成功ノウハウ

【予算別】ECサイトの構築費用を徹底比較!目的や安さ、機能など選び方のコツとは

【予算別】ECサイトの構築費用を徹底比較!目的や安さ、機能など選び方のコツとは

インターネットを介したビジネスとして「ECサイト」は大きな発展を見せています。

日本でも多くの企業がECサイトを立ち上げ、成果を出してきました。

ただ、ECサイト構築にかかわる費用がどのくらいなのかは、やはり気になるところですよね。

事業規模に見合った費用でECサイトを開設することが大事です。

この記事では、ECサイトの構築方法やかかる費用について解説していきます。

1.ECサイトにおける4つの構築方法と各費用の目安

まずは、自社に合った種類のECサイト構築方法を検討しましょう。

ECサイトを立ち上げるにはいくつかの方法があります。

この段落では、代表的な4つの方法について、それぞれの特徴やコストを紹介していきます。

1-1.①ASP

ネット(ブラウザ)上で手軽にECサイトを始めたいとき、ぴったりの方法が「ASP(Application Service Provider)」です。

直訳すると「アプリケーションの機能を提供する者」となり、契約すればECサイトの仕組みをWeb経由で利用できます。

ASPならサーバーを新たに調達するなどのコストを削減できます。

また、既存のサービスを使う流れになるので構築費用も安価です。

そのうえ、システムの維持もベンダーに任せられるのが魅力です。

自社で専門のスタッフを雇う必要がなく、人件費の面でもメリットが大きいといえます。

ASPの初期費用は無料から最大でも100万円ほどになります。

モール型ではない独自のECサイトを作ることは可能ですが、拡張性がないなどの拡張性はありません。

有料版のASPは月額費用がかかるものの、数万円程度に収められます。

1-2.②オープンソース

無償公開が特徴のECサイト構築システムが「オープンソース」です。

ベンダーが開発したシステムが専用サイトなどにアップされており、誰でも無償で利用できます。

そのうえ、ソースコードまで示されているのでカスタマイズ性も低くありません。

自社の業態に合った形へと修正しやすいのがメリットです。

一方、オープンソースはサーバーなどを自社で用意しなければなりません。

また、カスタマイズやメンテナンスも自社で担わなければならないケースが大半です。

さらにセキュリティ面においても都度、自分たちで対応しなければいけません。

そのため、ASPに比べるとやや費用は高くなります。

初期費用は数十万円以上、月額費用は個人で数千円以上、企業で数十万円以上が目安です。

1-3.③パッケージ・クラウドEC

ベンダーが開発したECサイトのシステムを一般発売しているパターンもあります。

この方法は「パッケージ」と呼ばれ、サイト構築に必要な機能が初期段階から備わっています。

また、拡張性も広いのが魅力です。

そのかわりコストは高くなる傾向にあり、初期費用で数百万円以上、月額費用が数十万円以上になることも珍しくありません。

一方、クラウドサーバー上にECサイトを作る方法も広がっています。

「クラウド」はパッケージと同じく、中大規模のECサイト構築で人気です。

クラウドは常にベンダーによって機能がアップデートされるので、陳腐化を避けられるのが特長です。

なお、クラウドの初期費用は数百万円以上、月額費用は数十万円以上が相場となります。

1-4.④フルスクラッチ

ゼロから自社の完全オリジナルサイトを構築する方式が「フルスクラッチ」です。

フルスクラッチを選べば、自由にデザインや機能を盛り込めます。

そのかわり、必要な費用と技術力はもっとも高くなるでしょう。

なお、マーケティング部門に知識が備わっているのであれば、IT部と連携し、
売り上げを大幅に向上させる高速PDCAサイクルもできあがります。

たとえば、サービス内のカート周りを充実させユーザーの購買につなげるなど、
有益なアイデアがスムーズに採用されていくサイクルを生み出せるのです。

ただ、フルスクラッチは初期費用の目安が数千万以上です。

月額費用も数十万以上はかかってくるので、大企業向きのECサイトだといえます。

2.ECサイト構築方法は費用で選びすぎない!売上に応じた検討が重要

構築方法の種類によってECサイトの費用は大きく変わります。

自社にとって不要な機能が多いにもかかわらず、費用が高くなってしまうと利益を出すのは難しくなるでしょう。

そこで、自社の売上に見合った構築方法を検討するのが成功のポイントです。

たとえば、個人や年商1億円以下の小規模な事業であれば、小規模用のASPかモール型ECに参加するのが得策です。

モール型とは複数の店舗がひとつのサービス内に集まっている形式を指します。

年商1億円前後の企業の場合、モールではなくパッケージ・クラウドECをおすすめします。

年商1億~50億程度の企業であればカスタマイズがある程度自由にできるパッケージかクラウドECが向いています。

機能が充実しているだけでなく、クラウドなら陳腐化対策も可能です。

そして、年商50億以上の大企業でECサイトを自社事業の核に据えるつもりならフルスクラッチが向いています。

デザインと機能性、両面において他社との完全な差別化を目指しましょう。

3.予算別でみるおすすめのECサイトの構築方法

ECサイトを構築する際の企業の事情はさまざまです。

潤沢な予算をかけられるところもあれば、できるだけ安価に抑えたいケースも出てくるでしょう。

以下、予算別にECサイトの構築方法を紹介していきます。

3-1.予算が10万円以内の場合

ECサイト制作の費用を10万円以内に収めたいなら、ECモールに出店するのが得策です。

日本でも楽天、Amazon、Yahoo!ショッピングなどのプラットフォームが知名度を獲得しています。

自社で開発費用を負担する必要がないうえ、巨大サイトになればリピーターも少なくありません。

自社でサイトを立ち上げるよりも売り上げが高くなる可能性があります。

ただし、モール型だと販売のロイヤルティや月額利用料などが発生します。

これらの月々のランニングコストを支払った結果、出費の総額が10万円を超えてしまうケースも珍しくありません。

ランニングコスト以上の売り上げを達成できるかどうかは要検討です。

モール型は運用費用ではなく、あくまで初期費用を安く済ませたいときに利用するべき方式です。

3-2.予算が10万円以内で自社サイトを持ちたい場合

予算10万円以内で自社のECサイトを開設したいのであれば、オープンソースを利用しましょう。

オープンソースは無償で提供されているため、開発費用がほとんどかかりません。

そのうえ、ECサイトに最低限必要な設備もそろっています。

1~2カ月ほどでサイトを開設できるのは大きなメリットです。

そのかわり、オープンソースは構築もメンテナンスも自社で行わなくてはなりません。

また、何らかのトラブルが起こったときもベンダーが対応してくれるわけではないため、専門的なスタッフを確保しておくことが必須です。

これらの懸念材料さえクリアできるのなら、安くECサイトを開設したい企業にぴったりです。

まだ、それほど個性的なデザインを求めておらず、スピーディーに事業を始めたいときにも向いているでしょう。

3-3.予算が10万~100万円前後の場合

10万~100万円ほどの予算が確保できているのであれば、ASPによるECサイト開設も検討してみましょう。

ASPなら初期費用を大幅に抑えられます。

サイト開設後に月額費用こそかかるものの、メンテナンスやトラブル対応をベンダーに任せられるのは安心なポイントです。

ASPはサイト作成のノウハウが不十分な企業に向いています。

基本的にはベンダーが提供するサービスを利用する形なので、自社でシステムを設計する必要がありません。

また、維持費も安いのでコストパフォーマンス重視でサイトを始めたい企業におすすめです。

3-4.予算が500万円以内の場合

500万円までの予算を確保できるなら、パッケージソフトによるECサイト構築を考えてみましょう。

パッケージソフトは拡張性の高さが売りです。

自社独自の機能を自由に加えられるので、抜群の操作性を誇ります。

また、デザインの幅も広いため、他社よりも際立つビジュアルを展開しやすくなります。

そして、より自由度を求めるならフルスクラッチによる構築もひとつの選択肢です。

フルスクラッチは一から十までオリジナルのサイトを作る方法であり、前例のない事業を目指す企業などに向いています。

ただ、フルスクラッチの場合、サイト構築に高度なノウハウを要します。

その結果、開発コストが数千万円にもなることがあるので注意しましょう。

3-5.予算が500万円以上の場合

500万円以上の予算がある企業はフルスクラッチの導入もおすすめです。

ゼロベースからサイトを構築すれば、他社との差を見せられます。

100万円〜500万円以下で開設するECサイトと比べ、よりカスタマイズ性が高いのはメリットです。

ECサイトの運営と連動して、高速PDCAを回していけるので、マーケティング活動で得たデータをすぐ売り上げに結びつけられます。

ただし、フルスクラッチは制作期間が長くなりがちな方式です。

また、開設後もトラブル処理やアップデートに動けるスタッフを任命しておかなくてはなりません。

社内に十分なスキルを持った人材がいなければ、運用に支障をきたすことがあります。

4.ECサイト構築に必要な費用の内訳とは?

仮にECサイトを外注したとなれば、どの部分まで任せるかで料金は変わってきます。

発生する作業とそれぞれの費用を調べ、予算を算出しましょう。

たとえば、「デザイン」や「コンセプトワーク」はECサイトの方向性を定めるうえで欠かせない作業です。

特に、サイトの目的や魅力を固めるコンセプトワークは、全ての作業の基本になりえます。

ECサイトコンセプトワークの費用相場はおよそ5万~50万円です。

また、ECサイトマップやワイヤーフレームを作る費用は5万~20万円が相場です。

次に、「ページデザイン」も顧客満足度につながりやすいポイントといえます。

多くのネットユーザーに見られるTOPページのデザインは、費用相場が5万~20万円ほどです。

ただし、特定の端末のみに対応している場合です。

複数の端末に対応させるなら費用は10万~30万円とやや高くなります。

また、商品詳細のテンプレートを設けるには5万~10万円ほどかかります。

カテゴリのテンプレート作成も5万~10万円ほどです。

「商品登録」もECサイト開設にあたっては欠かせません。

ただ、数が膨大になるのであれば外部に委託することもあります。

その場合、費用は5万~20万円ほどです。

そして、「各種設定」や「オープンテスト」の費用も想定しておきましょう。

カテゴリや配送など、運用に必要な項目の設定は5万~10万円程度の費用となります。

ページデザインに微調整を加えるなら、新たに5万~20万円ほどがかかってきます。

そのほか、SEO関連設定も気にしたいところです。

タイトル、ディスクリプション、キーワード、H1タグといったポイントを意識的に作成することでサイトのヒット数を向上させることが可能です。

これらをシステムに設定する費用は10万~30万円ほどになります。

5.ECサイトの構築にあたって費用が変わるポイントとは

同じ方法でECサイトを作っていても、細部が変われば費用が増減します。

ここからは、サイト構築で費用の変わるポイントを紹介します。

5-1.どこまでの範囲を外注するのか

自社で開発する範囲と制作会社に発注する部分のバランスは、費用に大きく影響します。

そもそもECサイト完成までのプロセスはかなり細かく、全てを外注すると費用はかなり高くなります。

企画からデザイン、コンテンツ制作やプログラミング、運用管理やメンテナンスまで、どれだけを外注するのか慎重に考えましょう。

中には、専門的なスキルがなくても対応できる作業もあります。

できる部分は自社で行うようにすれば、サイト構築のコストを抑えられます。

5-2.どんな機能を必要とするのか

ECサイトはなるべく、ネットユーザーにとって使いやすい機能を持たせることが重要です。

ただ、全ての機能を開発しようとすればコストは高くなっていくばかりです。

たとえば、「決済方法」だけでもクレジットカード、銀行振り込み、コンビニ振り込み、代金引換といった選択肢があります。

どれだけの方法を実現するため、費用をかけられるのかしっかり考えましょう。

ただ、決済方法のバリエーションがあると、運営側としては購入機会損失を防ぎやすくなります。

また、ユーザビリティに関わる部分を安易に削ってしまうのも考えものです。

サイト内の検索機能、履歴の保存などができるとユーザーの満足度が上がるので、リピートにつながります。

費用対効果を計算し、ターゲット層に合った機能はなるべく残すのも得策です。

5-3.サイト構成やページ数をどうするか

ページ数が増えたり、サイト構成にこだわったりすればそれだけ費用が発生します。

パッケージやASPにデフォルトで備わっているテンプレートを活用するのであれば、費用は安く抑えられるでしょう。

ただ、他社との差別化を試みたり、テンプレートでは望んだサイトにならなかったりするなら、新たにデザインするしかありません。

そもそものサイト構築方法を選定するところから気をつけましょう。

また、共通のデザインを各ページで使いまわすのか、その都度変えていくのかによっても工数が増減し価格は左右されます。

ECサイトのイメージを明確にして構築費用を抑えよう

費用や制作期間、耐用年数といったポイントは、ECサイト制作を行ううえで検討が不可欠です。

もしも費用をかけるのであれば、それに見合っただけの効果を得られるのかしっかりシミュレーションを行いましょう。

また、ECサイト制作会社によっても強みが異なります。

自社が優先しているニーズを満たせる会社を選ぶことが大切です。

ECサイト構築にお悩みならいつでもご連絡ください

いかがでしたでしょうか?

ECサイト構築といっても、将来を踏まえたサイト設計からECで必須なシステムをどのように選定し、

サイトに対応していけば良いのかを考えていくと一人では情報収集に限界があります。

w2ソリューションではECサイトに必須のカートシステムを高機能・低価格でご提供しています。

ECサイトに紐づけるカートシステムでお困りな場合はもちろん、サイト

構築会社様を無料でご紹介も出来ますので、お気軽にお申し付けください。

 

RELATED POST