「自分の限界を超え続けた3年」 3部署を兼任する20卒関西支社長(後編)

前編はこちら

社員インタビューVol.1 木村(20卒新卒入社) 後編

木村(Kimura)

関西学院大学・理工学部・情報システム学科卒業後、w2ソリューション株式会社へ新卒入社。
内定時から関西支社の立ち上げに関わる。現在は関西支社長でありながらMRK、CS、PLの3部署を兼任している。


w2職種紹介詳しくは、こちらをクリック
 
・MRK(マーケティング)… セールスとマーケティング。 製品のマーケティングから、お客様先への提案・受注までの一貫した業務を行う。
 ・PL(プロジェクトリーダー)… ITコンサルタント。受注後のお客様がサイトをオープンするため、システム導入のプロジェクト進行からマネジメントを担う。
 ・CS(カスタマーサクセス)… ECコンサルタント。システムを利用している お客様のビジネス上の課題を解決する。
 ・P&C (People & Culture) … 人事チーム。採用活動、組織文化形成、社内教育等を担当する。




失敗と成長を繰り返し、変化したビジョン


Q. 木村さんはどのようなキャリアビジョンをもってw2へ入社されたんですか?

木村 僕は「3年で辞めて25歳で起業する」というビジョンをもって入社しました。実は、僕の家系はみな経営者でして当然自分もそうなるものだと思っていました。しかし、このビジョンはw2に入って少しずつ変化していきました。

Q. 今はどのように変化したんですか?

木村 現在では、「起業」は一つの手段でしかないと考えています。働いてみて実感したんですが、それぞれの環境でしか学べないことというのがあると思います。

例えば、僕の場合だと、支社の立ち上げや学生起業の経験など、0→1の経験は人より多く積んできたと思います。そして、現在は1→10のフェーズを経験したいと考えています。今のw2の環境は、まさに第二創業期でどんどん事業が成長していくフェーズです。そのため、1→10に、10→100や1000にまですることを学べる環境だと考えています。

もちろん、将来的に起業したいという思いは変わりませんが、どうせ事業を起こすならしっかりグロースさせたいと思っていますし、それなら今の僕にとって起業よりもw2の方が学べることが多いかなって思うんです。まあ、あとはw2ソリューションという環境がめっちゃいいなと思ってるからですかね笑。

Q. やはり働いていく上で考え方もどんどん変わっていったんですね。
実際にw2で働いてきてどのような部分でw2の良さを感じたんですか?

木村 やはり、失敗と成長ですかね。僕の場合、3部署を兼任しながら働いてきたので常に自分のキャパの110%くらいの感覚で業務をこなしていました。一日のスケジュールもびっしりで少し隙間が空いてもすぐ埋まってしまうような感じでした。

そして、ある日大きなミスをして実際に少し損害を生んでしまったんです。当然僕は先輩からお咎めを受けるだろうと覚悟していたんですが、実際は一ミリも怒られませんでした。先輩方は取引先の謝罪にも同行してくれて、僕は僕で2週間くらい謝り倒していたんですが、業務に支障をきたすからと優しく接してくれました。

実際にこの失敗は僕の中で大きな学びになっていて、それまでは色々なタスクを経験・消化してよりはやく成長していきたいと考えていたんですが、それ以降は効率的にタスクを消化することを覚えて、例えば部下に仕事を振ったりするなど、タイムマネジメントへの意識はとても強くなりました。

いま振り返ってみると、w2の挑戦させ、失敗を許容し、学ばせ、より成長させるという文化があったからこそ今の僕があるなと思ってます。



誰よりも高い視座と目標を秘めて


Q. では、続いてw2でのこれからの目標をお聞かせください。

木村 主に2つあります。1つは、部署間の連携をより円滑化させることです。CS、MRK、PLという3つの部署を兼任している僕だからこそ、「もっとこうすれば上手くいくのに」という改善点がたくさん見えてくることがあります。それならば、部署間の連携を良くすることは僕だけにしかできない仕事であり、やってみようと思うようになりました。

また、2つめは、MRK、CS、PLだけでなく開発の部分の課題も潰していくということです。やはり、1つの支社の責任者として、今までかかわってきた3部署だけでなくエンジニア(開発)サイドにも干渉していく必要があります。確かに今まではビジネスサイドの人間として働いてきたので開発サイドの課題は未経験なことも多いとは思ってます。

しかし、どの部署においても、w2の目指すべきポイントは同じはずだとも考えています。それならば、w2の理想を実現するための最適解は同じはずであり、そこで僕がエンジニアの現場の課題感をうまく抽出することができたら、あとはこの課題と理想をつないでいくことでよりw2の目指す姿に近づけると考えています。これからは、CS、PL、MRK、EG全てを把握し、より経営者的な視点をもって業務に邁進していきたいと考えています。

Q. これからもどんどんw2が盛り上がっていく姿が見えてきました!
ちなみに木村さん自身の野望とかもあったりしますか?

木村 もちろん個人的にどんどん出世してお金も稼ぎたいと思ってます。でも、どうせなら生み出したお金を日本のために使いたいと考えていますね。今まで日本の歴史を学んできて、やっぱり日本ってすごい国だと思います。確かに、世界の流れがプロダクトベースからサービスベースへと移り変わり日本という国は弱体化したかもしれません。

しかし、日本の良さを活かしてその部分を変えていけば、日本が返り咲くこともできると思ってますし、もし僕がそれを実現したらさすがに「歴史の教科書」に載ると思うんですよね。





自分の道を突き進んで欲しい。その先には必ず飛躍がある


Q. 採用にも携わっていた木村さんとしては、どのような学生とw2を創り上げていきたいですか?

木村 そうですね。やっぱり成長を求める学生かな。中でも、中途半端な成長ではなく、著しい成長を求める学生に是非w2へ来てほしいと思ってます。僕自身のキャリアからもわかる通り、w2には圧倒的な裁量権とそれを歓迎する社員・風土・制度があると考えています。

正直、優秀な学生であれば、どこの企業へ行っても一定の成長はできると思いますが、普通ではない、圧倒的な成長を求めるならやっぱりうちがベストかなって思います。

Q. 是非、学生にも伝えていきたいお言葉ですね。最後に就職活動へ挑む学生へメッセージお願いします!

木村 「自分の選んだ道を正解にする。」学生には、是非このマインドを持ってほしいなって思います。正直、これからの世の中の流れをまだ社会に出ていない学生が読み解くことは不可能だなって思うんです。

もちろん選択肢をたくさん持つことは否定しません。ただ、ありとあらゆる選択肢の中から最適解を選ぼうとするのではなく、自分の持つ限られた選択肢の中から、自分が正解だと思うものを一つ選んで、それを誰から見ても正解だと思えるくらいに頑張ることが大事なことだと思います。

すると、能動的に考え、成果を出し、実力をつけるという1つのゴールを早く達成できると思いますし、そうなれば後は色んな会社が放っておかないと思いますよ。

関連記事

プロジェクトストーリー

おすすめ記事

技術

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

TOP
TOP