成功ノウハウ

【効率化/コスト削減】物流をアウトソーシングしたい!メリット・デメリット・選び方

【効率化/コスト削減】物流をアウトソーシングしたい!メリット・デメリット・選び方

これまでECサイトを運営してきたものの、梱包や配送の手間が増えて困っている企業は多いでしょう。

物流をアウトソーシングするのはひとつの解決法です。

アウトソーシングにはメリットとデメリットの両方があるので、依頼する前にしっかり調べておくことが大事です。

この記事では物流をアウトソーシングするメリットとデメリットのほか、業者選びのコツも紹介します。

「自社物流」のデメリットや困ること

まずは何より「負担の大きさ」です。

自社で物流を担っていると人手や時間がそちらに割かれます。

サイト運営に集中できなくなり、利益につながる業務へと集中できなくなるのです。

また、「コスト」も無視できません。

物流をまわしていくには相応の人件費がかかります。

商品を保管するためのスペースも確保しなければならないので、そのレンタル料も発生します。

物流の手間が大きくなっていくと、業務が雑になることも珍しくありません。

その結果、ミスが多発すれば顧客からのクレームを招きます。

在庫数が合わなかったり、発送が遅れたりするのはECサイトとして致命的で社会的信用も失墜するでしょう。

物流に関するトラブルを防ぐには、アウトソーシングを検討することが大切です。

事業が軌道に乗ってきたなら、なおさら効率的な手段で商品を扱いましょう。

【読者限定】ECノウハウ資料プレゼント中‼

この記事を読んでいる方限定に、

EC関連の売れるノウハウ資料プレゼント中‼

詳細はこちら

物流アウトソーシングとは?何をしてくれるの?

簡潔にいうと、物流アウトソーシングとは「物流業務をすべて外部委託してしまうこと」です。

企業やサービス内容によって詳細は変わるものの、物流に関する作業を外部に任せられるので、自社では別の作業に集中できます。

たとえば入庫作業や検品といった、時間のかかる作業を自社で行う必要はなくなります。

さらに商品を安全に保管し、必要に応じてピッキングする作業などからも解放されるでしょう。

梱包から発送、輸送までも外部が担ってくれます。

物流を外注・委託するメリット

アウトソーシングが注目されるようになったのは、企業にとって大きなメリットがあるからです。

費用面だけでなく、企業を成長させていくためにもアウトソーシングは大きな役割を果たします。

以下、具体例を挙げていきます。

業務効率化でコア業務への集中が可能

第1に「業務効率化」です。

物流を自社の従業員に任せていると、その分、他の部門に労力を割けなくなります。

しかも物流担当者が、その道の専門家とも限りません。

自然とミスが多くなったり、作業に時間がかかったりします。

そうなれば、顧客満足度の低下といった問題も招きます。

従業員の能力が短期間で向上するとは限らないため、自社の利益が損失するリスクが高まるのです。

外部委託をすれば、物流にまつわる作業全体がスムーズになるでしょう。

第2に「コア業務への集中」が挙げられます。

本来、企業がもっとも注力したいのは「マーケティング」「商品開発」といった、利益に直結する部門です。

物流の手間を省くことで、コア業務に人員を割くことができ、事業を加速させられます。

売上が停滞していた企業の打開策としても、物流のアウトソーシングは効果的だといえます。

品質の向上

物流のアウトソーシングを引き受けている企業は、梱包や配送についてのノウハウを持ち合わせています。

こうした企業が集中して業務にあたるので、自社で行うよりも丁寧な仕事が実現します。

ミスも減るので、クレーム対策にもなりえるでしょう。

こうして物流品質が改善されていくと、リピーターも増えていきます。

消費者は丁寧かつ素早い発送作業を求めているため、物流が改善されると満足度を向上させるからです。

「遅い」「間違いがあった」という消費者の感想は、SNSや口コミサイトで拡散されかねません。

いかに忙しくても、消費者目線は無視できないポイントです。

物流を速やかにしていくには、従業員を教育するという手もあります。

ただしこの方法では時間がかかるうえ、教育のコストも安くありません。

物流アウトソーシングのプロに任せれば、質の高い仕事へとすぐに切り替えられます。

固定費のリスク回避

自社で倉庫を持っている場合、当然ながら年間の固定費が発生します。

契約料はもちろん、光熱費などの経費が別にかかってくるケースも少なくありません。

見合っただけの利益があるのなら、固定費も一概に負担とはいい切れないでしょう。

ただし繁忙期ならともかく、閑散期で売上が落ちたときに固定費を支払い続けるのは痛手です。

物流アウトソーシングをすれば固定費が変動費に変わり、閑散期だとコストも安くなるので経済的に物流をまわしていけるのです。

コスト削減

物流では倉庫のほか、トラックなどの車両を管理する費用も莫大になりがちです。

さらに、倉庫の作業員やドライバーなど、さまざまな役割の人材を雇わなくては、物流は循環しません。

これらの人件費も決して安くはないといえます。

アウトソーシングすれば、これらのコストを自社で払い続けることはなくなるでしょう。

また自社でノウハウのないまま物流を担っていると、コストが不明確になる問題も生じていました。

何にどれだけのコストが集中しているのか、把握するだけのスキルがないので業務を改善しようにも的確な方法が思い浮かばないパターンです。

物流のプロフェッショナルは管理システムも所持しているため、作業にかかるコストを細かい部分まで把握しています。

人件費や梱包資材、車両のガソリン代まで可視化できる状態が整っています。

コストを明確化させたいときにもアウトソーシングが得策です。

物流をアウトソーシングするデメリット・注意点

基本的にはコスト削減、業務効率化などのメリットがあるものの、アウトソーシングにはデメリットも含まれています。

それを無視して契約してしまうと、後から問題が出てくることも珍しくありません。

以下、物流アウトソーシングのデメリットを挙げていきます。

自社物流のような柔軟な対応ができない

他社に作業を任せている以上、ユニークなアイデアを思いついてもすぐには実行できません。

たとえば、梱包用紙のデザインを変えたり、同梱物にノベルティを加えたりするなどの企画を通すまでに時間がかかります。

業者によっては、難色を示す場合もあるでしょう。

いうまでもなく、「まったく取り合ってくれない」わけではありません。

企画意図を伝え、丁寧に方法を説明すれば柔軟に対応してくれる企業もあります。

ただしそれらの説明にかける時間が無駄になることも多く、スピード感は落ちてしまいます。

さらにコストの問題も見逃せません。

外部業者には外部業者ならではのノウハウがあるので、それを変更するのには費用と手間がかかります。

そのため自社のアイデアを通そうとすれば、別途でオプション料金をとられることもありえるでしょう。

物流まわりがブラックボックス化するおそれ

アウトソーシングは自社の従業員を教育するという側面で、それほど効果がないといえます。

物流アウトソーシングでは、特に倉庫の管理から梱包、発送作業まで、全面的に外部委託することも珍しくありません。

完全に外部頼みのシステムであるため、自社内に物流関連のノウハウが蓄積されなくなってしまいます。

万が一、外注先との契約が破棄されるなどのトラブルが起きた場合、物流が停滞することにもなりかねません。

そういった事態にならないよう、多くの物流アウトソーシングでは担当者同士のやりとりを密にして、業務内容を把握できるように努めています。

ただしアウトソーシングに慣れていない企業は、外注先とのやりとりを怠ってしまうこともあります。

また外注先の担当者が報告を頻繁にしてくれないようなら、ノウハウが共有されません。

自社の物流がどのようにまわっているのか分からないまま、仕事を進めなくてはならなくなるのです。

ユーザーとの距離が遠くなるおそれ

物流に加えて顧客管理やコールセンターも外部委託していると、消費者の意見が届きづらくなることもあります。

顧客と直接コミュニケーションをとる機会が減るので、生の意見を集めにくくなってしまいます。

そのため顧客の些細な不満を見逃してしまい、自社の欠点が放置される事態を招きかねません。

さらに物流を自社で行うからこそ、顧客との絆が強まる部分もあります。

顧客と気軽にやりとりができる環境があれば、ロイヤルティ育成に役立ちます。

 

ただしこうした問題は、外注先の協力によって解消が可能です。

仮に情報共有を積極的に行ってくれる企業へ外部委託できたなら、顧客の声も常に把握可能です。

業者を選定する際には注意したいポイントです。

物流をアウトソーシングして成功した事例

ある企業では物流に関して、メールで出荷指示が来るという問題を抱えていました。

担当者が忙しいとどうしてもメールを見逃してしまい、出荷が遅くなってしまっていたのです。

最悪の場合は、出荷指示そのものが放置されていました。

そこでアウトソーシングに踏み切ったところ、専門業者のノウハウによって漏れが減少しました。

さらに、業務が効率化されたうえ、固定費の節約にもつながっています。

別の企業では、物流担当者の教育に頭を抱えていました。

業務の流れが複雑化しすぎて、一部のベテラン従業員でなければ対応できなくなっていたのです。

そのため担当者によって、仕事の精度にバラつきが生じていました。

思い切ってアウトソーシングしてみたところ、いつ入庫作業や出荷作業が発生しても、高い精度が保たれるようになりました。

自社で従業員を教育する手間も減り、コストダウンの効果も生まれたのです。

業者を選ぶ際のポイント

アウトソーシングを引き受けている業者はたくさんあるので、どこに頼んでいいのか分からない担当者もいるでしょう。

以下、選定のポイントをまとめていきます。

規模感や要望を明確に

最初に自社の物流課題、アウトソーシングの目的を明確化します。

「時間がかかりすぎている」「ミスが多い」など、企業によって物流課題は異なります。

またアウトソーシングの目的も「人件費削減」「クレームの減少」など、さまざまです。

まずは自社がこれまで行ってきた業務を振り返り、客観的に状況を把握していくことが大事です。

そのうえで、出荷の多いサイズや出荷数もチェックしましょう。

これらの条件と企業の特徴を照らし合わせて、相性のいい外注先をリサーチします。

もしも特別な希望があるときも、選定段階でしっかり相手に伝えましょう。

ただし条件が多すぎると、絞り込みが困難です。

もっとも重要なポイントを把握するには、条件の優先順位もつけておきます。

以下、これらを踏まえながら、業者選定のポイントを解説します。

定額系orカスタム系

アウトソーシングは大きく「定額系」と「カスタム系」に分けられます。

それぞれメリットとデメリットがあるので、選定の基準にしましょう。

まず定額系は、取り扱う商品の個数に日数をかけて、保管料が決まる仕組みです。

すなわち、個数や日数が多くなれば料金も高くなります。

金額については融通が利きにくいものの、小規模からECサイトを始めるのであればコストが抑えられます。

一方、カスタム系は目的、業態に応じて柔軟に料金を決めてもらえる仕組みです。

業者とのやり取りを複雑になるので、担当者には相応の知識が求められます。

ただし、個数の割には安く済むなど、効率的にアウトソーシングを行えるのはメリットです。

最初は定額系から契約して、様子を見るのが得策です。

そのうえでサイトが成長して商品数が多くなってきたら、カスタム系に切り替えるなどして対応しましょう。

アウトソーシングの流れ

一般的には、まず「問い合わせ」から始めます。

リサーチを行った後で気になる業者に現状を伝え、回答を待ちます。

そうすれば、業者との「打ち合わせ」がセッティングされるでしょう。

ここで、より詳しい業務内容を業者に説明します。

その際は、「物流課題」「アウトソーシングの目的」などを整理してから伝えるのが得策です。

また、業者からもヒアリングされるので、自社の現状を資料にしておくと話し合いはスムーズに進むでしょう。

打ち合わせが終わったら、業者の「見積もり」を待ちます。

具体的にどの作業がどれくらいの費用になるのか、見積書を確認しながら再び話し合いをしましょう。

見積書には業者で取り扱いできる作業内容も詳しく書かれているはずです。

疑問点を解消し、納得ができたら「契約」をします。

アウトソーシングは原則的に業務委託契約となります。

必ず契約書を用意してもらい、双方で保管するようにしましょう。

その後は契約書に基づいた作業を、外注先に委託していきます。

事業が成長してきたらコア業務に集中できるようにしよう始めたばかりのECサイトであれば、自社で物流をまかなうことも可能です。

しかし、サイトが大きくなって受注が増えれば、物流がまわらなくなっていきます。

それ以外の作業に集中するためにも、アウトソーシングを検討しましょう。

物流のプロフェッショナルに委託すれば業務が効率化しますし、何よりもミスが減って安心です。

検討する中で、w2ソリューション株式会社はECサイト全般を手掛けているので、発送代行や倉庫内作業についても的確なアイデアを提供可能です。

まずは相談してみて発送代行についての提案を聞き、客観的にアウトソーシングの方向性を決めていくのがおすすめです。

RELATED POST