お問い合わせ
03-5148-9633
事業の成功と売上の最大化を実現!

ECリプレイスするなら今がチャンス!

D2C・リピート通販向けECプラットフォーム「W2 Repeat」シリーズへのリプレイスを対象とした、ECサイトのリニューアル後の売上アップを保証する特別キャンペーンを実施中!

詳しくはこちら
プレスリリース

W2、スマレジとのシステム連携をオプション機能に追加 よりROIの高いECプラットフォームの実現を目指し、OMO・オムニチャネル対応のシステム構築を推進

目次
  1. 01|概要
  2. 02|システム連携の背景と狙い
  3. 03|高機能クラウドPOSレジ「スマレジ」について
  4. 04|システムのイメージ
  5. 05|W2が考えるユニファイドコマースについて
  6. 06|W2 Unified Commerceについて
  7. 07|OMO/オムニチャネル対応型総合ECプラットフォーム「W2 Unified」について

ECと実店舗POSレジ連携により、顧客情報・購入履歴・ポイント統合によるデータ活用に対応
 EC事業の「成功」にこだわる最先端ECプラットフォームを展開するW2株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:山田大樹、以下W2)は、株式会社スマレジ(大阪府大阪市、代表取締役:山本 博士、以下:スマレジ)が提供する高機能クラウドPOSレジ「スマレジ」とのシステム連携を行い、自社が提供するOMO/オムニチャネル対応型総合ECプラットフォーム「W2 Unified」に、新たにオプション機能として追加しますことをお知らせします。

概要

【対象サービス】
・OMO/オムニチャネル対応型総合ECプラットフォーム「W2 Unified」

【連携機能】
・高機能クラウドPOSレジ「スマレジ」

【機能概要】
 W2が提供するOMO/オムニチャネル対応型総合ECプラットフォーム「W2 Unified」に、高機能クラウドPOSレジ「スマレジ」が、新たにオプション機能として追加となりました。これにより「スマレジ」または「W2 Unified」をご利用の事業者様は、開発期間やコストを抑えて、OMO・オムニチャネル対応のインフラ構築をより手軽に取り組むことが可能となります。 「スマレジ」は基本的なPOSレジ機能はもちろん、リアルタイムな売上分析や高度な在庫管理など、従来のPOSレジシステムの枠を超えた新しいシステムです。
 今回のシステム連携により、「W2 Unified」をご利用の事業者様は、実店舗のPOSレジから得られるお客様の購買履歴や会員情報、ポイントデータ等を「W2 Unified」から管理できるようになります。オンラインとオフラインを合わせたマーケティング施策の全体像を把握しやすくすることはもちろん、より緻密なマーケティングアプローチをおこなうためのデータ活用に取り組んでいただけます。

【機能連携のメリット】

1.ECと実店舗のPOSレジの連携で、より緻密なマーケティングアプローチが可能に。
 「W2 Unified」と「スマレジ」の会員登録情報(会員情報・会員ランク・ポイント・ポイント履歴)や購入履歴、注文情報をリアルタイムで共有します。さらに「W2 Unified」の標準機能「ターゲットリスト機能」や「LINEミニアプリ」を活用いただくことで、より緻密なマーケティングアプローチが実現できます。

2. ECと実店舗との在庫確認が可能
 ECサイトの商品詳細ページに、店舗在庫表示用ボタンを表示させ、それを押すと別画面にて店舗在庫を表示させることができます。またECと実店舗の在庫を「W2 Unified」からご確認いただくことができます。

システム連携の背景と狙い

 私たちW2は、自社が掲げるステートメント「コマースを前へ、生活を前へ、世界を前へ」の実現を目指し、ユニファイドコマースの推進に取り組んでいます。私たちは、ユニファイドコマースを推進して行くにあたって、ECプラットフォームのカスタマイズ開発に加え、SaaS型のサービスにも実店舗を絡めた機能を拡充していくことが重要だと考えており、OMO/オムニチャネル対応型総合ECプラットフォーム「W2 Unified」に、「EC領域」「リアル店舗領域」「スタッフソリューション領域」の3つの軸における機能を揃えていく予定です。
 今回の「スマレジ」とのシステム連携のオプション機能追加は「リアル店舗領域」にあたり、ECと実店舗のPOSレジをシームレスにつなぐことで、より高度なデータ活用の実現を図ります。
 私たちが多くの企業様のECプラットフォーム開発に携わる中、近年では「お客様に便利でより良い買い物体験を提供したい」「OMO・オムニチャネル対応のインフラ構築に取り組みたい」といったご要望を多く受けております。私たちはすでに、2023年に「LINEミニアプリ×CROSS POINT×POSレジの連携」によるデータの活用の推進に取り組んでおりましたが、よりスムーズに実店舗とECを繋ぎたいと考え、この度「スマレジ」を新たにオプション機能追加するに至りました。これにより「W2 Unified」をご利用の事業者様は、スマートで効率的なOMO・オムニチャネル対応のインフラ構築が可能となります。
 私たちW2は、自社が掲げるステートメント「コマースを前へ、生活を前へ、世界を前へ」の実現を目指し、製品・サービス開発に取り組んでいます。消費者の購買行動の変化に対応しつつ、導入企業様と共にeビジネスを拡大するパートナーとして選ばれ続けるよう、ECプラットフォームに対し柔軟な機能開発やシステム連携に力を注いで参ります。

高機能クラウドPOSレジ「スマレジ」について

 スマレジは、基本レジ機能をはじめ、リアルタイム売上分析や高度な在庫管理など、従来型POSレジシステムの枠を超えた、これからの店舗運営に必要な新しいシステムです。クレジットカード決済や電子マネー決済、バーコードリーダーやセンサー、RFIDなどによる商品読み取りなど、様々な周辺機器やサービスに対応しています。取引データは、すべてクラウドサーバーに蓄積され、あらゆる地域・業種・規模の商取引データがスマレジサーバーに集約されています。従来型のPOSレジシステムのデメリットを補完するだけでなく、スマレジに蓄積されている商取引データは、さまざまな付加価値を生み出す可能性をもっています。
 スマレジは、小売やアパレル、飲食店など多くの業態に応える機能を有し、小規模店舗から大規模チェーン店舗までご利用いただけます。2024年1月末現在、スマレジのアクティブ店舗数は41,800店舗を超えました。

高機能クラウドPOSレジ「スマレジ」

スマレジ

システムのイメージ

 「W2 Unified」と「スマレジ」の会員登録情報(会員情報・会員ランク・ポイント・ポイント履歴)や購入履歴、注文情報をリアルタイムで共有します。さらに「W2 Unified」の標準機能「ターゲットリスト機能」や「LINEミニアプリ」を活用いただくことで、より緻密なマーケティングアプローチが実現できます。

システムのイメージ
ターゲットリスト機能の活用のイメージ

W2が考えるユニファイドコマースについて

 買い物のありかたは時代とともに多様化し、近年ではリアル店舗だけでなく、ECサイトなどの複数のチャネルで商品を販売することが一般的になりました。コマースのトレンドは、すでにオムニチャネルやOMOの先を行くユニファイドコマースへと向かっています。
「Unified」は「統合」の意味し、「ユニファイドコマース」とはオンライン・オフラインという概念にこだわらず、ECサイトや実店舗で取得したデータ(顧客情報・行動履歴など)を統合し活用する、顧客一人ひとりに価値ある購買体験を提供するマーケティング手法のことです。
 私たちW2は、自社が掲げるステートメント「コマースを前へ、生活を前へ、世界を前へ」の実現を目指し、ユニファイドコマースの推進に取り組んでいます。eビジネスを取り巻く消費者の購買行動の変化に対応しつつ、導入企業様と共にECビジネスを拡大するパートナーとして選ばれ続けるよう、ECプラットフォームに対し柔軟な機能開発に力を注いでいきます。

W2が考えるユニファイドコマース
W2運営・ユニファイドコマース専門メディア「ユニファイドコマースメディア」

W2 Unified Commerceについて

「 W2 Unified Commerce」は、私たちW2が展開するビジネスブランドです。ユニファイドコマースの実現と日本のコマースの進化を目指し、立ち上げました。サービスラインナップは、OMO/オムニチャネル対応型総合ECプラットフォーム「W2 Unified」とD2Cリピート通販向けECプラットフォーム「W2 Repeat」を展開しています。私たちは「W2 Unified Commerce」を通じて、ECと店舗を滑らかにつなぐ、より良い購買体験の実現を目指します。

W2 Unified Commerceについて

W2 Unified Commerce

OMO/オムニチャネル対応型総合ECプラットフォーム「W2 Unified」について

「W2 Unified」はフロント画面管理・バックオフィス管理・マーケティング・CRMなどを標準搭載しているオールインワンのOMO/オムニチャネル対応型総合ECプラットフォームです。業界トップクラスのセキュリティで安定したECサイト運営を実現しつつ、セールやクーポンなどの販促から、SNS投稿の連携など、最新のマーケティングを行うための機能を兼ね備えています。「W2 Unified」には、クラウドコマースプラットフォームで無償バージョンアップ対応のプラン「W2 Unified Value5」と、顧客ごとにプラットフォームを独自にカスタマイズ対応ができるプラン「W2 Unified EP」があり、顧客のニーズに対して柔軟に対応することが可能なECプラットフォームです。

「W2 Unified」トップページ

W2 Unified

 W2株式会社は、お客様のEC事業の「成功」にこだわるシステム会社です。社員の70%超がエンジニア、100%自社開発に加えて「営業→導入→カスタマーサクセス」も全ての工程を内製しています。グループ企業には「コンサルティング(IT・DX・マーケティング)」「デザイン制作」「EC運用代行」が揃っており、EC事業をトータルにサポートしています。サービスは、OMO/オムニチャネル対応型総合ECプラットフォーム「W2 Unified」とD2Cリピート通販向けECプラットフォーム「W2 Repeat」を展開しています。
 「コマースを前へ、生活を前へ、世界を前へ」をステートメントとして掲げ、成長市場であるEC業界において、時代を切り拓く製品・サービス開発に取り組んでいます。「W2」の社名は「Win-Win」を意味しています。2005年創業、2023年9月に創業19期を迎えました。

 W2株式会社は、お客様のEC事業の「成功」にこだわるシステム会社です。社員の70%超がエンジニア、100%自社開発に加えて「営業→導入→カスタマーサクセス」も全ての工程を内製しています。グループ企業には「コンサルティング(IT・DX・マーケティング)」「デザイン制作」「EC運用代行」が揃っており、EC事業をトータルにサポートしています。サービスは、OMO/オムニチャネル対応型総合ECプラットフォーム「W2 Unified」とD2Cリピート通販向けECプラットフォーム「W2 Repeat」を展開しています。
 「コマースを前へ、生活を前へ、世界を前へ」をステートメントとして掲げ、成長市場であるEC業界において、時代を切り拓く製品・サービス開発に取り組んでいます。「W2」の社名は「Win-Win」を意味しています。2005年創業、2023年9月に創業19期を迎えました。

■会社概要
会社名 W2株式会社
代表者 代表取締役 CEO 山田 大樹
所在地 東京都中央区築地1丁目13-1 銀座松竹スクエア5階
URLhttps://www.w2solution.co.jp/

W2株式会社