成功ノウハウ

ECサイトの構築手順を素人でもわかるように説明する方法

ECサイトの構築手順を素人でもわかるように説明する方法
インターネットが普及し始めた昨今では、店頭に行かなくても色々なものがネットを通じて購入できて、欲しいものが手に入ります。 このように、ネットで買い物ができるショッピングサイトを『EC(エレクトロニックコマース=電子商取引)サイト』と呼びます。 有名どころとして、Amazonや楽天市場などもECサイトの1つです。 今回はそんなECサイトを初めて作ろうとしている人にわかりやすく手順を説明するためのポイントを解説します。 また作った経験がある人でもおさらいができるようになっています。 この記事を参考にECサイトをどうやって作るか、素人にわかりやすく説明できるようになりましょう。

ECサイト構築前にやるべきこと3つ

ECサイトを構築する前にやるべきことは以下の3つです。 * どんなECサイトを作るかを具体的に決める* どのツールを使用してECサイトを作るのか決める* ECサイト作成期間、予算を決める これら3つの項目はECサイトをスムーズに構築するために必要なことです。詳しく見ていきましょう。

どんなECサイトを作るか具体的に決める

ECサイトは大きく「モール型サイト」と「自社ECサイト」の2種類に分かれます。それぞれの特徴は以下のとおりです。 * モール型サイト:さまざまなショップが1つのサイト(ドメイン)の中で営業をしているサイトのこと。Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどが有名* 自社ECサイト:自社の商品を自社製のECサイトで販売しているサイトのこと。ファッションブランドの通販サイトなどがこれにあたる。 モール型サイトに出店する場合は、必要な機能をワンセットでもらえるのですが、自社ECサイトを作る場合はECサイトの構築アプリの提携会社と契約し、機能の申し込みをする必要があります。 どんなECサイトを作るかで費用や労力、提携する会社などが変わるので、まずはモール型にするか自社型にするのかを決めることが大事です。 次はサイト内の内装部分を決めましょう。 特に自社のECサイトを作る場合は、起業のイメージカラーなどを内装に盛り込み企業のオリジナル感を出すと、ユーザーの目に留まりやすいと考えられています。 さらに、どの層のユーザーに向けたECサイトにするかも具体的にしておきましょう。 Amazonや楽天市場のようにモール型のECサイトであれば不特定多数のユーザーに向けられるのですが、もしそうではない場合はターゲットとするユーザーを絞る方が開設と同時に集客を行ないやすいでしょう。 ほかにもロゴのデザインやどんな商品をECサイト内で売るかなども構築前に決めておくことが大事です。

どのツールを使用してECサイトを作るのか決める

自社のECサイトを構築する際、どのようなツールやアプリを使うのかによってサイト制作の難易度が変わります。 また構築費用も、個人用を作る場合と企業用を作る場合では金額や使うツールが異なるのです。 以下におすすめのツールと特徴をまとめたので参考にしてみてください。
どのツールを使用してECサイトを作るのか決める

ECサイトの構築期間、予算を決める

どんなプロジェクトでも期間や予算を事前に組んでから行うのと同様に、ECサイトも構築期間や予算を決めてその範囲内で最高のECサイト制作を行ないます。 特に予算は、初期費用の計算だけでは不十分です。 月額でかかる費用や定期的な点検・リニューアルにかかる費用といったランニングコストに関してもあらかじめ決めておく必要があるでしょう。 構築期間は、ECサイトの運用開始日に合わせて決めます。 この構築期間はどんなツールを使ってサイトを構築するかによって大幅に時間が変わります。 余裕をもったスケジュールを設定するようにしましょう。 以上がECサイトを構築する前にやるべきこと3つです。 これから構築を考えている人に説明するときは、必ず前段階の準備から詳しく説明してあげてください。

【読者限定】ECノウハウ資料プレゼント中‼

この記事を読んでいる方限定に、

EC関連の売れるノウハウ資料プレゼント中‼

詳細はこちら

ECサイト構築のときに素人が間違えやすいポイント

ECサイト構築のときに素人が間違えやすいポイント
ECサイトの構築時に素人が間違えやすいポイントは、主に以下の2つです。 * 支払い方式が現状に対応できていない* 構築者が編集しやすいサイトになっており、ユーザー寄りのサイト内装になっていない これら2つは特に、構築の際に見落とし、勘違い、間違いが多いポイントとなっています。 昨今の支払い方法はキャッシュレス、代引き、銀行振り込み、郵便振り込みなど多岐にわたります。 電子マネーの台頭も目覚ましいため今後のECサイトはどの支払方法でも対応できないといけません。 支払い方式の見落としには気をつけましょう。 ECサイトはあくまでユーザーが見やすく、使いやすく、買いやすい、この3点が揃っていないといけません。 しかし構築の途中で編集しやすい内装になってしまいがちになると、ユーザーがECサイトから商品を購入する割合は減ってしまうでしょう。 構築している最中で逐次「ユーザー寄りのサイト内装になっているか?」を確認するようにしてください。

ECサイトの構築は前持って準備し、余裕のある構築がカギ

いきなりECサイトを作ってほしいと頼まれ、依頼者のお眼鏡にかなうECサイトを作れる人はほぼいません。 誰でも初めは「どのようなECサイトを作るのか?」や「どんなユーザーに向けたサイトを希望なのか?」などの骨子の組み立てから入るはずです。 そこがクリアできて初めてECサイトの構築に取り掛かれます。 ECサイトを作りたいからといっていきなりデザインの説明や機能やツールの説明をしても、いずれつまずくだけでしょう。 まずは基本的な部分からしっかりと説明してあげてください。 そのためにはある程度期間に余裕が必要です。

ECサイトを構築するときの注意点まとめ

ECサイトを構築するときは以下のことに注意しましょう。 * どのユーザーに向けてECサイトを作ったのか、目的を明確にする* どんなECサイトを作るのか、内装なども具体的に決める* 構築する前に期間と予算を決めておく* ECサイトで購入するときの支払い方法の見落としがないか注意する* 開設後にユーザー向けのECサイトとなっているか確認、必要であればリニューアル* 配送方法が異なる商品の同時購入に対し、対応できているか* ECサイトと販売管理の基盤システムの連携がしっかりとれているか 注意点の中には、構築前のことと構築し開設した後のことの両方が含まれていますが、どちらもECサイト開設前に対応策をこうじておかないといけない項目です。 もしECサイトを構築しようとしている人に説明をするのであれば、構築前だけではなく構築後の話もして、必ず確認をさせましょう。

RELATED POST