます。

目次
  1. 01|ネットショップの業務内容
    1. 1.商品掲載
    2. 2.顧客対応
    3. 3.注文処理
    4. 4.発送業務
    5. 5.在庫管理
    6. 6.マーケティング
    7. 7.SEO対策
  2. 02|ネットショップ運営担当者の1日の流れ
  3. 03| ネットショップ業務の効率化・最適化
  4. 04|まとめ

ネットショップの業務内容

ネットショップの運営業務は7つほどに分けることができます。

1.商品掲載

商品掲載は、ネットショップにおいて顧客の購買意欲を高め、売上向上につなげる重要な要素です。単に商品情報を羅列するだけでなく、顧客にとって魅力的なページを作ることで、商品の特徴や価値を効果的に伝えることができます。商品ページには、以下の要素を盛り込みましょう。

  • 商品画像:目立つ位置に配置し、拡大表示が可能
  • 商品名:分かりやすく表示
  • 価格:税込み価格、送料込み価格であることを明記
  • レビュー:商品を購入した顧客からのレビューを掲載

ターゲット顧客を意識し、視覚的に訴求する、分かりやすく丁寧な文章、顧客の声を活用する、関連商品を表示する、モバイル端末にも対応するなどのポイントを意識することで、顧客を魅了する商品ページを作ることができます。

2.顧客対応

顧客対応は、ネットショップの運営業務において顧客との信頼関係を築き、リピーターを増やすために非常に重要な要素です。顧客からの問い合わせやクレームに迅速かつ丁寧に対応することで、顧客満足度を高めます。顧客対応においては、以下の点を意識することが重要です。

  • 迅速さ: 顧客からの問い合わせやクレームを放置や後回しにしないこと
  • 丁寧さ: 顧客の話を最後までしっかりと聞き、共感を示すこと
  • 正確さ: 誤った情報を提供し、顧客の信頼を失わないこと

また、顧客対応は、決して楽な仕事ではありません。しかし、顧客との良好な関係を築き、売上向上に貢献できるというやりがいがある仕事です。顧客対応に力を入れ、顧客満足度を高めることが大切です。

3.注文処理

注文処理は、ネットショップの運営業務において顧客からの注文を受け付け、商品を発送するまでの業務です。正確かつ迅速な処理は、顧客満足度の向上と円滑な業務運営にとって非常に重要です。

注文処理の基本的な流れ

  • 注文受付
  • 注文確認
  • 入金確認
  • 在庫確認
  • 商品取り寄せ
  • 梱包
  • 発送
  • 発送伝票発行
  • 発送完了処理

注文処理は、ネットショップの運営において重要な業務です。効率化と顧客満足度向上の両立を意識することで、円滑な業務運営と顧客満足度の向上を実現することができます。

注文処理は、単なる事務作業ではなく、顧客との信頼関係を築く重要な機会です。丁寧な作業と迅速な対応を心がけましょう。

4.発送業務

発送業務は、ネットショップの運営において顧客に商品を届ける重要な業務です。迅速かつ丁寧な発送は、顧客満足度の向上につながります。

発送業務の基本的な流れ

  • 梱包
  • 発送伝票の発行
  • 発送

効率化と顧客満足度向上の両立を意識することで、円滑な業務運営と顧客満足度の向上を実現することができます。発送業務は、単なる事務作業ではなく、顧客との信頼関係を築く重要な機会です。丁寧な作業と迅速な対応を心がけましょう。

5.在庫管理

在庫管理は、ネットショップ運営において商品を適切な量で保有し、在庫切れや過剰在庫を防ぐために欠かせない重要業務です。適切な在庫管理を行うことで、顧客満足度の向上、コスト削減、利益の最大化を実現することができます。在庫管理の基本的な考え方は、以下の3つです。

  • 必要なものを、必要な時に、必要な量だけ持つ
  • 在庫切れと過剰在庫の両方を防ぐ
  • 在庫コストを最小限に抑える

適切な在庫管理を行うことで、顧客満足度の向上、コスト削減、利益の最大化を実現することができます。在庫管理は、単なる事務作業ではなく、顧客満足度と利益を左右する重要な戦略です。常に在庫状況を把握し、適切な管理を行いましょう。

6.マーケティング

ネットショップ運営において、顧客を獲得し、売上を向上させるためには、適切なマーケティング戦略が必要です。マーケティングは、商品やサービスの価値を顧客に理解してもらい、購買意欲を高めるための活動です。

マーケティングは、ネットショップ運営において非常に重要な要素です。顧客のニーズを理解し、効果的なマーケティング戦略を立てることで、顧客を獲得し、売上を向上させることができます。

マーケティングは、単なる宣伝活動ではなく、顧客との信頼関係を築き、長期的なビジネス関係を構築するための活動でもあります。顧客を第一に考え、顧客満足度向上を常に意識することが重要です。

7.SEO対策

ネットショップ運営において、顧客を獲得し、売上を向上させるためには、検索エンジンで上位表示されることが重要です。検索エンジンで上位表示されるためには、SEO対策と呼ばれる施策が必要です。

SEO対策とは、検索エンジンに対して自サイトが検索結果にふさわしいものであることを示し、上位表示を獲得するための対策です。具体的には、以下の要素を最適化することで、検索エンジンからの評価を高めることができます。

  • コンテンツ
  • 技術的な対策

SEO対策は、ECサイト運営において非常に重要な要素です。上記のような対策を継続的に行うことで、検索エンジン上位表示を獲得し、顧客獲得や売上向上に繋ります。

ネットショップ運営担当者の1日の流れ

ネットショップ運営担当者の1日の流れは、ショップの規模や業務内容によって異なりますが、一般的には以下のような流れになります。

午前

9:00-10:00: メールチェック、顧客からの問い合わせ対応
10:00-12:00: 商品管理(新規商品登録、既存商品の情報更新、在庫管理)
12:00-13:00: 昼休憩

午後

13:00-15:00: 注文処理(入金確認、発送準備)
15:00-16:00: マーケティング活動(SEO対策、広告運用、SNS運用など)
16:00-17:00: 報告書作成、業務振り返り

その他

  • 商品撮影
  • 顧客対応(電話、メール、チャットなど)
  • 倉庫作業(商品検品、梱包、発送)
  • 経理処理
  • 会議への出席

※ 上記はあくまで一例であり、実際の業務内容はショップによって異なります。

以下は、ネットショップ運営担当者が1日の業務を効率化するために意識すべきポイントです。

  • タスク管理ツールを活用する
  • マニュアルを作成する
  • 外部委託を活用する
  • 定期的に業務を見直す

ネットショップ運営は、様々な業務をこなす必要があり、大変な仕事ですが、やりがいのある仕事でもあります。

ネットショップ業務の効率化・最適化

ネットショップ業務を効率化・最適化するために、以下の方法があります。

  • 業務の自動化
  • 業務の分業化
  • ツールの活用

業務の自動化
業務の自動化とは、RPAやAIなどの技術を活用して、人手による作業を自動化することです。業務の自動化を行うことで、人手や時間を削減し、業務の効率化を図ることができます。

例えば、受注管理・顧客対応では、自動応答システムやチャットボットを活用することで、顧客からの問い合わせやクレームに迅速に対応することができます。また、出荷では、自動梱包システムや配送システムを活用することで、出荷作業の効率化を図ることができます。

業務の分業化
業務の分業化とは、複数人で業務を分担して行うことです。業務の分業化を行うことで、対応のスピードや質を向上させ、業務の効率化を図ることができます。

例えば、受注管理・顧客対応では、受注処理や問い合わせ対応など、業務内容ごとに担当者を分担することで、対応のスピードや質を向上させることができます。また、出荷では、梱包や発送作業など、業務内容ごとに担当者を分担することで、業務の効率化を図ることができます。

ツールの活用
ツールの活用とは、業務をサポートするツールを活用することです。ツールを活用することで、業務の効率化や品質向上を図ることができます。

例えば、受注管理・顧客対応では、受注管理システムやCRMシステムを活用することで、受注情報や顧客情報を一元管理し、業務の効率化を図ることができます。また、在庫管理では、在庫管理システムを活用することで、在庫状況をリアルタイムで把握し、業務の効率化を図ることができます。

ネットショップ業務を効率化・最適化するために、これらの方法を組み合わせて活用することが効果的です。

上記の方法以外にも業務を効率化する方法としてネットショップ構築サービスのリプレイスという方法もあります。
以下の記事では業務効率化におすすめのネットショップ構築サービス15選をご紹介しています。
この機会にぜひご覧になられてはいかがでしょうか。

【2024年最新】おすすめネットショップ構築サービス15選比較!基礎知識や選定基準も解説!

\費用面・機能面・サポート面/
10秒で資料を無料ダウンロード

まとめ

改めて、本記事のポイントをまとめます。ネットショップ運営担当者が1日の業務を効率化するために以下のことを意識するとよいでしょう。

  • タスク管理ツールを活用する
  • マニュアルを作成する
  • 外部委託を活用する
  • 定期的に業務を見直す

ぜひ本記事の内容を参考に、ネットショップ業務の効率化が推進していただければと思います。

なお、カートシステムの都合により自由に施策が打てなかったり、業務を効率化できなかったりする場合、システムを乗り換えることで大幅に成果を改善できるケースがあります。

また、下記の資料では、EC事業において、業務リソースが不足する原因や、業務を効率化する4つの方法についてご紹介します。
無料ダウンロードできますので、是非ご活用ください。

売れる
ECサイト構築なら

「W2」は各業界に特化したECカートシステムを提供。
各業界の大手企業からスタートアップまで幅広く導入いただいており、
売上アップとコスト削減を同時に実現することで、お客様のEC事業拡大をサポートします。

  • サイト数の数字

    導入実績のある
    サイト数

  • 機能数の数字

    売上を上げるための
    機能数

  • 売上成長率の数字

    導入ショップ平均の
    売上成長率

  • 工数削減の数字

    業務効率化による
    工数削減

USEFUL INFORMATION

その他お役立ち情報

SEMINAR
セミナー
W2ではパートナー企業やクライアント企業をゲストにコマースを加速させるセミナーを開催しています。
2024.04.15 セミナー EC事業者必見! 本当にあった自社ECサイト構築とInstagram集客のしくじり事例一挙公開! 2024.02.02 セミナー 【アーカイブ配信】EC事業の天井を打ち壊せ!年商1,000万から「億越え」の世界に到達するためのTIPS大公開!! 2024.01.22 セミナー 【アーカイブ配信】ここでしか聞けないECサイト構築しくじり事例を20個一挙解説 ~ 20のしくじり事例から導かれるEC成功の秘訣とは?~ 2024.01.16 セミナー ECを始めるなら? オープンソース型EC VS ASP型EC  抑えておくべき5つの検討ポイント 2024.01.15 セミナー 【アーカイブ配信】1年で売り上げ10倍!? 食品ECの新規顧客獲得施策3選! 2023.12.29 セミナー EC専業19年目のW2が2024年のECトレンドTOP3を徹底予測! 今後の最重要キーワードとは!? 2023.12.29 セミナー ECサイトを新規立ち上げたい企業が陥りがちな「3つの落とし穴」とは? 新規立ち上げを成功させるポイントも一緒に解説! 2023.12.22 セミナー 【アーカイブ配信】大手通販事業者の導入実績多数! 定期通販特化型ECプラットフォーム『W2 Repeat』紹介 2023.12.13 セミナー EC事業の天井を打ち壊せ!年商1,000万から「億越え」の世界に到達するためのTIPS大公開!! 2023.12.11 セミナー 30分でわかる! 1年で売り上げ10倍!? 食品ECの新規顧客獲得施策3選!
USEFUL DATA
お役立ち資料
W2ではEC構築、運用で役立つ資料を配布しています。
資料請求
W2のサービス資料をダウンロードできます。
ECサイトの新規構築~リニューアルをご検討の方はぜひご一読ください。
ご相談・お問い合わせ
お客様のEC事業における課題解決をサポートします。
お気軽にご相談ください。