成功ノウハウ

ECサイトの運用におけるCMS活用のメリット

ECサイトの運用におけるCMS活用のメリット
ECサイトを構築する際は、サイト管理・更新に役立つシステム「CMS(Contents Management System)」を導入すると効率的です。

専門知識を必要とせず、決められた項目を埋めていくだけなので、サイト構築やデザインにかける時間・人件費を削減できます。 

誰でも簡単に見やすいサイトを作れるCMS。

ECサイトに導入することでどんな効果があるのか、また、導入前に気をつけておきたいことについてご紹介します。

ECサイトでのCMS活用の3つのメリット

CMSを導入するとどのようなメリットがあるのかを事前に確認しておきましょう。

メリットを知っておくことで、ECサイトにおけるCMSを最大限活用できます。

1. 専門知識不要でECサイトを構築

CMSでは、HTMLなどの専門性の高い知識がなくてもサイトを構築できます。

個人や小規模でECサイトを作る場合は、専用のデザイナーやプログラマーを見つけるのは簡単とは言えません。

そのうえ、粗末なサイトではユーザーからの信頼は得られず、売上アップは見込めないでしょう。

このようなシーンでCMSを導入すれば、専門知識がない方でもある程度整ったきれいなサイトを作ることが可能です。

操作方法も簡単なので、サイトリニューアルなどを行いやすいという点もあります。

2. 複数人で迅速にコンテンツを更新

ECサイトはリアルタイムなコンテンツ更新が重要です。

Webページを言語化している「HTML」で構築されたサイトであれば、コンテンツを更新する際にHTML内の言語を操作する必要があります。

その点、CMSは操作方法さえ共有していれば、誰でも簡単にコンテンツを更新できます。 

新規ページなどの作成も誰でも簡単に行えるため、サイトを充実させたいときにも便利です。

3. ECサイトに合わせて柔軟にカスタマイズ

CMSにはある程度テンプレートがありますが、それでもかなり柔軟にカスタマイズができます。

基本機能を利用するだけでも本格的なオリジナリティ溢れるサイトを作成できますが、「プラグインを追加する・専門知識を身につけて一からサイトを構築していく」などの利用方法もあります。

いずれにせよHTMLを利用してサイトを構築するよりも簡単にできるというのが大きなメリットでしょう。

【読者限定】ECノウハウ資料プレゼント中‼

この記事を読んでいる方限定に、

EC関連の売れるノウハウ資料プレゼント中‼

詳細はこちら

サイト構築だけでなくマーケティングにも役立つCMS

一般的に、サイトを構築するためにはHTMLやCSSといった専門的な知識が必要です。

その反面、CMSはもともと用意されたテンプレートの必要箇所に文字や画像などの情報を入力するだけなので、誰でも簡単にサイトを作れます。

シンプルなサイトから本格的なサイトまでバリエーションが豊富で、ニーズに合わせてサイトをカスタマイズできます。

また、サイト分析を行える機能のあるCMSを使えば、マーケティングにも役立ちます。 

ユーザーのニーズを把握し、サイトを最適化することで、アクセス数の増加や検索上位表示なども狙えます。

このように、CMSの導入はSEO対策としても有効といえるでしょう。

ECサイト運用でCMSを利用する際の3つの注意点

CMSをECサイト引用に取り入れる際には、注意すべき点が3つあります。

事前に注意点を確認しておき、あとから後悔することのないように気をつけましょう。

1. 制作費用が割高になる

CMSでサイトを作成すると、HTMLなどでサイトを作るよりも初期費用が割高になる可能性があります。

事前に初期コストを確認しておくことをおすすめします。

ただし、CMSによる業務の効率化・人件費の削減・ミスの削減などを考慮すれば、CMSによるメリットは決して小さくはありません。

初期費用を抑えたいのか、ランニングコストを抑えたいのか、ご自身に当てはまる方で選びましょう。

2. 基本操作の共有が必要

CMSはHTMLよりも簡単なシステムですが、全く知識のない方がすぐに習得できるとは言えません。

基本操作をしっかり理解したうえでサイトを構築することが必要です。

なお、CMSは何度か操作する内に慣れていくような簡単な作業がほとんどです。 

社員などに操作方法を共有するためにも、マニュアルを作成しておくと良いでしょう。

3. 例外ページの作成には要注意

CMSでは基本的にそのサイトのデザイン、テンプレートとは異なるページを制作することはできません。

CMSはそもそもページの一括管理が目的であるため例外的なコンテンツの作成には不向きです。 

キャンペーンのページなど、例外的なページを作成する場合は外注などの選択を検討する必要があります。

できるだけ例外ページを少なくしないと、HTMLの専門知識が必要となったり費用がかかったりと、却ってマイナスになる可能性もあります。

ECサイトの運用にCMSを取り入れましょう

今回は、ECサイトの運用に役立つCMSについてご紹介いたしました。

CMSは比較的簡単にサイトを構築できるシステムです。

CMSの基本的な作業を習得すれば、HTMLなどの知識がない方でもサイトを作ることが可能です。

特に、「小規模のECサイトを作りたい」「素早く簡単に更新できるECサイトにしたい」「複数人でコンテンツを更新していきたい」という場合にCMSは役立ちます。 

今後ECサイトの立ち上げを検討している方は、注意点などを参考にCMSの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

RELATED POST