LINQPadで遊んでみよう! #3

こんばんは!
世界で猛威を奮っている新型コロナウィルスにより、ただいまリモートワーク中の多肉系エンジニアのほりです。ここ最近は運動不足とならないように、YouTube をみながらラジオ体操してます。

さてさて、前回の記事 では LINQPad でパッケージマネージャである NuGet を使ってサードパーティ製のライブラリを読み込み、エクセルファイルを開くということをしました。今日は LINQPad でデータベース接続を試してみたいと思います!

おさらい:LINQPadとは?

まずは、恒例のおさらいです。

LINQPad は軽量な.NET実行環境(C#/F#/VB) で、以下のような特徴があります。
 ・データソース(DB、エクセル)に簡単に繋げる
 ・コンソールアプリ作るよりLINQPadのほうが気軽にためせる
 ・結果をグラフィカルに確認できる

試してみよう!

冒頭でも述べていた通り、今回は題材として SQL Server に接続してテーブルのデータの中身を表示してみるということをやってみます!

まずは下記のように Add connectionをクリックすると接続先を追加できるようになります。

LINQPad 標準のデータコンテキストである LINQ to SQL を利用することで、SQLServer に接続することができますので、今回はこれを利用していきたいと思います。

SQL Serverに接続するために必要な接続情報を入力していきます。

うまく追加できると、以下のようにデータベースがずらりと並びます。

今回検証用にテーブルとそのデータを用意しました。

CREATE TABLE Company (
   ID INT NOT NULL IDENTITY(1,1) PRIMARY KEY,
   CompanyName VARCHAR(50) NULL,
);

INSERT INTO Company
  (CompanyName)
 VALUES
  ('companyA'),
  ('companyB'),
  ('w2solution')

念の為、SSMSでデータが投入されたことを確認します。

問題ないですね。
続いて、LINQPad上で確認してみます。

おや・・・? Company というテーブル名で作成したのに Companies とテーブル名が複数形になっていますね・・・!?(※これはどうやら接続設定で変更できそうでした)

データを確認したいため、以下のコードでデータを確認しました。

Companies.Take (100)

ちゃんととれてますね!

まとめ

LINQPadの便利さをご理解いただけましたでしょうか?(3回目)笑

このデータソースで取得したデータに対してもLINQを利用できるので、絞り込んだり加工したりと容易にできます!ぜひ試してみてください!

関連記事

プロジェクトストーリー

おすすめ記事

技術

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

TOP
TOP