圧倒的成長。新卒1年目の自分が会社に求めた環境

皆さんそれぞれ、会社に求める環境や風土は違うのではないでしょうか。
居心地を重視する人、成長できる環境を重視する人、はたまた福利厚生を重視する人。様々な意見があるかと思います。

その中で私は、新卒1年目で圧倒的に成長できる環境を求めました。
そうして、たどり着いた場所がw2ソリューション株式会社です。

今回は、私が働く上で『成長するために求める環境とw2の文化・風土』を一部紐づけながら紹介します。


失敗力・学び力

w2には、『失敗力・学び力』という、常に挑戦できる文化があります。
もちろん単純に失敗をしてもいいというわけではありません。
自分を超えるチャレンジを繰り返し、その度に失敗して学びを得る。
この過程は、成長するために重要で、どんどん失敗しようという考え方です。

失敗することは、大抵の人が怖いと思います。
しかし、『挑戦無くして成功なし』と言われるよう、成長過程において
挑戦と失敗はつきものです。

常にチャレンジし、壁にぶちあたりながらも、失敗と学びを積み重ね、PDCAを回し、成長する。
これが私にとっての圧倒的に成長するための環境であり、w2の風土です。

主体性

次に、w2は主体性を重視します。
目的が大切ですが、自分でやりたいと思った事にトライすることができます。
そして、成功するために全力で応援してもらえる環境もあります。

また、MVV合宿と言われるこれからの5年間のビジョンを明確化するプロジェクトも用意されています。

これによって、「今の自分には何が必要なのか。」「何をしなければいけないのか」が自身の中で明確になり、短期的なゴールと長期的なゴールが自然と見えてきます。

w2の環境であれば、常に一歩一歩前進しながら、長期的な視点で着実に自身のゴールに向かって進むことができます。

おわりに

今回は、私にとって『成長するために求める環境とw2の文化・風土』を一部紐づけながら記載させていただきました。

皆さんも自分にとって新卒1年目に必要な環境はどのようなものなのか。
そして、中でも何が自分にとって最も大切なのかを考える1つのきっかけにしていただけると嬉しいです。

関連記事

プロジェクトストーリー

おすすめ記事

技術

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

TOP
TOP