成功ノウハウ

ECサイトで商品が売れないときに見直す8つのポイントと対策

ECサイトで商品が売れないときに見直す8つのポイントと対策
ECサイトの運営において、商品が売れないことは死活問題です。

サイトの閲覧数はある程度高いのに、売上が上がらないというケースもあるでしょう。

そんなときは、ECサイトの運営方法やサイト全体のユーザビリティを見直す必要があります。

そこで今回は、ECサイトで商品が売れないときに見直すべきポイントを詳しく解説します。

どのように改善したらよいかわからないとお悩みの方は、ぜひ読んでみてください。

ECサイトで商品が売れない!?見直すべき8つのポイント

ECサイトで商品が売れないときに、見直すべきポイントは以下のとおりです。

  1. ECサイトが認知されているか
  2. 扱っている商品に「欲しい」と思えるような情報が付加されているか
  3. 商品の写真は載っているか・撮り方は工夫されているか
  4. 決済方法は充実しているか
  5. ユーザビリティを考えたサイト構築になっているか
  6. 追客の施策はできているか
  7. 競合他社との価格比較ができているか
  8. 運営が後手に回っていないか

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.ECサイトが認知されているか

そもそも、ECサイトがしっかりと認知されているかどうかはとても重要です。

ユーザーに認知されていなければ、ページを見ることすらしてもらえません。

宣伝や広告、SEO対策も含めて見直してみましょう。

2.扱っている商品に「欲しい」と思えるような情報が付加されているか

サイト上に商品を掲載するだけでは、売上は上がりません。

適切な説明文や写真などの情報があってこそ、ユーザーは「欲しい」と感じるのです。

また、Q&Aや口コミを掲載するなど、ユーザーの悩みや疑問を解消してあげることも大切です。

3.商品の写真は載っているか・撮り方は工夫されているか

せっかく商品を買いにきても、写真が1枚だけでは物足りないと感じるユーザーは多いでしょう。

また、本当によい商品なのかも判断できません。

さまざまな角度から撮影したり、使用している場面を掲載したりして、ユーザーへ最適なイメージを伝えましょう。

4.決済方法は充実しているか

決済方法が代金引換や銀行振込のみの場合、ユーザーは支払いに対して面倒臭さを感じてしまうかもしれません。 せっかく商品が欲しいと思っても決済方法の選択肢が不足していると、買うことをやめるユーザーもいます。 クレジットカード払いや電子マネー決済など、いくつかの方法を準備しておきましょう。

5.ユーザビリティを考えたサイト構築になっているか

ユーザビリティを考えたサイト構築とは、「全体的に見やすい」「支払いまでの導線がスムーズ」「余計なリンクで画面が邪魔されない」などを表します。

これらが自身のサイトに当てはまっているか確認しましょう。

6.追客の施策はできているか

一度利用してくれたユーザーに再度サイトを訪問してもらうことは、売上をアップするために重要です。

次回使えるクーポンの配布や、キャンペーンの案内などが計画的にできているか見直してみてください。

7.競合他社と価格比較ができているか

同じような商品を扱っている競合他社が自社の設定価格よりも安い金額で売っていた場合、よほどのブランド物でない限り安いほうへなびいてしまうでしょう。

市場調査を行い、競合他社と比べて明らかな価格の違いがないか確認することは重要です。

8.運営が後手に回っていないか

ECサイトの運営はスピーディーに行うことが大切です。

ホームページの作成が一部完了していなかったり、新商品の導入や販売に時間がかかっていたりすると、ユーザーは離れていってしまうでしょう。

【読者限定】ECノウハウ資料プレゼント中‼

この記事を読んでいる方限定に、

EC関連の売れるノウハウ資料プレゼント中‼

詳細はこちら

ECサイトの売上アップのためにできること

ECサイトの売上をアップさせるためには、上記のチェックで浮かびあがった課題を克服することが大切です。

下表で改善方法の参考例をまとめているので、確認してみてください。

ECサイトの売上アップのためにできること

ECサイトのリニューアルも検討してみる

ECサイトのリニューアルも検討してみる
改善のために行うべき施策が多すぎる場合は、ECサイトを思い切ってリニューアルするのもよいかもしれません。

そのほうが、逐一修正を行うより人的労力と時間的コストがかからない場合もあります。

リニューアルにもある程度の時間はかかりますが、迷っているよりは思い切ったほうが売上アップへの近道ともいえます。

ユーザー目線でECサイトを作り直し売上をアップしよう!

商品を買うかどうか決めるのは、一般のユーザーです。

売る側は商品の魅力をわかっているのですが、買う側はまだ何も知らない状態といえます。 

今回ご紹介したチェックポイントを参考に、ユーザーが「欲しい」と思える商品情報を提供できているか再確認しましょう。

RELATED POST