モールから自社オリジナルECを主軸へ!
10年以上、w2ソリューション製品を使い続ける理由とは

  • line
  • facebook
  • twitter
セレクチュアー株式会社の アンジェ事業部長 田口氏 と 事業推進室 室長 大西氏
取材にご協力いただいた方
セレクチュアー株式会社 アンジェ事業部長 田口 雅子
セレクチュアー株式会社 事業推進室 室長 大西 佳葉

企業プロフィール

セレクチュアー株式会社

  • 設立:2005年2月
  • 事業内容:「アンジェ web shop」を中心としたオンラインショップ事業の運営/商品企画

インテリア雑貨、キッチン、グッズ、ファッションなどを扱うセレクチュアー株式会社は、2000年にアンジェweb shop楽天市場店をオープン、2001年には「楽天市場 Shop of the year 2000」でインテリア部門の第1位を獲得し、その後も楽天市場やYahooショッピングをはじめ多数の賞を受賞してきた。
そして、2007年に自社ECをスタートさせ、10年前にはw2ソリューションのカートシステム『w2Commerce Value5』へ切り替えて現在まで使用していただいている。

『w2Commerce Value5』を10年間使い続けているセレクチュアー株式会社に、使い続ける理由やEC事業の成長、今後の方針についてアンジェ事業部長 田口氏と事業推進室 室長 大西氏に話を聞いた。

モール販売から自社ECをメインにしていきたい

figure-01

モールでの売上が好調の中、自社ECを始めた理由を田口氏はこのように語る。
「弊社としては、お客様が弊社の『ファン』になってもらいたいと思っていました。
そこで、モールだけで商品を販売するだけではなく、自社ECを軸にして事業を展開して行こうと考えたことが自社ECに力を入れたきっかけです。」

様々なECシステムを比較した結果、
w2ソリューションを選んだ理由

figure-02

自社ECを拡大するために、様々なカート会社を検討した。その中で、なぜw2ソリューションに決めた理由を伺った。
「当時、ECで今後の拡大を目指す上で、他社カートはASPパッケージということで機能の拡張性があまりありませんでした。一方で、w2では自由度が高いという点が大きな魅力でした。また、セキュリティが高いことも大きな魅力となり、w2のカートで自社ECを進めていくことを決めました。」

自社ECの売上が前年比180%へ貢献

当時、自社EC導入直後はモールの売上が大半を締めていた。その中で、自社ECでの独自施策を続けていくうちに徐々に売上を拡大し続け、EC事業全体売上の前年比180%達成をした。

売上が成長した要因として、大西氏はこのように語る。

「バージョンアップの機能拡充で、我々が行いたい販促施策が実現できるようになってきました。
セグメントしてお客様にアプローチしたり、よりリピートしやすい店作りが可能になってきています。コンテンツの一貫として立ち上げたオウンドメディアも好調ですが、これも自由度の高さゆえ、実現できたことだと思います。」

一緒に成長していくことで今後の課題もクリアに

figure-03

今後もモールだけでなく、自社ECにも注力するセレクチュアー株式会社の田口氏、大西氏はこのように語ってくれた。

「今後のさらなるEC事業の拡大に向けて、ともに伴走できるのがw2さんだと思っています。これからも、独自機能などを検討に入れつつ共に成長していきたいですね。」

EC事業のさらなる拡大に向けた様々な要望をw2とともに解決し、自社サイトを活用した今後のさらなる成長を目指していく。

製品資料ダウンロード

定期通販/総合通販のカートシステムに関する資料を
後ほど送付させていただきます。
料金やECサイト構築に関する質問も記入欄でお気軽
にお問い合わせください。

  • 必須
  • 必須
  • 必須
  • 必須
  • 必須
  • 必須