プレスリリース

w2ソリューションが数多くの大手グローバル企業にEC決済サービスを提供するAdyen社と共同記事を公開

■概要
 2022年2月11日、w2ソリューション株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役CEO:山田 大樹 以下「w2ソリューション」)のイギリス支社において、欧州大手のEC決済サービス会社と共同記事を公開しました。

■翻訳文(要約)(記事元:https://www.adyen.com/en_GB/blog/expanding-to-japan
 2021年に日本進出を果たしたAdyen社は、海外事業者が日本のEC市場を攻略するためにJapan guide(ジャパンガイド)を公開しました。
 今回は、Adyen社のパートナーであり、東京に本社を置く日本のECサイト構築プラットフォーム会社、w2ソリューションの協力のもと、押さえておくべき3つの重要なトレンドについてまとめました。

1. Localisation is key(ローカライゼーションが重要)
 日本は独自の習慣や文化、買い物の仕方があると知られています。
 日本の消費者の93%は、特定のウェブサイトやプラットフォームではなく、検索エンジンを利用し商品を探します。
 そのため、検索順位が上位の方がブランドの信頼性が高まり、ウェブサイトが利用される可能性を高めるため重要になります。

 加えて、消費者の利用に合わせたWEBサイトは、消費者をとどまらせる鍵になります。
 w2ソリューションが提供するようなWebサイト管理ツールを利用することで、ランディングページの構築や調整、コンテンツの変更などを迅速かつ簡単に行うことができます。

2. Customer experience builds loyalty(顧客体験がロイヤルティを築く)
 日本には「おもてなし」という文化が根付いており、お客様の要望を予期し、それに備えることに重点を置いています。良い顧客体験を提供すれば、優良顧客獲得につながります。

 より良い顧客体験を提供するためにw2ソリューションは、CRM戦略とマーケティング・インテリジェンスを組み合わせ、顧客の購買行動に合わせたシナリオメールの配信を実現しました。
 これにより、購買を成功させるためのさらなる施策になります。

3. Cashless is coming(キャッシュレス化が進む)
 2025年までに日本は、キャッシュレス決済を40%に引き上げる予定です。
パンデミックによって習慣が変わり、着実にキャッシュレス化が進んでいます。

 新しい決済方法が登場しても、Adyen社はいつでもplug-and-play対応できるように準備しています。主要な決済手段をスイッチひとつで利用できるため、常に時代の最先端を行き、消費者の高まるニーズに応えることができます。
 加えて、販売や顧客データのすべてを統合する「ユニファイド・コマース・ソリューション」も重要な役割を担っています。

 また、キャッシュレス化が進む中、セキュリティも重要なポイントになります。
 Adyen社のサービスでは、高度なテクノロジーとカスタマイズ可能なリスクルールを組み合わせることで、どのような業界であっても、不正利用を阻止しセキュリティ侵害からビジネスを保護することができます。

■最後に
 w2ソリューションは、高い性能を有するオリジナル自社製品(PACKAGE)と事業パートナーと連携した柔軟なサービス(SERVICE)を強みとしています。
 変化し続けるEC業界で事業者のニーズに応えられるように常に高いサービスを提供できるように尽力して参ります。

■w2ソリューションのサービス紹介
【リピートPLUS】
 リピートPLUSは、定期購入などサブスクリプションコマースに特化したクラウド型通販システムです。
 ステップメール、ページ一体型購入フォーム、アフィリエイト広告管理、電話受注システム、オンライン・オフライン受注統合などサブスクリプションコマースに必要となる管理業務に対応しています。
 売上平均成長率354%のマーケティングツールを標準搭載し、60%のコスト削減を実現する充実したオペレーションツールを兼ね備えたサービスです。

「リピートPLUS」の詳細はこちら
https://www.w2solution.co.jp/Product/repeatplus_new.html

【w2Commerce】
 w2Commerceは、フロント画面管理・バックオフィス管理・CRMマーケティング・CMSなどを標準搭載しているオールインワンの総合通販向けECサイト構築システムです。
 業界NO.1のセキュリティで安定したECサイト運営を実現しつつ、セールやクーポンなどの販促から、SNS投稿の連携など、最新のマーケティングを行うための機能を兼ね備えています。
 ラインナップとして、クラウドコマースプラットフォームで、無償バージョンアップ対応のプラン『w2Commerce Value5』と顧客ごとにシステムを独自にカスタマイズ対応ができるプラン『w2Commerce Enterprise』があり、顧客のニーズに対して柔軟に対応することが可能なため、一度導入すれば中長期的なシステム投資費用が抑えることが可能です。

「w2Commerce」の詳細はこちら
https://www.w2solution.co.jp/Product/value5_new.html

■企業概要
【w2ソリューション株式会社】
所在地  : 東京都中央区銀座4丁目14番11号 七十七銀座ビル7F
代表者  : 代表取締役 CEO 山田 大樹
設立   : 2005年9月2日
URL   : https://www.w2solution.co.jp/
サービス :
・D2C/定期通販特化型カートシステム「リピートPLUS」https://www.w2solution.co.jp/Product/repeatplus_new.html
・DX/OMO特化型カートシステム「W2Commerce」http://www.w2solution.co.jp/Product/value5_new.html
・Japanクオリティ×台湾の現地対応の「台湾版リピートPLUS」https://www.w2solution.co.jp/cp/repeatplustaiwan_cp/
・食品に特化したカートシステム「リピートPLUS FOOD」https://www.w2solution.co.jp/Product/food/repeatplus_food.html
事業内容 :
① 通販EC全般のリサーチ、マーケティング、コンサルティング
② 自社オリジナルEC/CRMパッケージ「w2Commerce」の研究・開発
③ 「w2Commerce EP、V5」サービスの販売/開発/導入/保守サポート
④ リピート通販(定期購入)特化型サービス「リピートPLUS」の開発/販売/導入/保守サポート

RELATED POST