お問い合わせ
03-5148-9633
事業の成功と売上の最大化を実現!

ECリプレイスするなら今がチャンス!

D2C・リピート通販向けECプラットフォーム「W2 Repeat」シリーズへのリプレイスを対象とした、ECサイトのリニューアル後の売上アップを保証する特別キャンペーンを実施中!

詳しくはこちら
W2 Repeat EP食品・飲料

UCCグループのソロフレッシュコーヒーシステム株式会社が頒布会のUI/UXを改善し直感的に操作ができるECサイトへリニューアル/定期購入数が増加!

ソロフレッシュコーヒーシステム株式会社

取材にご協力いただいた方

ソロフレッシュコーヒーシステム株式会社 杉原 慶亮氏

目的/課題

アップセル/クロスセルがうまくできないことによるLTV改善

ECサイトのUI/UXの改善が必要だった

管理画面が操作しにくく、行いたい施策が実行できていなかった

導入効果 

頒布会機能、ターゲットリスト機能でCPO改善を目指せる状態に

サイトのUI・UXの改善で定期の注文数が増加

管理画面の操作性が高まり、多くの施策を即座に実行可能に

目次
  1. 01|UCCが手掛けるコーヒー「最高の一杯」をご家庭でも
  2. 02|”定期販売ならでは”の課題によりリニューアルを決意
  3. 03|コーヒー定期便の魅力を高められる「W2 Repeat」を選定
  4. 04|豊富な機能とUI/UXの大幅な改善により早くも定期購入数が増加
  5. 05|ドリップポッドの文化を広めるために

概要

UCCグループであるソロフレッシュコーヒーシステム株式会社は、この度公式オンラインショップ「UCCドリップポッド公式ストア」をリニューアルオープンしました。今回はECサイトリニューアルの背景やリニューアル後の変化についてお伺いしました。

1. UCCが手掛けるコーヒー「最高の一杯」をご家庭でも

事業内容について教えてください。

弊社はUCCグループに所属している会社で、コーヒーや紅茶などの飲料やカプセル式コーヒーシステムであるドリップポッドの販売をしています。

UCCグループは1933年の創業以来、「いつでも、どこでも、一人でも多くの人においしいコーヒーを届けたい」という創業精神を受け継ぎ、コーヒーに真摯に向き合ってきました。生産国での栽培から、原料調達、研究開発、焙煎加工、販売、品質保証、そして、文化、教育に至るまで、コーヒーに関する全ての事業を自社で手掛けております。

また、自社でコーヒー豆の栽培から販売まで一貫して行っておりますが、ご家庭において、最終的にコーヒーを淹れるのはお客様の手に委ねざるをえませんでした。
淹れ手を選ばず、コーヒーの持つ本来の味わいをありのままに味わってほしい、難しく考えず気軽においしいコーヒーを楽しんでほしい、という思いから、「ドリップポッド」の開発が始まりました。

ドリップポッドは、UCCグループが自信をもってお客様にお届けするコーヒーのおいしさを各家庭で、ボタンひとつで誰しもが気軽に楽しめるものになります。今はスタンダードモデルの「DP3」に加えて、23年9月に新発売したフラッグシップモデルの「DRIP POD YOUBI」という2種類のドリップポッドマシンを販売しており、今後もより良いドリップポッドをご提供できるように日々さまざまな取り組みを行っています。
実は、UCCは一般のお客様やホテル、飲食店へのご提供だけでなく、スーパーや家電量販店などにも卸しています。

また、弊社は商品の個別売りと定期のコーヒーのカプセル販売も行っており、定期的にコーヒーカプセルが届くサービスは多くのお客様に特に人気です。

2. ”定期販売ならでは”の課題によりリニューアルを決意

ECカートシステムのリニューアルに至った背景について教えてください

以前のカートシステムには多くの課題があったため、リニューアルを決意しました。
大なり小なり多くの課題があったのですが、主に、CPOの高騰、ECサイトのUI/UXの悪さ、管理画面の使いにくさの3つがありました。

まずCPOの高騰に関しては、近年の広告出稿の増加に伴う広告費の増加や原材料や配送料の高騰が原因でもありますが、定期販売の収益と獲得コストのバランスが期待する状態にはなっていないことがありました。
各商品ごとに一定のコストで新規顧客獲得できているものもありますが、定期販売の新規顧客獲得がなかなかできていませんでした。
コーヒーカプセル自体も値上げさせていただいており、いかに商品に魅力付けできるかも課題としてありました。

次に、ECサイトのUI/UXですが、私が会社に入社したときのECサイトはデザインが古く感じ、なおかつお客様目線で使いづらいものになっていました。
例えば、クーポンコードを入力する際に、通常は住所や名前などの画面と同時に入力するECサイトが多いですが、弊社のサイトは最終確認の手前でクーポンコードを入力するようになっていました。
新規で購入しようとする人にとっては、クーポンが使えないと判断して離脱してしまう要因になるとずっと懸念していました。

そして、管理画面の使いにくさについてですが、定期販売の内容を変更する時や新商品のページを追加しようとしても簡単にできず多くのリソースを費やしていました。そのため、細かい設定や変更をしたいときに気軽にできていないこともかなり課題としてありました。

3. コーヒー定期便の魅力を高められる「W2 Repeat」を選定

ECカートシステムの選定軸を教えてください

定期購入を継続してもらうための多くの施策が実現できることと、自社の事業に合ったECカートシステムであることの2つを選定軸として情報収集していました。

定期販売でお客様が継続して愛用していただくために実現したい施策が多くありました。
弊社の定期便商品は、自分の好みで選べる「カプセルお好み定期便」とプロが厳選したコーヒーが月替わりで届く「世界のコーヒーお届け便」があります。
「世界のコーヒーお届け便」は、4箱のうち2箱がコーヒー鑑定士がおすすめするコーヒーを、残りの2箱はスペシャルブレンドとリッチブレンドという固定のコーヒーカプセルをご提供するサービス内容になります。

ただ、長年定期便をご利用されているお客様から「コーヒーカプセルの味を別のものに変更したい」という依頼が往々にしてあったのですが、お客様ご自身がオンラインストアで変更することができませんでした。電話対応のみでの変更となっていたため、お客様にはご不便をおかけしておりました。

そのこともあり、定期便を解約するお客様も多かったため、お客様自身でコーヒーカプセルの種類を変更できるようにしたいという希望が強くありました。

次に、自社にあったカートシステムを選ぶために「以前のECカートシステムを使っている他社が、次にどのECカートシステムに移行しているのか」をいろんな方から伺って調査していました。
昨今ECカートシステムは数多く存在し、自分たちに合ったECカートシステムはどれだろうと考えたときに、そうした調査が重要なヒントになるのではと考えていました。
そのおかげもあって、最終的にはW2ともう一社に絞り込むことができました。

2社残った中から「W2 Repeat」を選定した理由を教えてください

選定軸にもあったように、W2は定期購入をお客様に長く続けてもらう施策をより多く実現できると感じたからです。
中でも提案をいただいた定期便のサイトデザインが非常に気に入り、コーヒの魅力を十二分にお客様にお伝えできると感じるものでした。
それに加えて、定期販売に活用できる多くの機能が標準で搭載されていたことも挙げられます。

特に、定期購買をお客様に継続してもらうために、まずは定期商品の選択画面のデザイン性を一番に重要視していましたので、定期便の商品を選択するページのデザインの提案をいただいた時は、「各カプセルがもつ魅力を充分に伝えたい」という私たちの要望をより具現化していただけたので、本当に感動しました。

以前は選択画面では商品画像はなく買い物かごには商品名のみが表示されるUI仕様でしたが、現在はコーヒーカプセルのイメージ画像や説明文から自分の好みに合ったものを選ぶことができ、そこが定期便ページの魅力にもなっています。

そして、サイトデザインの良さに加えて定期販売に活用できる機能が標準で搭載されていた事も選定理由になります。

検討していたもう一つの会社は、弊社がやりたいことの機能のほとんどを開発する必要があり、無料で追加開発していただけるとご提案をいただいたのですが、やはり開発をするとなると不安があったため、標準で定期販売に活用できる機能を豊富に備えるW2を選びました。

4. 豊富な機能とUI/UXの大幅な改善により早くも定期購入数が増加

「W2 Repeat」の導入効果を教えてください。

まだリニューアルして間もないですが、
導入効果としては、多様な機能とECサイトのUI/UXの改善によりCPO改善を目指せるようになったことです。
それに加えて、管理画面の操作性が高く施策を行いやすくなりました。

現在、頒布会機能やターゲットリスト機能などを主に活用しています。

頒布会機能では、もともと、お客様が選べるカプセルの種類を6つ、または8つと固定しなければいけなかったのですが、5000円以上であれば何種類でも定期便に追加することが可能になり、お客様の商品カスタマイズの自由度がぐっとあがりました。

また、ターゲットリスト機能では、かご落ちをした人に対してメルマガやLINEのメッセージ配信をしております。
今後は、定期便の利用者と利用していない人でトップバナーを出しわける機能もどんどん活用していこうと準備しているところです。

また、なにより大きく改善されたのは、ECサイトのUI/UXです。
商品の選びやすさに加えて、定期便を「カプセルお好み定期便」と「世界のコーヒーお届け便」の2種類に分けられるようになったのも大きな違いになります。
もともとは、2種に分けずに全ての種類から選択するようになっていました。

こうした豊富な機能とUI/UXの改善により、早くも定期便の注文がリニューアル前よりも大きく増えています。ECサイトをリニューアルオープンしたばかりで数値は出ていないのですが、こうした施策やサイトデザインによりCPOの低下に繋がると予想しています。

また、以前は管理画面が操作しづらくためらっていた施策もフレキシブルに行えるようになりました。
例えば作るのに苦労していたクーポン作成も、複製して簡単に内容を変更できるのでとても使いやすく満足しています。

その他にもドリップポッドのアプリも運用しており、お客様とのコミュニケーションをより密にするために導入しました。まだアプリからの定期便の流入はそれほど多くないのですが、今後アプリからの流入も増えていくと予想しております。

5. ドリップポッドの文化を広めるために

今後の展望について教えてください

近い展望としては、定期購入数をさらに増やしていきたいと考えています。
例えば、ドリップポッドDP3とコーヒーカプセルをセットで販売する「スターターセット」を購入してくれたお客様に対して、定期便の値下げオファーを行い、新規顧客獲得の増加を図りたいですね。

ドリップポッドの便利さや楽しさを知ってもらい納得した上で、お得な定期商品のオファーをすることで定期販売の新規顧客獲得に繋げたいと考えています。

後は、スコアリング機能を活用してお客様に合ったコーヒーの提案をして新規顧客獲得を目指しています。
コーヒーは飲んでみないと味がわからないため、どのカプセルにするか悩んでいるお客様にとって便利な機能になると予想しています。

また、遠い展望としては日本でのドリップポッドの普及をしていきたいです。
日本では、あまり専用のマシンを使ってコーヒーカプセルで飲むという文化がありません。家庭内ではインスタントコーヒーや簡便式のドリップコーヒーが多く使用されてます。
欧米では、カプセル式コーヒーは当たり前になっているので、どれだけ日本でカプセル式コーヒーの文化を浸透させられるか挑戦してます。
「家でもこんなにおいしいコーヒーが飲めるんだ」と日本の皆さんに思っていただけるよう今後も尽力していきます。

 

W2 Repeatはリピート通販事業を成功へ導くことに特化したECカートシステムです。
事業立ち上げから年商100億円規模まで対応し、リピート通販に特化した標準機能を搭載しています。
具体的には「クーポン・ポイント機能」「SNS連携機能」「商品同梱機能」「会員ランク機能」「カート一体型LP」「ステップ・セグメントメール」などD2C/定期通販に必要な機能を完全網羅。
その他、1,000を超える機能数や豊富な決済種別など搭載しており、EC事業において、多くのお客様に利用されています。

  \W2 Repeatの詳細はこちら!/           ▲まずは無料資料ダウンロード

   \業界別の導入事例をまとめてダウンロード!/ ▲無料ダウンロード!