成功ノウハウ

ECサイトにおける在庫管理システムの利用メリット・選択方法

ECサイトにおける在庫管理システムの利用メリット・選択方法
ECサイトの運営には、在庫管理は欠かせません。在庫を正確に把握しておかなければ損失に繋がり、スムーズな作業もできなくなります。 スピーディーに出荷に至るためにも、使いやすい在庫管理システムを導入しましょう。 ECサイトの在庫管理におけるポイントや、在庫管理システムを利用するメリット、さらに在庫管理システムの選び方もご紹介します。

ECサイト在庫管理3つのポイント

ECサイトの在庫管理を徹底して回転率を上げるには、いくつかのポイントを抑えておくことが重要です。 ここでは、在庫管理において気を付けなければならないポイントを3つご紹介いたします。 現在の在庫管理に不安がある場合はぜひご参考ください。 

1. 必要最低限の在庫のみにする

在庫の数が多くなると、それだけ倉庫のスペースが必要です。 また、在庫を管理するための人件費もかかります。 これらの在庫数が適正であれば問題ありませんが、過剰に在庫を抱えることで、倉庫代や人件費の冗費だったり、商品在庫の損傷や賞味期限が過ぎたりといった問題が考えられるでしょう。 このようなトラブルを防ぐためには、在庫を最小限に留めることが大切です。

2. 在庫の数を正確に把握する

在庫数は徹底して正確に把握するようにしましょう。 在庫数の管理が曖昧だと、注文が入ったときに商品を用意できないという人的ミスにつながります。 在庫がまだ十分にあるのに入荷してしまった結果、無駄な在庫を抱えるというリスクが考えられます。 いつでも、誰でも、在庫数がすぐに把握できるようにしておくことが大切です。

3. 不要な在庫は適宜処分する

在庫の数を最小限にして在庫数を管理していても、どうしても不要な在庫は出てしまいます。 賞味期限切れの商品や不良品などは、できるだけ早く処分できるようにしておきましょう。 まだ使えるものであればキャンペーンなどを活用して安く販売し、販売できない商品であれば廃棄にします。 いつまでも在庫をそのままにしておくことで倉庫に無駄なスペースが生まれてしまうので注意しましょう。

【読者限定】ECノウハウ資料プレゼント中‼

この記事を読んでいる方限定に、

EC関連の売れるノウハウ資料プレゼント中‼

詳細はこちら

ECサイト在庫管理システムのメリット3つ

ECサイトの在庫管理に専用のシステムを導入すると、さまざまなメリットが生まれます。 システム導入にお悩みの方は、まずはメリットをチェックしてみましょう。

1. 社内の誰もが在庫状況を把握できる

在庫管理システムの使い方を社内で共有すれば、社内の全員がシステムにアクセスすることで在庫状況を把握できます。 社員の一部に在庫管理を任せっぱなしにしていると、わざわざその人に確認したり、担当が変わるたびに引き継ぎしたりなどさまざまな工程を挟みます。 在庫管理システムならそのような無駄な手間やコストを省くことが可能です。

2. 仕入れの数量を予測しやすくなる

在庫管理システムがあれば、どの商品がどれくらいのペースで売れているのかをすぐに確認できます。 そのペースに合わせて次に入荷する商品の数を予測しやすくなり、過剰に在庫を抱えて在庫不足になってしまうミスを減らせます。 商品入荷の予測が立てられない、ミスをしてしまうという場合にはこのシステムは非常に便利です。

3. ミスを減らし業務効率をアップできる

在庫管理システムでは、バーコード検品などでスムーズに商品を出荷、管理できます。 そのため、手作業で行うよりも人的ミスが少なく、クレームや返品、交換などの作業も削減できます。 このように、手作業のような手間が削減でき、業務の効率化にも役立ちます。

ECサイト在庫管理システム選びに重要な3つのポイント

今では在庫管理のシステムは色々な種類が存在します。 選択肢が多すぎてどれを選べばいいかわからないという方もいらっしゃるでしょう。 ここでは、在庫管理システムを選ぶポイントについてご紹介します。

1. カスタマイズ機能が充実している

ECサイトの運営には流動性が欠かせません。 トレンドや時代、ユーザーに合わせて使いやすいECサイトを目指す必要があります。 その際に、機能性の高い在庫管理システムであれば、使いやすいようにカスタマイズが可能です。

2. 現在利用しているシステムとの連携

受注管理システム、出荷指示システムなど、現在利用しているシステムと連携できるかを確認しましょう。 連携ができないと、結局手間が増えるだけで人的ミスも多くなってしまいます。

3. 出荷・配送までしっかり管理できる

宅配便などの配送ソフトと連携でき、バーコード検品で出荷ミスを防ぐなど、商品の在庫管理だけでなく出荷、配送まで一律して管理できる機能があると便利です。 とくにバーコードによる検品は、出荷が命取りになるECサイトなら必ず取り入れておきたい管理方法ではないでしょうか。

ECサイトに欠かせない在庫管理システムを導入しよう

ECサイトの在庫管理システムについてご紹介しました。 在庫管理システムはたくさんの種類があり、取り扱う商品によっても最適なシステムは異なります。 自社のECサイトにはどのシステムが最適なのかをよく考えて取り入れ、業務効率化を目指しましょう。

RELATED POST