w2エンジニアの最初の技術研修、掲示板作成で学んだこと

みなさん、初めまして、4月に入社しおよそ3か月の研修を終えた21卒エンジニアです。

この記事は、主にw2のエンジニアに興味がある方に向けて、技術研修の一つである「掲示板作成」についてご紹介できればと思い作成しました。



掲示板作成について

入社後、まず初めに取り組む技術研修が「掲示板作成」です。

内容としては、内定承諾後に入社前課題として各々で作成した掲示板をブラッシュアップしていくものです。

具体的にはコード規約への準拠、冗長な部分の簡略化、ドメイン層の分離などを行います。

ドメイン層の分離については、初めて聞く方もいらっしゃるかもしれないので軽く説明します。

ドメイン層分離とは業務ロジックを実現するレイヤで業務領域を、Model、Service、Repositoryに分割して表現するというものです。Modelは、業務データを保持するクラス。Serviceは、Repositoryを介してModelのCRUD(Create, Read, Update, Delete)操作を行うクラス。Repositoryは、データベースに対するCRUD操作を行うクラス。ドメイン層分離を実現することによって、保守性を高めるといったものです。

初めて聞くことが多く「難しそう!」と思った方も安心してください!

w2では”オープンフラット”を重要視しているので、気軽に先輩方に質問をしたり、コードレビューを行ってもらったりして、適切なフィードバックをもらいながら開発を行えるので、安心して研修を行うことができる環境が整っております。


掲示板作成研修を通して学んだこと

掲示板作成を通して、成長するのために重要な力を学びました。それは、質問力です。質問力とは、いかに相手の時間を取らず、自分が求める回答もしくはヒントを相手から引き出せるかだと思っています。掲示板作成では一つの質問に対してのやり取りを最小に抑えることを意識して質問をしていました。質問力が上がることで、相手にこの人の質問には答えやすいから追加でもっと話したいと思ってもらえる可能性が高くなるというメリットもあります。掲示板作成後に続く研修では、この身についた質問力を発揮してやり切ることができたと感じています。


おわりに

いかがでしたでしょうか。
w2では入社してから約3か月の研修があります。
その一つ一つを確実にこなしていくことで、スムーズに業務に入っていく力が身に付きます。

今回の記事で少しでも掲示板作成研修の概要をつかんでいただき、この記事を見てくださっている方のお役に立てれば幸いです。

関連記事

プロジェクトストーリー

おすすめ記事

技術

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

TOP
TOP