ついつい説明って長くなりがちだから、AIに要約してもらった話

【ご案内】
こちらの記事は、AI・機械学習への知見があまり深くない者が書いた記事ですので、もし、技術的な知見をお求めの場合は、他記事・他サイト様をご覧頂くことをおすすめ致します。

  1. はじめに
  2. タンテキで要約してみる
  3. ELYZAで要約してみる
  4. おわりに

1.はじめに

残暑の候、皆様いかがお過ごしでしょうか。
エンジニアの靱(うつぼ)です。先日、先輩に鱓(うつぼ)のおつまみを頂きました。共食い

さて、
エンジニアをはじめとしたデスクワーカーの皆様におかれましては、
日々資料作成業務に追われていらっしゃることと存じます。
その仕様書、そのパワポ、なんだか日本語長くなってませんか?私はよくなります。
うっかり長くなってしまった文章、最新のAI要約サービスで圧縮してみませんか。

ということで今回触らせて頂いたのは以下2サイト。

ニュース タンテキ

文章要約サービス「タンテキ」。文章または要約したいサイトのURLを入力することで、最高10000字までの文章を要約してくれます。
圧縮要約率が10%刻みで選択できるのがミソです。
こんな時ってありませんか?
ーあとちょっと文章を絞ることができればページを1枚削れる瞬間。

ELYZA DIGEST

こちらは長文要約AI「ELYZA」のデモサイト。
つい先日、8/26にオープンされた正に最新のサービスです。
文章または要約したいサイトのURLを入力することで要約してくれるのはタンテキと同じですが、ELYZAは3行以内にまで圧縮してくれます。

タンテキが文章作成向けならば、ELYZAはタイトルや概要向けでしょうか。
個人的には、「処理のコメントを書いていたらやたらと長くなったからどうにかしたい」瞬間が来た時に利用したいです。
まあ、やたら長いコメントなんて書かなくていいプログラムにしようねという話なのですが・・・。たった2行のコードのコメントに困った挙句、数式を書いた前科がありましてね

それでは遊んでいきましょう。
私が今回ELYZAを知るきっかけになったこちらのニュースを要約して頂きます!
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1346636.html

2.タンテキで要約してみる

まずはタンテキ。

圧縮要約率はデフォルト設定の50%でいきます。

871文字のサイトが410文字になりました!
唐突に登場したURLは残念ながら無効でしたが、
記事の主題に合った要約だと感じました。

重要視された文章を出してくれるのうれしいですね。
話す内容を先に書き出して、要約してもらった文章をパワポに載せるとかいかがでしょう。

一通り圧縮率試してみましたが、30%要約がとても自然でした。

3.ELYZAで要約してみる

さて、今度はELYZAを使ってみましょう。

利用規約の同意をポチして、いざ要約。
タンテキが一瞬だったのに対し、ELYZAはしばしクルクル。

出ました!

に、2行にまとまってる・・・!!
こちらでは無料で利用できることが強調されていて、お得感ありますね。
ELYZAの特徴として、「出てくる文章が原文そのままではない」ことが挙げられます。
元の文書にはない表現を扱うことができるので、より自然な要約文を出力してくれるということですね。

その「元の文書にはない」をより実感できるサイトを発見したのでご紹介します。

https://www.w2solution.co.jp/

弊 社 ト ッ プ ペ ー ジ

ちょっとELYZAさんの扱い方を間違えてる気がしますが、URL入力して、やってみましょう。
(ちなみにタンテキさんで弊社トップページのURLを入力すると、本文取得が出来ないとのメッセージが出ました)

……弊社が顧客満足度を重視していることが大変よくわかりますね。
では、「元の文書にはない」を実感していきましょう。

お分かり頂けただろうか。

ないのである。
ctrl+fで。
お得ってワードが。

ないのである!!!!

弊社でAIに詳しい方、どなたか是非技術的側面からこの辺解説して頂きたいです。
靱だとただ感動して終わってしまうのがとても勿体ない。

4.おわりに

ちょっとテンション上がりすぎましたが、エンジニアに限らず業務改善に繋がりそうなサービスを紹介させて頂けたかと思います。
ついでに、なんか新しいサービス見つけた!!!と浮かれる気持ちが少しでも共有出来ていましたら幸いです。

以上、キャリアチェンジからもうすぐ1年の初級者中途エンジニアがお送りしました。

関連記事

プロジェクトストーリー

おすすめ記事

技術

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

TOP
TOP