【AWS】5分で終わる!VPCの作成方法

はじめまして!
エンジニアの長岡です。

今回は「AWSでVPCを作りたいけど、どうやって作ればいいのかな?そもそもVPCって何なの?美味しいの?」という方向けにAWSでVPCを作成する方法を解説します。

この記事で紹介する「VPC作成手順4つ」を実行すれば、5分でAWS上にVPCを作成できるようになります。

早速解説していきたいと思います。

1. そもそもVPCって何?

そもそもVPCとは何なのって方も多いと思います。

VPCとは「Virtual Private Cloud」の略で、以下が説明になります。 Virtual Private Cloud (VPC) は、AWS アカウント専用の仮想ネットワークです。

引用元:Amazon VPC とは?

… 気持ちわかりますよ、これだけ言われても何言ってんだって思いますよね。

私も分かりません。笑

簡単に例えると、AWSという大きな土地があって、その中に自分だけの畑(VPC)を耕すと言った感じです。自分専用としてその畑を使えるので、他の人から邪魔されることはありませんし、好きな種を自分好みに植えられるわけですね。要するにVPCとは「AWSにおける自分専用の環境」のことです。

それでも良く分からないという方は、AWSを学んでいくうちに少しずつ理解できると思うので、今はそこまで気にする必要はないです。

2. VPC作成手順4つ

VPCを作成するためには、以下の4つのステップを実行するだけです。

AWSアカウントの取得

まずはAWSアカウントがないと始まらないので、AWSアカウントを取得しましょう。

AWSアカウントがない方は、以下のリンクからアカウントを作成することができます。

AWS Console – Signup

VPCサービスの選択

アカウントを作成したら、マネジメントコンソールからVPCサービスを選択しましょう。

  1. ① アカウントの登録が終わったら左上の「AWS」をクリック
  2. ② 検索ボックスに「VPC」と入力
  3. ③「VPC」をクリック

リージョンの選択

リージョンは簡単に言うと、データセンターがある国のことです。

ここでは東京のデータセンターを使いたいので、「アジアパシフィック(東京)」を選択します。

  1. ① 右上の地域が表示されている場所をクリック
  2. ② 「アジアパシフィック (東京)」をクリック

VPCの作成

あとはVPCの作成を行うだけです。

  1. ① 左に表示されている「VPC」をクリック
  2. ②「VPCの作成」をクリック

  1. ① VPC領域に付ける名前を入力
  2. ② 使用するIPアドレスの範囲を入力
  3. ③「作成」をクリック

3. まとめ

まとめると以下のようになります。

1. VPCとはAWSにおける自分専用の環境のこと
2. VPCは以下の手順で作成することができる
  ① AWSアカウントの取得
  ② VPCサービスの選択
  ③ リージョンの選択
  ④ VPCの作成

AWSに興味のある方は、是非これを機にAWSへの一歩を踏み出してみてください!

関連記事

プロジェクトストーリー

おすすめ記事

技術

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

TOP
TOP