成功ノウハウ

【徹底比較】無料ASP?大手モール?ネットショップ出店に最適な方法とは

【徹底比較】無料ASP?大手モール?ネットショップ出店に最適な方法とは

ネットショップをオープンするには、個人でも無料ではじめられるASPから大手ショッピングモールまで、さまざまな方法があります。

どのサービスが最適か正直分かりづらいですよね。

そこで、サービスごとの特徴やメリット・デメリットなどを解説します。

また、セキュリティや将来性を考慮したネットショップの出店方法についても紹介します。

ネットショップを手軽にはじめられるASPカートサービス

ネットショップには、商品を販売するための「カート」機能が必須です。
レンタルサーバーなどを自分で用意してECシステムを設置すれば一般的なWebサイトでもカート機能を搭載できますが、これは初心者にとって簡単な方法ではありません。

そのため、多くの人がASPのカートサービスを利用するという方法を選んでいます。

ASPなら自力でサーバーを用意することなく、クラウドで提供される機能を使って手軽にネットショップをオープンできるためです。

ASPネットショップの特長

ネットショップのためのASPは多数ありますが、どのサービスにも共通する特徴があります。
最大の共通点は、「提供された機能やサービスをすぐに使いはじめられる」ことでしょう。

そして、多くのASPカートサービスの事業者が、カートのみに限らずインターネット上での商品販売に必要なそのほかの機能もまとめてクラウドで提供しています。

例えば、商品情報の表示や検索、ショップ情報ページの作成などです。
そのため、自前のECシステムを用意しなくても、ASPの利用を開始するだけでネットショップに最低限必要な環境を整えることができます。

ASPネットショップの手数料

APSの利用には、通常は初期費用と月額料金がかかります。
しかし、サービスや契約プランによっては初期費用も月額料金も無料になる場合があります。
ASPが無料ではじめられるというのは、このような理由によるものです。

無料のASPを選んだ場合でも、ネットショップの運営には各種手数料がかかります。
例えば、ASPが提供する決済サービスには、決済手数料が設定されていることが多いでしょう。

これは、自前のECサイトでも決済代行サービスを利用すれば手数料がかかるというのに似ています。
売り上げ金を自分の銀行口座に引き出す際には、振込手数料とは別に事務手数料がかかる場合もあります。

また、無料のASPの場合には、商品が売れるごとに一定の手数料を支払う契約になっているのが一般的です。

ASPネットショップのメリット

ここまで、ASPの特徴と手数料について説明してきました。
必要最低限の機能が最初から揃っているというASPの特徴は、そのままメリットに直結する部分です。

自前のサーバーを用意する必要がないため、Webに関する知識やスキルに自信がなくてもインターネットでの販売を開始できるでしょう。

また、各種機能はクラウドで提供されるため、常に最新のものを利用できるという点も大きなメリットです。

ショップ運営者が何もしなくても、新機能の追加やバグの修正、セキュリティリスクへの対応などは事業者側が実施してくれます。

手数料については、あまりメリットを感じなかったという人もいるかもしれません。

しかし、その分ASPのランニングコストは安く設定されています。

これは、ショップの運営が軌道に乗るまでのリスクを抑えるために有利な点だといえるでしょう。

月額無料のASPを選べば、商品が実際に売れはじめるまで毎月のコストをかけずに済むことになります。

ASPネットショップのデメリット

ASPによるネットショップの運営は、メリットばかりではありません。

多くの運営者にとって、カスタマイズの問題がデメリットになるでしょう。

ASPにはすぐに使える機能やサービスが完備されていますが、裏を返せばショップ独自の機能は使えないということです。
そのため、売り上げが順調に伸びていくにつれ、多くの運営者が「改良したい箇所があるのに手が出せない」という問題に突きあたることになるのです。

機能だけでなく、サイトのデザインについても思い通りにできるとは限りません。
ASPでは既定のテンプレートから希望のデザインに近いものを選ぶことが多いので、ショップのオリジナリティを大きく打ち出したくても限界があります。

また、セキュリティがデメリットになる場合もあります。

ASPの事業者側が責任を持って対応してくれているので安心できるという考え方もありますが、ネットショップは大切な顧客情報を預かるものだということを忘れてはなりません。

自分の手でしっかりとした情報漏洩対策を施したいと考えている運営者にとっては、事業者のセキュリティを信頼するしかないということ自体がリスクだといえるでしょう。

ASPネットショップ:結論

ASPによるネットショップはWebに関するスキルがなくてもはじめることが可能で、低コスト・低リスクでの運用にも適しています。

ただし、独自の機能やオリジナリティを求める場合や、セキュリティ面の不安を感じる場合はその限りではありません。

どの事業者のサービスを利用するかを選ぶ以前に、自前のWebサーバーとECシステムによる運営も選択肢のひとつとして検討すべきでしょう。

とはいえ、最初から自前でネットショップを運用するのはハードルが高すぎると感じる人もいるかもしれません。かといって、後になってからASPを自前サーバーに切り替えるというのは大変な苦労を伴う作業です。

ASPで小さくスタートして、ビジネスが軌道に乗ってきたらスムーズに自前の運用に切り替える方法があればベストでしょう。

それには、ECパッケージサービスを利用するのもおすすめです。
これについては後ほど詳しく説明することにして、次はモールサイトの利用について検討してみましょう。

【読者限定】ECノウハウ資料プレゼント中‼

この記事を読んでいる方限定に、

EC関連の売れるノウハウ資料プレゼント中‼

詳細はこちら

モールサイトのネットショップサービス

モールサイトとは、多数のネットショップを1箇所に集めたショッピングサイトのことです。

大手のモールサイトにはさまざまなジャンルのネットショップが多数出店しており、毎日多くのユーザーがアクセスしています。

大勢の客で賑わう百貨店のようなものだと考えるとイメージしやすいでしょう。
ここでは、モールサイト内にネットショップを出店する場合のメリットとデメリットについて説明します。

ショッピングモールサイト出店のメリット

大手のモールサイトには、ショッピングモールとしての強いブランドがあります。

その知名度と信頼感による集客力の高さは圧倒的です。

モール内であればどの店舗でも利用できる共通ポイント制度などの要因も手伝って、「買い物はこのモールで」と決めているユーザーも少なくありません。

ネットショップをモールサイトに出店すれば、ユーザーに商品を見つけてもらえる可能性を高められるでしょう。

ユーザーから見ればいつも利用するモール内の店舗ということになるので、安心して買い物をしてもらえる点もメリットです。

また、モールサイトと契約した出店者には、モール独自のサービスやプロモーションを活用できる特典もあります。

商品ページ作成ツールを利用したり、キャンペーンに参加したりといったことです。
さらに、サポートの一環でネットショップ運営のコンサルティングを提供しているモール事業者もあります。

貴重なノウハウを学びながら、実際に売り上げを伸ばしていけることは大きなメリットだといえるでしょう。

ショッピングモールサイト出店のデメリット

大手モールサイトへの出店には、大手ゆえのデメリットもあります。

商品ジャンルにもよりますが、競合するライバル店がどうしても多くなってしまうのです。

モール自体の集客力には絶大なものがありますが、ユーザーをライバル店に持っていかれてしまっては自分の店舗の集客はうまくいきません。

そのため、モール内での露出を増やす施策が必要になってきます。

モールサイトをよく利用するユーザーは、欲しい商品を見つけるためにキーワード検索を使います。

自分の店舗の露出を増やすには検索結果で上位表示を獲得することが重要ですが、これがなかなか簡単ではありません。

検索結果は、「売れている順」に表示されることが多いためです。
結果として、検索順位を維持するために相応の広告費を払い続けなければならないケースも出てきます。

ショッピングモールサイト:結論

非常に高い集客力が大手モールサイトの魅力です。
しかし、そのポテンシャルを引き出すのは簡単ではないかもしれません。

出店すれば多くのユーザーに商品を見つけてもらえる可能性がある一方、ライバル店と競争できるだけの施策が求められるためです。

集客力があるはずなのに広告費がかさみ続けるという点に、矛盾を感じる運営者もいるかもしれません。

モールのみの売上げをあげることは難関といえます。
では、どうすればよいのでしょうか。

他社と差別化を図るために自社のネットショップで販促や集客をすることが重要となってきます。

それがw2ソリューションECカートシステムになります。

全ての顧客ニーズに応える 総合通販型ECカートValue5

ネットショップをASPやモールサイトで出店するケースでは、いずれの場合も一定のメリットがあるものの、運営者を悩ませるデメリットも存在します。

ここからは、これらの悩みを解決できるECパッケージサービス、w2ソリューションの「Value5」について紹介します。

w2ソリューションの「Value5」とは

Value5は、さまざまなネットショップの運営に必要とされる機能が豊富に詰まったECパッケージです。

標準機能のみでも十分に運用できますが、カスタマイズモデルへのシームレスな移行が可能という業界唯一の特徴を備えた製品でもあります。

中長期的な戦略として機能追加が必要になるようなケースでも、成長を止めることなくシステムを拡張していけます。

独自の要望に応えられるクラウドサービスを探している企業はもちろん、ASPカートからのリニューアルを考えている個人経営のネットショップオーナーの方にも最適です。

また、セキュリティについても業界トップクラスとなっており、外部試験認証や第三者機関による監査など世界基準の対策が施されています。

高い水準のセキュリティ施策が必要な大手企業にも、数多く選ばれているECパッケージです。

EC開発専業のノウハウでASPとモールの悩みを解消

Value5は、クラウドサービスでありながら販促から業務効率化までをカバーする豊富な標準機能を備えています。

一般的なASPカートによくある「独自の機能追加ができない」という課題も、カスタマイズモデルへの移行により解決できます。

システムをカスタマイズする際には、開発力の高さが気になるところでしょう。
w2ソリューションには、ECシステム開発専業15年のノウハウと自社内100%完結の開発体制で、精度の高い対応ができるという強みがあります。

また、モールサイトにありがちな「ライバル店が多い」という悩みには、モール連携機能が効果を発揮します。

これは、モール側の店舗を自社ECサイトからの送客先として活用することで、無理なく売り上げを伸ばしていくテクニックです。

これまでモール内の単店舗のみでは解決が難しかった課題も、Value5との組み合わせによって改善が可能です。

Value5の機能

Value5は、ただ商品を売るだけの機能をもったカートではありません。

ネットショップの収益向上に貢献する豊富な機能で、集客・販売はもちろんリピーターの獲得までを幅広く支援します。

新規顧客の獲得のために、特集ページなどのコンテンツを活用しているショップも多いでしょう。
コンテンツによる集客効果を高めるには、Value5の「自動SEO設定」や「SNS投稿連携」が役立ちます。

また、ショップ内に商品バリエーションやレビューを表示できるのも、カゴ落ちを防止し購入率をアップさせるための重要な機能です。

さらに、おすすめ商品表示やクロスセル・アップセルの提案によって、購買単価の向上も期待できます。

リピーターの獲得には「会員サービス」機能も欠かせません。

Value5ならポイントやクーポンの発行のほか、会員限定のシークレットセールで店舗の魅力をアピールすることも可能です。

倉庫管理や梱包、発送・運送など、ネットショップにはどうしても人手が必要になる業務も少なくありません。

このような業務を手助けする機能を備えている点も、Value5の重要なポイントです。

商品在庫の管理はもちろん、「受注処理オートメーション化」や「同梱設定」、「ユーザー統合(名寄せ)」などの機能によりバックエンド業務の効率化をはかることが可能です。

Value5の強み

Value5は、800を超える標準機能と自由度の高いデザイン性で、ブランディングを重視するネットショップのニーズにも幅広く応えられるクラウドサービスです。

定期的な無償バージョンアップでトレンドを踏まえた機能改善が随時行われるほか、将来的により独自性の高い機能が必要になった場合にも、カスタマイズモデルへのシームレスな切り替えによって高い拡張性を確保できます。

また、アクセス集中にも耐える稼働率99.97%のインフラと高いセキュリティにより、堅牢性の高さでも業界トップクラスを実現しています。

WOWOWや全農、アミューズなどの大手企業にも採用されてきた、実績あるサービスです。

このようなValue5の強みは、モールへの出店と両立させることでさらに強化されます。

自社ECサイトとモールの組み合わせが顧客を取りこぼさないための受け皿となり、収益アップを実現するのです。

なお、定期通販のネットショップ向けにはコストパフォーマンスに優れた「リピートPLUS」という選択肢もあります。

いずれもモール連携機能を搭載し、通販カートとして平均売り上げ成長率354%を誇るシステムとなっています。

将来性を考えるならネットショップはw2ソリューションへ

ネットショップの出店方法には無料でもはじめられるASPや大手ショッピングモールの利用が考えられますが、どちらにしても解決すべき課題が残ります。

ネットショップをビジネスとして成長させていくには、利用するサービスごとの課題を中長期的な視点から捉えつつ、解決していける環境を整えることが重要でしょう。

そのためのECパッケージとして、「Value5」が多くの運営者に選ばれています。
定期通販向けには「リピートPLUS」という選択肢もあります。
詳しくは、ぜひ一度w2ソリューションまでお問い合わせください。

RELATED POST