プレスリリース

【w2ソリューション掲載】『ベンチャー起業家からの提言』

弊社w2ソリューションの代表取締役CEOである山田大樹がベンチャー通信(7月号)にてインタビュー記事が掲載されました。

ベンチャー通信Vol.80(2020年7月号)

ベンチャー起業家からの提言

新型コロナウイルスの感染拡大は、社会のあり方を一変させ、多くのベンチャー企業の経済活動に甚大な被害をもたらしている。4月に発出された緊急事態宣言は解除されたものの、今後、第2波、第3波の到来も予想されるなかで、終息の見通しはいまだ見えず、その影響も長く尾を引くことは避けられそうにない。これまで数多の困難を乗り越え、成長企業の礎を築いてきた起業家たちは、この危機をどう受け止め、その先にどういった未来を描いているのか。今号では、過去の本誌巻頭インタビューに登場した起業家たちに取材。先行き不透明な時代を生き抜くヒントを探った。

 

ベンチャー通信とは?

ベンチャー通信Onlineはベンチャー企業の社長のインタビューサイトです。
ベンチャー通信は2000年に創刊されたベンチャー業界誌です。毎年、数多くのベンチャー企業が日本で生まれています。そんな中から、将来の日本経済を担うような本物のベンチャー企業が輩出されていくことを編集部一同は願っています。

ベンチャー通信

【掲載内容】

目指すはアジアのコングロマリット企業

~「Win-Win」による価値創造を通じて~

当社は、創業15年で380社以上におよぶECシステムを構築したほか、導入顧客の平均売上成長率354%達成など、国内2位のポジションにまで昇りつめ、業界1位の成長率を記録しています。

当社のミッションは、「Win-Win」による価値創造のソリューション提供です。EC市場の発展やテクノロジーの加速化など、全てを網羅したビジネス戦略のもと、テクノロジーを基軸に顧客の課題を解決する独自のビジネスモデルを構築しています。

海外では、ベトナム拠点/台湾拠点からAsia Pacificに展開。2020年4月には、イギリス拠点が立ち上がりました。

これからEU/USを含めたグローバルに拡大させていきます。

w2の“Made In Japan”による高い技術・サービスが、世界のEC市場をけん引し、プラットフォームとして価値を高めていきます。

2020年4月末には、新卒が42名入社し、そのうち半数以上がエンジニア/クリエイターです。

また、2021年4月は80名を超える新卒採用を予定しています。その「エンジニア/クリエイター専用のオフィス」が銀座本社から徒歩3分の場所に、100坪超の広さで開設されました。

w2の大きな特徴である、「自社開発100%/自社導入100%/自社カスタマーサクセス100%」の仕組みとは、お客さまもw2のメンバーもアライアンス企業さまも全てを幸せにする仕組みであり、年々、多くの、大きな、「Win-Win」が創出され続けています。

私たちは、今後10年でアジアのコングロマリット企業へと成長していきます。

ECという市場で、モノ軸で、メーカーと消費者の流れをスムーズにしていきます。高い技術とサービスから、日本から海外へ、W2ソリューションが価値を創出していく”Be theworld’s No.1 E-Commerce Company”。

 

 

 

RELATED POST