離島で開発!?w2の改善合宿

こんにちは!エンジニアの井上です。

今月、CTOを含むエンジニア4人で、沖縄に「改善合宿」へ行ってきました。
静かなリゾート地で行った2週間の開発についてご紹介します。

Work hard

背景

「なぜ沖縄?」「何しに沖縄?」と思っている方も多いと思います。

改善合宿は、技術的課題に2週間集中して取り組み、ガッツリ製品を良くしていくことが目的です。

w2が開発・販売するECパッケージ「w2Commerce」は、今では様々なお客様にご利用いただいています。
しかし、創業当初から機能の追加が繰り返されていることもあり、ソースコードの見通しが悪くなっている箇所や、古い書き方のコードが残っているなど、様々な課題も存在します。

特に、「受注管理」や「ユーザー管理」など、ECの基盤となる部分は初期バージョンから機能が存在しているので膨大で各所複雑に絡み合ってしまっているんです。

そこで、他の仕事やミーティングには一切参加せず、開発に集中しようと、今回の改善合宿が企画されました。
改善した課題は大きく5つ!

那覇市から1時間ほどかかる沖縄県読谷村のホテルで、2週間缶詰になり製品開発をしてきました!

圧倒的展望です

周りにコンビニひとつない環境。
集中して取り組むことができました!

何を改善したの?

今回の改善合宿では、古い箇所のリファクタリングと、新しい技術の試験導入を中心に行いました。

古い箇所のリファクタリングでは、先輩が「受注管理」周辺をかなりキレイにしてくれました!

w2Commerceでは「ドメイン駆動設計」を取り入れているのですが、開発当初から導入されていたわけではありません。
そのため、業務ロジックがあちこちに書いてあったりするのですが、こちらもキレイにドメインにまとめてくれました。素敵ですね。

私はというと、Vue.jsの試験的な導入を行いました。

Vue.jsはUIフレームワークなのですが、別のフレームワークで稼働しているプロダクトにも部分的に導入できるのが特徴です。

ASP.NETは独自の記法も多く、デザイン会社さんへの負担も多少大きいため、製品に本格的にVue.jsが導入されればかなりやりやすくなるんじゃないかな、と思っています。

Play hard

そして、せっかく沖縄まで行ったのなら遊ばないと損ですよね!(笑)
もちろん休日はしっかりと遊んできました。

やっぱり沖縄は食事が美味しいですね。
個人的にはあぐー豚のしゃぶしゃぶが最高でした。多分また行くと思います。

あぐー豚

また、あいだの土日には座間味島という島で一泊しました。
シュノーケリングツアーに行ったのですが、海がキレイすぎてびっくりしちゃいました。

そしてオリオンビール!!

からの泡盛!!!

遊んでばかりいるんじゃないかと思われてしまうかもしれませんが、業務はしっかりとこなしていますよ。

まとめ

w2には「Work hard, Play hard」という考え方があります。
仕事はしっかり集中、遊ぶ時は全力で遊ぶ。
これを体現できた2週間でした。

今は銀座オフィスに戻り、環境で働いています。
改善合宿で学んだことを活かし、これからも頑張っていきたいと思います!

ちなみに真っ黒に日焼けしました。

関連記事

プロジェクトストーリー

おすすめ記事

技術

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

TOP
TOP