03-5148-9633
事業の成功と売上の最大化を実現!

ECリプレイスするなら今がチャンス!

D2C・リピート通販向けECプラットフォーム「W2 Repeat」シリーズへのリプレイスを対象とした、ECサイトのリニューアル後の売上アップを保証する特別キャンペーンを実施中!

詳しくはこちら
ECお役立ち情報
ECノウハウ

ECサイトとリアル店舗の連携を成功させるための3つのポイント

EC構築

ECサイトとリアル店舗を連携させ、売上を伸ばしているアパレル事業者が増えています。
とはいえ、どのように連携すればいいか悩む方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、「ECサイトとリアル店舗の連携を成功させる3つのポイント」を紹介します。

このように複数のチャネルを活用して販売促進につなげることを「オムニチャネル」と呼びます。
オムニチャネルという言葉はかなり前から存在し、小売業界に従事する方なら必ず聞いたことがあるワードだと思います。

ただ、色々と新しい概念や認識も時代や技術の進歩とともに変わってきているところもあります。
そこで、改めて「【成功事例付き】オムニチャネルの重要性と手法を徹底解説」として、オムニチャネルの重要性や成功事例などをまとめました。


W2は、「ECサイト/ネットショップ/通販」を始めるために必要な機能が搭載されているシステムを提供しています。 数百ショップの導入実績に基づき、ECサイト新規構築・リニューアルの際に事業者が必ず確認しているポイントや黒字転換期を算出できるシミュレーション、集客/CRM /デザインなどのノウハウ資料を作成しました。無料でダウンロードできるので、ぜひ、ご活用ください!

\成功しているEC事業者が確認している資料/30秒で業界No.1資料を無料ダウンロード

※本資料は上記バナーからのみダウンロードできます。

目次
  1. 01|ECサイトとリアル店舗の連携を成功させる3つのポイント
    1. ECサイトとリアル店舗のシナジーを意識する
    2. 顧客情報とポイントシステムの連携が最初の1歩
    3. 「WEBで注文し、店舗で受け取る」という選択肢を作る
  2. 02|ECサイトを運営しながらリアル店舗を持つ3つのメリット
    1. 実際に商品を手で触れることができる
    2. 顧客との接点を持つことができる
    3. その場での商品受け取りが可能になる
  3. 03|リアル店舗を運営しながらECサイトを持つ3つのメリット
    1. ECサイトからの新たな顧客の流入を期待できる
    2. ストレスフリーな店舗作りが可能
    3. 欠品による機会損失を防ぐ
  4. 04|ECサイトとリアル店舗を連携するなら「ショールーミング」対策をしよう
  5. 05|まとめ:ネットショップと実店舗の連携で売上拡大を目指そう

ECサイトとリアル店舗の連携を成功させる3つのポイント

ECサイトとリアル店舗の連携を成功させるポイントは3つあります。

ECサイトとリアル店舗をばらばらに運営するのではなく、リアル店舗のためにECサイトを活用し、ECサイトの欠点をリアル店舗で補う視点が必要です。

まずは顧客情報とポイントシステムの連携から始め、ECサイト・リアル店舗の両方で決済・商品受け取りができる状態を目指しましょう。

ECサイトとリアル店舗のシナジーを意識する


ECサイトとリアル店舗にはそれぞれメリットがあります。

ECサイトには、スマホやタブレットを通じ、さまざまな商品を「いつでも・どこでも」閲覧・購入できるというメリットがあります。

一方、リアル店舗には商品の実物を店頭で触り、購入後はその場で持ち帰ることができるというメリットがあります。

それぞれのメリットを活かし、シナジーを得られるような仕組み作りを意識しましょう。

たとえば、消費者が商品を探すためのインフラとしてECサイトを積極的に活用し、商品の販売や顧客へのアプローチは、顧客との1対1でのコミュニケーションが可能なリアル店舗に注力するという考え方があります。

このモデルケースでは、ECサイトという間口を通じて潜在的顧客を集めつつ、リアル店舗の接客力と情報発信力で商品購入につなげることができます。

ECサイトとリアル店舗の壁をなくし、それぞれの強みを活かす方法を考えるのが大前提です。

顧客情報とポイントシステムの連携が最初の1歩


最初に着手したいのが、ポイントシステムを連携し、ECサイト・リアル店舗のどちらでもポイントが溜まるような仕組みを整えることです。

せっかく商品を購入してもポイントが貯まらないのでは、消費者の購買意欲が削がれてしまいます。

また、ECサイトとリアル店舗の顧客情報を連携し、それぞれで購入履歴を閲覧できるようにしましょう。

顧客側はリアル店舗の購入履歴をスマホやタブレットなどで確認できるため、より利便性が増します。

店舗側はECサイトの購入履歴をチェックすることで、よりパーソナライズされた接客が可能です。

ポイントシステムについては下記記事で詳しく解説しているので、併せてご活用ください。

ポイント管理システムで顧客サービス向上による売上アップを目指すには?

「WEBで注文し、店舗で受け取る」という選択肢を作る


最近注目を集めているのが、商品の決済はECサイト側で行い、受け取りそのものは店舗側で行う仕組みです。

自宅での受け取りしかできないと、不在時は商品を受け取れず、再配達になってしまいます。

せっかく当日発送・翌日配送を実現しても、カスタマー側が商品を受け取れず、顧客満足度の上昇につながりにくくなるケースがあります。

とくに20代の購買層はECサイトの利用者が多い一方で、平日の日中は仕事で在宅していないことも少なくありません。

「WEBで注文して、店舗で受け取る」という仕組みを作ることで、ユーザーの商品受け取りの選択肢が増え、結果として顧客満足度の上昇につながります。

消費期限が短い食品などを購入した場合でも、リアル店舗があれば早めの受け取りが可能です。

ECサイトを運営しながらリアル店舗を持つ3つのメリット

すでにECサイトを運営している人が、リアル店舗を持つメリットは何でしょうか。

ECサイトとリアル店舗を同時運営すれば、ECサイトにはない強みを取り入れることが可能です。

実際に商品を手で触れることができる


ECサイトは「いつでも・どこでも」商品を購入できる一方で、実際に商品を手にとることができません。

とくにアパレル商品などは実物を見たい人が多く、試着や商品確認の需要が高いです。

ECサイトと連動してリアル店舗を保有すれば、ECサイト側で見つけた商品をリアル店舗側で確認することができるため、こうしたニーズに対応することができます。

顧客との接点を持つことができる


リアル店舗の最大の強みが、顧客と1対1でのコミュニケーションが可能な点です。

店頭での接客や情報発信を行えば、顧客一人ひとりに合わせて最適化したマーケティングが可能です。

ECサイトで商品を見つけた段階ではまだ悩んでいても、店員による対面接客が後押しとなって、商品の購入に踏み切ってくれる顧客も少なくありません。

ECサイトだけでは、一方的で画一的なコミュニケーションになりがちです。

リアル店舗を保有することで、店員によるきめ細やかなサポートを提供でき、よりパーソナライズされた接客が可能です。

その場での商品受け取りが可能になる


ECサイトの場合、商品の購入から自宅への配送までにタイムラグが発生します。

最近は、当日発送・翌日配送のECサイトも増えてきました。

しかし、配達当日に在宅していなければ再配達になり、結果として商品を手に取るまで時間がかかってしまいます。

ECサイトとリアル店舗を同時運営すれば、ECサイトで注文した商品をすぐにリアル店舗で受け取ることができ、このタイムラグを解消できます。

リアル店舗の近くで用事があるときに立ち寄って商品を受け取るなど、スキマ時間を有効活用することも可能です。

店舗側としても、商品を発送する手間とコストを削減できるため、双方に大きなメリットがあります。

リアル店舗を運営しながらECサイトを持つ3つのメリット

すでにリアル店舗を運営している人も、ECサイトを保有すると顧客獲得がしやすくなるでしょう。

また、よりストレスフリーな店舗作りが可能になるだけでなく、商品の在庫がなかった際の機会損失を防ぐこともできます。

ECサイトからの新たな顧客の流入を期待できる


ECサイトには、スマホやタブレットを通じ、「いつでも・どこでも」商品の閲覧や購入ができるというアドバンテージがあります。

とくに20代の若者はECサイトの利用者が多いため、これらの購買層へアプローチしたい実店舗の運営者は、ECサイトの保有を検討してみましょう。

ECサイトと連動し、来店時にしか得られない特典や、イベントやセールなどの情報を発信すれば、ECサイトの利用者に実店舗へ足を運んでもらうことも可能です。

ストレスフリーな店舗作りが可能


リアル店舗でのストレスの原因となるのが、レジに並ぶ長蛇の列です。

レジが混雑していると、会計時に時間がかかってしまい、諦めて途中で帰ってしまう顧客も少なくありません。

しかし、実店舗とECサイトを同時保有すれば、会計処理そのものはECサイト上で行い、商品の受け取りのみ実店舗で行うことも可能です。

レジ待ちをする必要がなく、商品の購入にかかる手間を従来よりも短縮できるため、顧客満足度が上がって次回以降のリピートにつながります。

欠品による機会損失を防ぐ


リアル店舗によくある悩みが、「問い合わせをもらったのに肝心の商品在庫がなかった」「別の店舗には在庫があるが、取り寄せを行うと時間がかかる」といったケースです。

欠品が生じると、その分の商品を買ってもらえなくなって、機会損失になってしまいます。

どれほど在庫管理を徹底していても、店舗に保管できる在庫には限りがあります。当日の売れ行き次第では、欠品が発生してしまうこともありえます。

しかし、リアル店舗とECサイトを同時に運営していれば、リアル店舗で欠品が生じても、その場ですぐにECサイトでの購入を提案することができます。

店舗間での取り寄せと違い、ECサイトを経由した小口配送なら、当日発送・翌日配送も十分に可能です。

リアル店舗にはない商品も購入してもらえるのが、ECサイトを保有する最大のメリットの1つです。

ECサイトとリアル店舗を連携するなら「ショールーミング」対策をしよう

ECサイトとリアル店舗を同時に運営する場合、「ショールーミング」に注意が必要です。

「ショールーミング」とは、自社のリアル店舗では商品の試着や確認のみが行われ、商品の購入は別のECサイトなどで行われることを意味します。

自社の売り上げには一切つながらないため、店舗経営者はショールーミング対策を行い、なるべく自社の商品を買ってもらうよう努める必要があります。

もちろん、リアル店舗だけでなくECサイトを保有しているなら、リアル店舗で確認した商品を自社のECサイトで買ってもらうことも可能です。

しかし、同じ商品を取り扱うECサイトは数多く存在します。

最終的に自社のECサイトで商品を購入してもらうためには、他社ではなく自社のサイトで購入するメリットを顧客に理解してもらわなければなりません。

そこで注目を集めているのが、リアル店舗でバーコードを配布し、後からアプリなどでスキャンするだけで購入できる仕組みです。

リアル店舗では購入するか決めきれず、家に帰ってからじっくり考えたいという人もいます。

そうした方にバーコードを配布すれば、決心が固まったときにスムーズに購入してもらえます。

バーコードに割引クーポンのような機能をもたせれば、他社にはない特典を付与することもできます。

リアル店舗とECサイトを同時に運営する場合は、ショールーミングで終わらないよう、自社の商品を買ってもらう仕組みを作ることが大切です。

まとめ:ネットショップと実店舗の連携で売上拡大を目指そう

改めて、「ECサイトとリアル店舗の連携を成功させる3つのポイント」をまとめます。

  1. ECサイトとリアル店舗のシナジーを意識する
  2. 顧客情報とポイントシステムを連携させる
  3. 「Webで注文し、店舗で受け取る」という選択肢を作る

ぜひ本記事の内容を参考に、オムニチャネル化を進めてみてください。

本資料では、オムニチャネルの成功事例や戦略などを紹介しています。資料は無料でダウンロードできるので、ぜひご一読ください。

売れる
ECサイト構築なら

「W2」は各業界に特化したECカートシステムを提供。
各業界の大手企業からスタートアップまで幅広く導入いただいており、
売上アップとコスト削減を同時に実現することで、お客様のEC事業拡大をサポートします。

  • サイト数の数字

    導入実績のある
    サイト数

  • 機能数の数字

    売上を上げるための
    機能数

  • 売上成長率の数字

    導入ショップ平均の
    売上成長率

  • 工数削減の数字

    業務効率化による
    工数削減

USEFUL INFORMATION

その他お役立ち情報

SEMINAR
セミナー
W2ではパートナー企業やクライアント企業をゲストにコマースを加速させるセミナーを開催しています。
2024.04.15 セミナー EC事業者必見! 本当にあった自社ECサイト構築とInstagram集客のしくじり事例一挙公開! 2024.02.02 セミナー 【アーカイブ配信】EC事業の天井を打ち壊せ!年商1,000万から「億越え」の世界に到達するためのTIPS大公開!! 2024.01.22 セミナー 【アーカイブ配信】ここでしか聞けないECサイト構築しくじり事例を20個一挙解説 ~ 20のしくじり事例から導かれるEC成功の秘訣とは?~ 2024.01.16 セミナー ECを始めるなら? オープンソース型EC VS ASP型EC  抑えておくべき5つの検討ポイント 2024.01.15 セミナー 【アーカイブ配信】1年で売り上げ10倍!? 食品ECの新規顧客獲得施策3選! 2023.12.29 セミナー EC専業19年目のW2が2024年のECトレンドTOP3を徹底予測! 今後の最重要キーワードとは!? 2023.12.29 セミナー ECサイトを新規立ち上げたい企業が陥りがちな「3つの落とし穴」とは? 新規立ち上げを成功させるポイントも一緒に解説! 2023.12.22 セミナー 【アーカイブ配信】大手通販事業者の導入実績多数! 定期通販特化型ECプラットフォーム『W2 Repeat』紹介 2023.12.13 セミナー EC事業の天井を打ち壊せ!年商1,000万から「億越え」の世界に到達するためのTIPS大公開!! 2023.12.11 セミナー 30分でわかる! 1年で売り上げ10倍!? 食品ECの新規顧客獲得施策3選!
USEFUL DATA
お役立ち資料
W2ではEC構築、運用で役立つ資料を配布しています。
資料請求
W2のサービス資料をダウンロードできます。
ECサイトの新規構築~リニューアルをご検討の方はぜひご一読ください。
ご相談・お問い合わせ
お客様のEC事業における課題解決をサポートします。
お気軽にご相談ください。