成功ノウハウ

ECサイトの利用規約について必ず知っておきたい作成方法

ECサイトの利用規約について必ず知っておきたい作成方法
世界中の多くのWebサイトには「利用規約」のページがあります。

利用規約とはそのWebサイトのルールであり、ユーザーに対する公約です。

この公約やルールはユーザーを守ると同時にサイトの運営者や企業を守るためのものでもあります。

もちろんECサイトにも利用規約があり、正しい営業を行うには必須の項目です。

今回は、そんなECサイトの利用規約作成の重要性や、利用規約作成に必要な項目・方法について解説します。

ECサイトの利用規約をしっかり作りたい人や、作り方をおさらいしたい人はぜひこの記事を参考にしてみてください。

ECサイトの利用規約に必要な項目

ECサイトの利用規約には、載せておくべき項目が存在します。

ほかの種類のサイトにも記載されるものも含まれますが、以下の項目は必ず載せておくべきでしょう。

ECサイトの利用規約
  • 項目
    ・特徴(主にどのようなことを書くべきか)
  • 利用登録
    ・利用登録に関する虚偽や違反を行なった結果起こった問題はすべてユーザーの自己責任になる点
    ・利用登録をしたということは、この利用規約もしっかり読んで納得したということになり、いかなる理由においてもこの利用規約に準じた対応で了承するという証になる点
  • 売買契約
    ・ECサイト側とユーザー側の売買に関して契約が解除になる事由
    ・商品の所有権はどのタイミングで引き渡しされるか
    ・売買契約が成立するタイミングはいつか
  • 禁止事項
    ・ECサイトを利用するにあたり、どのような行為が禁止事項にあたるか
    ・禁止事項に触れる行為にあてはまった場合の対処方法について
    ※禁止事項の例※
    ・なりすまし
    ・不正アクセス
    ・公序良俗に反する行為
    ・著作権、商標権に侵害する行為
    ・サービスの妨害
    ・情報の漏洩
    ・反社会的勢力に関与しているか否か
  • 利用規約の変更
    ・利用規約はユーザーに通知なく変更する可能性がある点
    ・規約の変更後にユーザーがサービスを利用した場合は変更に同意したとみなす点
  • 個人情報
    ・登録した際の個人情報はほかに漏れない、適切に取り扱うと約束
  • サービス内容の変更
    ・サービスの変更もユーザーに通知なく行なうことがある点
    ・この変更で生じたユーザーへの不利益に関して企業側は一切の責任を負わないという点
  • 著作権・知的財産権
    ・企業側で使われている写真や画像、イラスト、オリジナルメロディーなどはすべて企業側に権利があるため、二次利用は不可能であるという点
  • 退会
    ・登録者は所定の手続きを行なえばいつでも退会が可能である点
  • 返品、交換、返金
    ・どんな場合に返品、交換、返金が可能なのか
  • 受注、配送、決済
    ・受注から決済までの流れ
    ・在庫切れや悪天候の場合の対応について
    ・配送先によって配送料が変わるのかなど

【読者限定】ECノウハウ資料プレゼント中‼

この記事を読んでいる方限定に、

EC関連の売れるノウハウ資料プレゼント中‼

詳細はこちら

ECサイトに利用規約が必要とされる理由

ECサイトに利用規約が必要とされている理由は、主に以下の5つです。

  • 利用規約は、ユーザーとの契約書になるため
  • モンスターユーザーとのトラブルを回避するため
  • ユーザーに被害があった場合の対処を載せておくことで、安心を得るため
  • ユーザーと企業側のリスクを回避するため
  • あらかじめユーザーに合意してもらうため

利用規約にはユーザーと企業側(ECサイト開設側)の両社にとって不利益になるようなトラブルが生じないために作られています。

特にECサイトはネットショップと呼ばれているくらいですから、金銭的なトラブルや商品に関する問題が多くあると考えられるでしょう。

ただもしトラブルに巻き込まれても、利用規約にそのトラブルに関する対処法が書かれていればお互いにそれに準じて行動をするしかなくなるのです。

つまり、利用規約はユーザーと企業側(ECサイト運営側)とのトラブルや問題をスムーズに解決させるためのものと言えます。

ECサイトの利用規約の作成方法

ECサイトの利用規約の作成方法
ECサイトの利用規約の作成方法は以下の2つです。

  1. ほかのECサイトの利用規約や、ひな形を参考に作成
  2. 利用規約作成代行に依頼する

それぞれどのようなメリット、デメリットを持つのか詳しく見ていきましょう。

ほかのECサイトの利用規約や、ひな形を参考に作成

上述したようにECサイトには必ず利用規約が載っており、同じようなサイトを作成するのであれば載せるべき項目を真似て作成することも可能です。

またフリー素材として利用規約を雛形として載せているサイトもあります。

それらを参考にしながら作成することで作成代行会社に依頼するよりも金銭的なコストがかかりません。

ただし、ほかのECサイトの利用規約をすべてコピーすることはしてはいけません。 

サイトによっては著作権侵害になる可能性がありますし、ECサイトによって独自の規約を設けていることもあるのです。

雛形も同様で、そのまま使用してしまうのはおすすめしません。

なぜなら多くの雛形は、あくまで必要最低限の項目を載せているだけなので不備が発生する可能性があります。

あくまで参考程度にし、文章は自身で考えるようにしましょう。

利用規約作成代行に依頼する

上述したようにECサイトには必ず利用規約が載っており、同じようなサイトを作成するのであれば載せるべき項目を真似て作成することも可能です。

またフリー素材として利用規約を雛形として載せているサイトもあります。

それらを参考にしながら作成することで作成代行会社に依頼するよりも金銭的なコストがかかりません。

ただし、ほかのECサイトの利用規約をすべてコピーすることはしてはいけません。

サイトによっては著作権侵害になる可能性がありますし、ECサイトによって独自の規約を設けていることもあるのです。

雛形も同様で、そのまま使用してしまうのはおすすめしません。

なぜなら多くの雛形は、あくまで必要最低限の項目を載せているだけなので不備が発生する可能性があります。

あくまで参考程度にし、文章は自身で考えるようにしましょう。

ECサイト運営には利用規約のページが必須!

ECサイトはユーザーと電子商取引を行うサイトです。

金銭的な絡みがある以上は利用規約のページを作成し、ユーザーと企業側の両者が納得のいく売買を行うようにしないといけません。

利用規約はそのためのものだと考えてよいでしょう。

利用規約の作成は自身でほかのECサイトや雛形を参考にするのもよいですし、作成代行企業に依頼するのもよいでしょう。

金銭的な面と相談をして選んでください。

RELATED POST