入社1か月の私が感じたw2の好きなところ!

  • HR

こんにちは!23卒メンバーとしてインターンをしている大和田です。
誰でも入社前後のギャップを不安に感じるのではないでしょうか?入社初日からまだ1か月の私が同じ目線から入社前に知らなかったw2をお伝えします。少しでも意思決定の参考にしていただけたら嬉しいです。

それではさっそくスタート!!!

①一緒に働きたいと感じる仲間たち。

職場は1日の大半を過ごす場所です。なので職場の人間関係が悪いと大きなストレスにつながります。しかし入社前に判断しずらいです。私も人間関係は重要視している一方、入社するまで不透明で困っていました。しかし入社してみると杞憂でした。w2には気配り上手で温かい方が多いです。

具体的なエピソード
◎チームメンバーや社員の方が「疲れてる?」「元気?」と気にかけてくれます。
◎エレベーターや休憩室にて、初対面同士でも挨拶や会話が生まれます。

これらのことから仕事中も休憩中も安心して過ごせる会社であると感じています。

②会社に行くのが楽しみになる仕事環境。

オフィスの場所や服装、ランチって気になるけれど、手を挙げてまで質問しずらい時ってありますよね?そんな細かいことをここではお伝えしたいと思います。

◎まずはオフィス!
東銀座駅から10秒です。駅近で通勤が楽、銀座で仕事後にショッピングが楽しめるという2つのおすすめポイントがあります。
◎次は服装!
完全に自由です。デニム、Tシャツ、トレーナーなどカジュアルな服装も、レース、柄物、色物などオシャレなデザインの服装も着用が可能です。好きな服で過ごせます。
◎最後にランチ!
休憩は一時間あり、持ち込みも外食も可能です。スケジュールごとに一人で食べたり、メンバーと食べたりします。

もちろん仕事も楽しみですが、オフィスや自由な服装・ランチのおかげで毎日のワクワクが高まります!

③やってみたいを支援してくれる。

キャリアでもプライベートでも「やってみたい」を支援してくれる会社です。今回はインタビューにより伺ったエピソードをご紹介します。

w2で育休を取得した男性社員のインタビュー
彼は7か月の育休取得に成功し、現在も子育てとの両立しております。w2にて男性が育休を取得することは初めてでした。しかし、「やりたい」を伝えたところ、実現に向けて調整してくれたとのことです。

このように今はない制度も、声をあげることで実現の支援をしてくれます。

終わりに

少しでもワクワクを伝えられていたら嬉しいです!
ご覧いただきありがとうございました。

関連記事

プロジェクトストーリー

おすすめ記事

技術

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

TOP
TOP