FUTURE

ECの可能性

EC市場の現状と将来、そしてテクノロジーで変わっていく
未来予測について解説します。

ABOUT EC MARKET

爆発的に拡大するEC市場

さらなる成長が期待される業界

インターネットが生まれ、情報の流通量が飛躍的に拡大したことで、購買や流通の仕組みまでもが大きく変貌を遂げた現代社会。そこにモール型と呼ばれる、多くの売り手と買い手が集まる仕組みが登場したことで、オンラインでの購買手段は今や人々に無くてはならない選択肢になったと言えるでしょう。中国やアメリカでEC化率が40%を超えてくる中で、日本もそれに追随し、さらにテクノロジーの進化も相まって、今後一気に拡大することが予想されています。
w2がいるEC業界は、そんな大きな成長が見込める余白が存在するのです。
国を越えて売買を実現できる越境ECや、AI・IoTといった技術との融合により実現する新しいサービスなど、今後もECは活躍の場を増やしながら、ますます発展していくでしょう。バイオや環境ビジネスなど、今後飛躍的に伸びると見込まれている業界と並び、EC業界はよりサイトの購入者の生活に密着した成長業界として社会のインフラとなり、人々の生活を豊かに便利にしていくと断言できます。
新しい「当たり前」をEC業界の担い手が作り出す、その未来を先導する存在になるべく、w2は「ECの最終形」を目指し、チャレンジを続けていきます。

業界の成長をリードするために

NEW SERVICE

先端技術を活用した新サービスで
業界を変えていく

先端技術と相性が良いEC

最近では、AIチャットボットを実装しているECサイトをよく目にするようになりましたが、トレンドは刻々と変化・進化しており、今後はAIとビッグデータを活用したパーソナライゼーションによるカスタマーエクスペリエンスの最大化が加速すると言われています。さらに、AR(拡張現実)によるバーチャル試着、スマートスピーカーを介して買い物ができる音声認識技術など、先端技術を活用したECサービスは今も続々と誕生し、日常に浸透し始めています。
また、冷蔵庫などの家電とインターネットの接続に代表されるIoTの進化により、ECの担うビジネス領域の範囲はさらに拡大しています。これらの事例からも、先端技術を応用することで拓けるEC業界の未来は想像いただけるのではないでしょうか?新たな技術が生まれた分だけ、業界もサイトの購入者の生活もアップデートすることができる。そのワクワクする未来を現実のものとしていくことが、w2の役割なのです。

多彩な技術と融合し拡大の一途へ

例えば、日本が抱える課題の一つである地方創生や高齢化。日々の買い物が負担となる方々に対して、AIやIoT、流通をECと連動させた自動発注システムや配送サービスが実現できれば、大きな価値を持ちます。また、購入はもとより、消費動向を分析した在庫管理や仕入れ、配送準備さえも自動化できれば、生産者からサイトの購入者まで、全てを滑らかにつなぐことも可能になります。だからこそw2は、ECの基盤となるシステム領域をビジネスの中心としながら、先端技術をはじめとする周辺技術やパートナー企業を積極的に開拓しており、今後も多様化し拡大していく様々なニーズに応えられる体制を整えていきます。
先端技術を取り込み新しい価値を生み出すことで見えてくるのは、次なるチャレンジのテーマ。それを達成するために必要となる、さらなるサービスの拡充や成長の実現。ECを中心とした成長のサイクルを絶えず回し続けることで、w2はこれからも立ち止まることなく成長し続けていきます。