会社と個人の成長を支えるMVV

私は大学4年の4月から長期インターンシップをスタートし、21卒総合職としてカスタマーサクセスチームにジョインしました。

インターン時代を含め、この会社で働いて早くも1年3カ月が経とうとしています。

ここでは、私がw2で働く上で大きな魅力だと感じている、w2の「MVV」について話します。

1. MVVとは

『Mission Vision Value』 w2グループ全体の成長と、文化の根幹となる重要な指針です。

具体的には
・w2の究極的なゴール(Mission)
・Missionを達成するための方針・方向性(Vision)
・行動、価値観の基準(Value)

をそれぞれ定めたものです。

それぞれをもう少しイメージしやすいように説明すると、

  • w2では「w2の究極的なゴール(Mission)」に共感したメンバー同士で働ける環境があります。
  • w2では「Missionを達成するための方針・方向性(Vision)」という目指すべき方向が明確にあります。
  • w2では、その(Mission)(Vision)を達成するために、全社員が日々「行動、価値観の基準(Value)」を意識し、お互いを高め合いながら働いています。

2. チームと個人の成長を支えるMVV

僕がw2に入社して改めて感じる、w2の魅力とは、

「会社の成長の方向と、個人の成長の方向が重なる環境で働けること」です。

社員全員が、「自分のなりたい姿」を明確に持っており、w2では個人の成長に合わせてポジションが用意されています。

そのため、個人の目標を日々意識しながら仕事に取り組めているんです。

w2にはイキイキしながら働いている社員が多いと感じています!

なぜこの環境が実現できているのか、ポイントは以下の2つかなと思っています。

  • MVV合宿、MVV発表会を通して、5年ビジョンを全社員に共有する
  • 年4回の目標設定とフィードバック

ここは他の記事でも記載されているので、詳細は省略しますが、

2日間のMVV合宿を通して、MVVの理解を深め、個人の5年後のビジョンを正確に描きます。それによって会社が進むべき方向と、個人が持っているコンパスの方向が重なります。そしてこのビジョンをMVV発表会を通して社員全員に共有することで、さらに結束力が高まります。

また、w2では、年4回の目標設定とフィードバックを通して、自分の決めたビジョンに向かえているか忘れることなく、随時振り返ることが出来ます。

3. 入社の大きな決め手

少し僕の話をします。
学生時代を振り返ると、中学から大学までチームスポーツの部活に所属し、チームの高い目標を達成するために日々努力を重ね過ごしてきました。

最高学年になってリーダーの役割を担った時、どの代でも課題に感じていたことは、「チームの目標と個人の目標の方向に乖離がある」ということです。

極端な例ですが、全国大会を目指しているチームに、「ゆるく楽しくプレーしようよ」ってメンバーがいたら、チーム全体が冷めますよね。

チームで目標を定め結束を高めても、個々を同じ方向に継続的に向かわせることはとても苦労しました。

そんな学生時代の経験から「会社と個人が成長をし続ける強い会社」に憧れを持ち就職活動をしていました。

そこで何かのご縁でw2という会社を知り、会社の理念「MVV」に強く共感しました。「会社と個人が成長をし続ける環境がある」と確信し、内定を頂いてすぐに受諾したのを覚えています。

僕が、就活の際に軸として見ていた環境は以下です。

  • 社員が会社の理念に共感して働いている
  • 会社に高い目標を掲げている環境がある
  • 社員が高い志や目標をもって働いている

これらは入社してからも感じます。やはり自分が選んだw2は間違っていなかった。と思っています。

4.おわりに

僕の最も好きなw2の「Value」の一つを紹介します。それは

「本気を楽しむ」  です。

w2には、MVVという共通の指針のもと、個々が高く強い志を持ち目標に向かって仕事をしています。

その目標は決して楽ではありませんが、本気で達成しようと取り組むからこそ感じること、それは

「何事も本気で取り組むから楽しい」

上司からは何度も厳しくFBを頂けたり、同期メンバー同士でも「ここは良くないよね」と感じた箇所は厳しく指摘し合える環境です。

僕たちは、何度も失敗も重ねながら着実にゴールに近づいています。そのゴールの達成までの過程を楽しんでいます。

今後そんなメンバーが増えて一緒に働けることが楽しみです。

皆さんとお会いできるのを楽しみにしております。

関連記事

プロジェクトストーリー

おすすめ記事

技術

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

TOP
TOP