ニュース

「リピートPLUS/w2Commerce」がLINEのID連携に対応したことで、ECサイトのLTVやCVRが大きく改善


■概要
 w2ソリューション株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役CEO:山田 大樹 以下「w2ソリューション」)は、顧客体験の利便性を向上させるために「LINEのID連携」に対応したことをお知らせいたします。
 本連携により、ユーザビリティの向上が期待でき、それによりLTVの改善、さらにCVRの改善をすることでECサイトの売上拡大を実現してきます。

■目次
リリース背景
「LINEのID連携」とは
最後に
w2ソリューションのサービス紹介
企業概要

■リリースの背景
 昨今、SNSの急激な普及により、あらゆるサービスが連携を行っています。その中でも、LINEは国内の月間利用者数は9,000万人、更に月間アクティブ率が85%(※1)という結果となり、国内の生活に浸透しているサービスの一つとなっております。

 EC事業者様はユーザの獲得競争に勝つためにあらゆる面でユーザとの接点を持つ必要性ががあり、その中でも、生活に浸透しているサービスの一つであるLINEと連携することは顧客との接点の拡大や維持することができます。
 そしてこの度、「リピートPLUS/w2Commerce」とLINEのID連携したことで、注文完了メールや配送完了メールなどLINEのID連携済のユーザへLINE経由での一元管理が可能になりました。

※1 LINE社調べ 2021年12月末時点

■LINEのID連携とは
 w2ソリューションのLINEのID連携に対応したことで、LINEでのメッセージの配信が可能になります。
 さらに特定のユーザに対して自動でメッセージを送ることも可能になります。これにより下記の効果が期待されます。

【LINEのID連携に対応したことで期待できる効果/EC事業者が実現できること】
・ユーザビリティの向上
 新規購入時に会員登録が面倒で離脱されることを、LINEのID連携をすることで会員登録をLINEでして簡単に購入できるということです。
 LINEのID連携をすることより、ログインや購入時のIDとパスワードの入力の手間が省け、購入率のアップや離脱防止に繋がります。
 また、お客側はLINE内で注文確認や出荷完了の通知を受け取ることが可能になり、よりユーザの利便性が向上します。

・LTVの改善
 「リピートPLUS/w2Commerce」のターゲットリスト機能で購入履歴や行動履歴から特定のユーザを抽出し、最適なお客様にLINE上でキャンペーンのお知らせを通知することが可能です。

・CVR/かご落ちの改善
 「リピートPLUS/w2Commerce」のターゲットリスト機能で商品をカート保持したままのユーザを抽出し、特定のユーザに対してLINE上でお知らせを通知することが可能です。


※注文完了通知や配送完了通知がLINEから自動配信
※ターゲットと組み合わせたLINEからのメッセージ配信が可能

■最後に
 今回LINEのID連携のリリースにより、従来のメールだけの施策だけではなく、SNSを活用した施策を実施することが可能になっております。
 今後はさらに「リピートPLUS/w2Commerce」をご利用中のEC事業者様への導入支援を推進し、ECサイトの売上の更なる向上を実施します。

■w2ソリューションのサービス紹介
【リピートPLUS】
 リピートPLUSは、定期購入などサブスクリプションコマースに特化したクラウド型通販システムです。
 ステップメール、ページ一体型購入フォーム、アフィリエイト広告管理、電話受注システム、オンライン・オフライン受注統合などサブスクリプションコマースに必要となる管理業務に対応しています。
 売上平均成長率354%のマーケティングツールを標準搭載し、60%のコスト削減を実現する充実したオペレーションツールを兼ね備えたサービスです。

「リピートPLUS」の詳細はこちら
https://www.w2solution.co.jp/Product/repeatplus_new.html

【w2Commerce】
 w2Commerceは、フロント画面管理・バックオフィス管理・CRMマーケティング・CMSなどを標準搭載しているオールインワンの総合通販向けECサイト構築システムです。
 業界NO.1のセキュリティで安定したECサイト運営を実現しつつ、セールやクーポンなどの販促から、SNS投稿の連携など、最新のマーケティングを行うための機能を兼ね備えています。
 ラインナップとして、クラウドコマースプラットフォームで、無償バージョンアップ対応のプラン『w2Commerce Value5』と顧客ごとにシステムを独自にカスタマイズ対応ができるプラン『w2Commerce Enterprise』があり、顧客のニーズに対して柔軟に対応することが可能なため、一度導入すれば中長期的なシステム投資費用が抑えることが可能です。

「w2Commerce」の詳細はこちら
http://www.w2solution.co.jp/Product/value5_new.html

■会社概要
【w2ソリューション株式会社】
所在地  : 東京都中央区銀座4丁目14番11号 七十七銀座ビル7F
代表者  : 代表取締役 CEO 山田 大樹
設立   : 2005年9月2日
URL   : https://www.w2solution.co.jp/
サービス :
・平均売り上げ成長率354%の「リピートPLUS」https://www.w2solution.co.jp/cp/repeatplus_cp/
・オールインワンの総合通販向けカートシステム「W2Commerce」https://www.w2solution.co.jp/Product/w2Commerce.html
・Japanクオリティ×台湾の現地対応の「台湾版リピートPLUS」https://www.w2solution.co.jp/cp/repeatplustaiwan_cp/
・食品に特化したECプラットフォーム「リピートPLUS FOOD」https://www.w2solution.co.jp/Product/food/repeatplus_food.html
事業内容 :
① 通販EC全般のリサーチ、マーケティング、コンサルティング
② 自社オリジナルEC/CRMパッケージ「w2Commerce」の研究・開発
③ 「w2Commerce EP、V5」サービスの販売/開発/導入/保守サポート
④ リピート通販(定期購入)特化型サービス「リピートPLUS」の開発/販売/導入/保守サポート

RELATED POST